検索
ハートフルRPG「地図の時間」

地図の時間スピンオフRPG「影泥棒と魔法の手記」

リソース管理ダンジョンRPG「琥珀の道具士」

現代SFRPG「重力ルーペ/探求リバーブ」

ドラマティックRPG「バンドワゴン」

ビジュアルノベル「日向と香水」

ノベル×ADV「ストーリーテラー」 title1_2.png
カテゴリ
リンク集
【スポンサードリンク】

【ゲーム】




【創作】






シナリオ制作


設定作り


最近読んでよかった本五選





創作意欲を掻き立てる本


自己管理術


クリエイター向けノウハウ

2020年02月08日

【Steam展開】多言語対応、翻訳についてのメモ

【Steam展開】多言語対応、翻訳についてのメモ

多言語対応の意味

Steamは大半が海外ユーザ。
多言語に対応することで作品がプレイされる機会が増えます。

翻訳先の言語

RPG Maker WEB Forum(海外フォーラム※英語)とツクールwebフォーラム(国内フォーラム)のログイン数を比較すると、およそ9:1。

【企業がデベロッパーをしたツクール作品例】
ぶきあつめ……英語、中国語(簡体字、繁体字)
オレンジブラッド……英語、中国語(簡体字)

以上から、英語→中国語(簡体字)の翻訳の優先度かなと思います。
特定の文化圏を意識する場合、慣習的なタブーに触れていないかも考慮した方がよさそうです。

個人開発でできること

将来必要になる作業の準備を進めておく事だと考えます。

@作品固有名詞のデータベースづくり。
キャラの名前、作中のオリジナル用語、地名のリストアップと翻訳指定は必要でしょう。
完全な創作名詞だと、対応する言葉を考えなければなりません。

タロウ、ハナコ、サツキ、メイ、ミユキのようなメジャーな名前は対応した言葉が各言語で見つかります。
後述のGoogleスプレッドシートの関数を使った方法でご確認ください。

200207_1.jpg


Aキャラごとの台詞癖
関西弁とか、口癖系(〜っすね)をどの言葉で表現するか。
これも要素として指定した方が良いでしょう。

好きな漫画を元に調査しておくか、翻訳業者さんからご提案を頂くとよさそうですね。

データベース作成の方法

Googleスプレッドシートでは以下の記述をすることで、Google翻訳のAPIを使った翻訳が可能です。
=GOOGLETRANSLATE(翻訳元の参照セル,"翻訳元の言語コード","翻訳先の言語コード")

三言語以上は、どの言語を翻訳元にするかも考えなければなりません。
一般的には、英語が基本となります。
日本語→英語→中国語(簡体字)、韓国語、エスペラント語(?)……のような感じです。

三言語くらいなら日本語ベースでも良い気もしますが、この辺は情報と経験を蓄積したいですね。

Googleスプレッドシートで管理用のシートを作りました。
よろしければコピーして参考になさってください。

https://ci-en.net/creator/4244/article/205676
posted by tabirpglab at 07:00 | Steam展開ノウハウ

2020年02月01日

Steam展開時の言語切り替え方法について知見まとめ

Steam展開時の言語切り替え方法について知見まとめ

多言語で作品をSteamに出したいのですが、その方法について考えをまとめました。
Steam展開に関連する話題は「Steam展開ノウハウ」カテゴリで管理します。

言語データの持ち方について


@言語の数×ゲームデータを作成
・メリット:データすくなめ
・デメリット:Steamのプロパティで切り替える必要あり

Aゲーム内で言語分データを持つ
・メリット:ゲーム内オプションで切り替えられる
・デメリット:データ容量増

個人の場合は@が現実的と考えます。
ゲーム内で言語が少ない場合は、条件分岐-文章の表示で分ければ良いと思います。

参考:yamachan様のプラグイン
https://tm.lucky-duet.com/viewtopic.php?t=1527

翻訳作業について


@作品の独自言語を区別したうえで、翻訳ソフトをかける
A@に対して母国語の方にチェックして頂く
(言語が入る画像素材は言語分用意することに留意)

英語→日本語ローカライズされた作品の場合、改行が悪いものもお見かけします。逆パターンをやらないように注意ですよね。

@については機械翻訳を使えば大幅に工数は減らせそうです。

トリアコンタンさんの自動翻訳プラグインで翻訳データを作る
https://triacontane.blogspot.com/2017/04/blog-post_16.html

ですが大切な作品に対して、機械翻訳任せで良いのか、ここは無思考ではならぬと思ってます。
言葉が伝わらなければ、文字の型をあわせてるだけ。言語対応と言えません。

SteamWorksで設定できること


SteamWorksはゲーム公開作業の設定を行う画面。

■「@言語の数×ゲームデータを作成」の場合
$100で1タイトルの出品権利を買えば、1タイトルにデポという概念で言語、OS、32/64bitごとのタイトルデータを分けて管理することが可能。
つまり

日本語-Winodws-32bit
日本語-Mac-64bit
英語-Winodws-32bit
英語-Mac-64bit

ごとにexeファイルを配布することができます。
この方法で@は実装できます。

200201_1.jpg

■「Aゲーム内で言語分データを持つ」の場合
SteamのAPIを使い切り替えが可能です。
コードはこちら
const char * GetCurrentGameLanguage();

詳細:
https://partner.steamgames.com/doc/api/ISteamApps#GetCurrentGameLanguage

※ご指摘頂きました
・「言語の取得のみ」かつ「DLLが必要(基本はC++から使うことを想定)」と思われる
・通常のJavaScriptではDLLは使えないのでツクールMVでは使えたとしても特殊な手順が必要になる

以下のプラグインを使うことで、言語切り替えはわかりませんが、実績設定の連携ができそうです。

Steamworks for RPG Maker MV 1.6.1+
https://archeia.itch.io/steamworks-for-rpg-maker-mv-161

◆◇◆◇
私がSteamで作品展開を目指しているのは多くの方に届けたいから。
その方たちが使う言語で作品を表現し、結果、楽しんで貰いたいから。

次の記事で毎日制作状況を発信していますので、ご興味を持ってくださった方はよろしくお願いいたします。

Ci-en
https://ci-en.net/creator/4244
posted by tabirpglab at 13:09 | Steam展開ノウハウ