広告

posted by fanblog

【かなりやかましい選挙の運動。実はそこにも大きなヒントがあった!

どうも。カネヤンです。

まずは、コチラをクリック!
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村


■以前(今もやっているかも?)、
 私は押し売りならぬ「押し願い」
 を結構やっていました。
 
 つまり、
 自分の都合だけでお願いとか依頼を
 会社の内外に対してやっていたのです。


■たとえばひと月に300時間の残業を
 していたとき、
 周りの人たちもかなり忙しいことを
 知っていたにも関わらず、
 「終わらないから手伝ってください!
 マジでやばいんです!
  
 お願いします!」
 
 というようなことを言っていた記憶が
 今も鮮明に残っています。


■今でいうと、

 「凄まじい危機感の○○です!
 △△駅前で街頭演説します!
 ぜひ来てください!」
 みたいな。

 そう言われて
 「それ行きたい!聞いてみたい!」
 ってなるかというと、
 
 むしろ逆な気持ちになるのは
 私だけでしょうか。



■訪問販売で強引にセールスに来たり、
 駅前で無理やりチラシを渡されたり、
 という行為となんら変わらないのです。
 それをされた人はいい気分になるどころか、
 むしろ気分を害されることでしょう。


■仕事をするうえでも、選挙カーでの
 声掛けとか街頭演説などでの
 立候補者たちの言葉や行動は
 
 実はかなり勉強になります。

 残業を減らしたい!
 と思うのでしたら、
 自分が今抱えている仕事をどうやって
 減らすか?
 を考えるときが来るはずです。


■最も効果的なのは周りの人に仕事を
 振ることなのですが、
 周りの人たちの状況を考えず、
 彼ら彼女らの気持ちに想いを馳せないで
 いると、
 しっぺ返しどころではない
 痛手を被ることすらあります。


■拙著の中で、「仕事を交換しよう!」
 ということを私は書かせて頂きました。

 それは
 「相手の状況を理解したうえで
 仕事を頼めるか相談しよう」
 という意味で書いたのです。

 
■相手の状況を理解せずに仕事を振る
 のはただの押し付けであり、
 売れない営業マンがやってしまう
 押し売りと同じです。
 相手の立場に立ったうえで
 仕事を分担してもらえるかどうかを
 相談する、
 ということが大事なのです。


■立候補者たちの声を聴いていると、
 とてもとてもそんな気持ちで
 アピール合戦をしているようには
 思えませんでした。

 だからこそ、
 「人の振り見て我が振り直せ」
 だなと思ったので、
 今回ニュースレターでお届けしたい!
 ということで、お話させている次第です。
 
 私自身への戒めを含めて。
【このカテゴリーの最新記事】

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5228391

コメント

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのコメント

   
プロフィール

カネヤン
最新記事
<< 2016年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ファンブログのおすすめサイト

Powered by ファンブログ

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。