UA-154656538-2
検索
言葉を集めて世界を旅するRPG「地図の時間〜言葉集めの冒険譚〜」
timeofmapworks_logo_2020.png
ハートフルRPG「地図の時間」

地図の時間スピンオフRPG「影泥棒と魔法の手記」

リソース管理ダンジョンRPG「琥珀の道具士」

現代SFRPG「重力ルーペ/探求リバーブ」

ドラマティックRPG「バンドワゴン」

ビジュアルノベル「日向と香水」

ノベル×ADV「ストーリーテラー」 title1_2.png
カテゴリ
リンク集
【スポンサードリンク】

2020年11月25日

【RPGツクールMV】rpg_managers.js:1949 SyntaxError: Unexpected token u in JSON at position 0

【RPGツクールMV】rpg_managers.js:1949 SyntaxError: Unexpected token u in JSON at position 0

2020/11/26現在、おそらく解決しました。
ご助言くださった、こま様ありがとうございます。

地図の時間 β体験版 v1.6b(2020/11/25現在)
https://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm16831?
DLSite版
https://www.dlsite.com/home/announce/=/product_id/RJ308195.html

バトルで全員行動不能かつ【何らかの条件】で以下のエラーが発生する場合があります。

rpg_managers.js:1949 SyntaxError: Unexpected token u in JSON at position 0
at JSON.parse ()
at Function.JsonEx.parse (rpg_core.js:8971)
at Function.JsonEx.makeDeepCopy (rpg_core.js:9014)
at Function.BattleManager.setPreForceActionSettings (YEP_BattleEngineCore.js:2032)
at Function.BattleManager.setPreForceActionSettings (YEP_InstantCast.js:412)
at Function.BattleManager.savePreForceActionSettings (YEP_BattleEngineCore.js:2025)
at Function.BattleManager.savePreForceActionSettings (YEP_InstantCast.js:404)
at Function.BattleManager.forceAction (YEP_BattleEngineCore.js:2010)
at Game_Interpreter. (rpg_objects.js:10451)
at Game_Interpreter.iterateActorId (rpg_objects.js:8983)

推測)setPreForceActionSettings(強制行動)の箇所で止まっている様子。
【何らかの条件】の当てはまりそうな行動順序に影響を与える要素は以下。

YEP_BattleEngineCore.js
YEP_X_BattleSysSTB.js
YEP_X_CounterControl.js
YEP_InstantCast.js

YEP_X_CounterControl.jsのカウンター挙動が可能性ありそうなので、v1.1.6cでは暫定対処します。
もし上記の類似事象にお心当たりがありましたらお知らせ頂けますと幸いです。

連絡先:
Twitterダイレクトメール
https://twitter.com/rpgmaker_kuro

メール
rpgmakerer@gmail.com

2019年12月22日

USBメモリが32GBまでしか認識しなくなったときの対処

USBメモリが32GBまでしか認識しなくなったときの対処


経緯:
1.Surface用にUSBメモリ256GBを使っていた


2.Surfaceをリカバリする際にUSBメモリをリカバリ用にフォーマットした
3.リカバリは成功したが、USBメモリが32GBまでしか認識しなくなった

原因と処置はこちら

道すがら講堂様
https://michisugara.jp/archives/2017/usb_diskpart_clean.html

要約:
・リカバリで作成したUSBメモリの領域に変更が加わった(32GBまでという部屋の壁が作られた)
・DISKPARTコマンドで復旧できる

試しました
DISKPARTコマンドまでは実行できたものの、USBメモリがディスクの管理画面で表示されない
20191222_12.jpg

解決策


ディスクの管理ウィンドウ→表示→規定ではボリュームの一覧になっているので、グラフィック表示にする
20191222_11.jpg

これで表示され、ボリュームが選択できるようになりました
20191222_10.jpg

Surface+USBメモリを使ってリカバリをする際、同様の事情に陥る可能性はありそう
私はここで10分ほど迷ったので、メモとして残します

2019年03月07日

競合を確認したプラグイン

競合を確認したプラグイン

・コアスクリプト(NW.js)、プラグインのバージョン、プラグイン管理画面の並び(上から下の順に実行される)により、挙動が変わる可能性があります
・競合した場合は、どちらかのプラグインをOFFにしてください

メニュー関連

[組み合わせ@]
YEP_ItemCore(V1.04)
ItemBook

[問題@]
機能が利用できない

[組み合わせA]
MOG_ButtleHud
YEP BattleStatusWindow(+DreamX_Ext_BattleStatusCore)

[問題A]
機能が利用できない

[組み合わせB]
UCHU_MobileOperation.js v1.1.4
PictureCallCommon.js v1.12.0

[問題B]
装備画面の左カラム(ステータスが表示されている領域)を左クリックして右カラム(装備品の領域)にマウスを移動するとキャラクターが切り替わります。

[対処B]
UCHU_MobileOperation.jsのパラメーターPC TouchExtend(PC実行時のタッチ操作拡張)をfalseにすると回避できます。

バトル関連

[組み合わせ@]
YEP_OverkillBonus.js(v1.02)
Hurry_AnimationCut

[問題@]
機能が利用できない

制作支援

[組み合わせ@]
Foreground
DatabaseConverter

[問題@]
機能が利用できない

[組み合わせA]
BMSP+BMSP_MapFog
DatabaseConverter

[問題A]
機能が利用できない

[組み合わせB]
YEP_AdvancedSwVar.js
DevToolsManage

[問題B]
時間経過でエラーが発生する

マップ関連

[組み合わせ@]
StepEffect.js
SAN_AnalogMove.js

[問題@]
時間経過でエラーが発生する

[組み合わせA]
fuku_testpack.js(2019/3/1版)
CharacterGraphicExtend.js(1.10.2)

[問題A]
CharacterGraphicExtend.jsの「CGシフト」が機能しなくなる

[対処A]
プラグイン管理でfuku_testpack.jsをプラグインCharacterGraphicExtend.jsの上に配置する

[組み合わせB]
MOG_CharPoses.js (v2.1)
CharacterGraphicExtend.js (1.10.2)

[問題B]
CharacterGraphicExtend.jsの「CGピクチャ」が機能しなくなる

[対処B]
プラグイン管理でMOG_CharPoses.jsをCharacterGraphicExtend.jsの上に配置する

2019年02月19日

ツクールMV エラー別 トラブルシューティング

◆ツクールMV エラー別 トラブルシューティング

制作活動で確認したエラーを、書き足していきます。
「切り分け」項目は、トラブル時の考え方としてご参考ください。

■ブラウザ版公開の場合の注意点
次のプラグインや機能は使用を控える
・プリロード系プラグイン(サービス側と競合する恐れあり)
・外部通信を行うプラグイン(セキュリティ上、通信を塞がれる可能性あり)
・デプロイ時は暗号化機能を使用しない(暗号化によりファイルが参照できなくなる例あり)

■参考情報
RPGアツマール トラブルシューティング
http://ur0.biz/nxwS

エラー情報の見方
http://ntgame.wpblog.jp/2017/09/25/post-962/

■制作上の注意点
・ファイル名は半角英数字を使用する
・素材は軽量化する

■補助プラグイン
・エラー画面表示改善プラグイン
制作者:トリアコンタン様
https://triacontane.blogspot.com/2016/05/blog-post_15.html

※デベロッパーツールを起動して、エラー箇所をスクリーンショット、コピペ
(わからなければ、×箇所をクリックして展開した先を範囲コピぺ)
※再現の動作手順、発生頻度(常時か確率か)正確な情報があるほど良い
※再現したセーブデータが有用な場合もある

・ロード失敗エラーのすり抜けプラグイン
制作者:トリアコンタン様
https://triacontane.blogspot.com/2016/06/blog-post_10.html

■ロード画面から進まない(エラーメッセージがない)

発生タイミング:特定のマップ移動後など
切り分け:
・プリロードプラグインTDDP_PreloadManagerをOFFにすると解決
対処:
・TDDP_PreloadManagerを使用しない

■セーブができない

発生タイミング:並列処理を行うイベントが複数設置されている箇所
切り分け:
・並列処理を消去すると、セーブ可能になることを確認
・フキダシイベントの並列処理でも発生を確認
・並列処理のないエリアでは発生しない
対処:
・同じエリアに、並列処理を複数設置しない
・フキダシの場合は、イベント→スクリプトから[this.requestBalloon(フキダシID)]などで代用する

■エディタの文字化け

発生タイミング:常時
対処:
・グラフィックドライバを最新にする
・NVIDIA製グラフィックボードの場合、NVIDIAコントロールパネルから「3D設定の管理」→「グローバル設定タブ」→「優先するグラフィックスプロセッサ」を「自動選択」から「高パフォーマンスNVIDIAプロセッサ」に変更する(windows8.1、Geforce GTX 765Mの例)

■Your browser does not support Web Audio API.

発生タイミング:ブラウザゲームを起動時
切り分け:
Firefox、Safari、Chromeでは動作可能
原因:
Web Audio API非対応のブラウザを使用したことが原因
 例)IE、3DS、PS3、PS4、PSVitaのゲーム機搭載ブラウザ など
対処:
対応ブラウザでプレイする。

■Cannot read property 'XXXX' of undefined
発生タイミング:
1.プラグインを追加
2.セーブデータをロードした後に発生

切り分け:
・ニューゲームでは問題がない
・セーブデータをロードした場合のみ再現
→ニューゲームとセーブデータの間に行われた変化に原因があると推測

原因:
プラグインを導入していた経緯あり。
プラグイン導入前のセーブデータから、プラグイン導入後のセーブデータをロードしたため、プラグインの変化に追従できなかった結果発生したエラー。
エラーメッセ―ジの「XXXX」はプラグインで呼び出される値。
対処:
次のうち、どちらかを実行する。
・セーブデータの方が重要→原因となったプラグインを無効化する
・プラグインの方が重要→ニューゲームで開始する(セーブデータは使えない)

■Cannot read property 'XXXX' of null

発生タイミング:
1.特定のプラグインを追加
2.プラグインコマンドを呼び出し後に発生
切り分け:
・プラグイン導入後かつ、プラグインコマンド呼び出し後に発生したことから、プラグインの影響が濃厚。
・プラグイン管理から、プラグインを1つずつOFFにして試したところ、次のプラグインがON時に発生することを確認。
-YEP_ItemCore(V1.04)
-ItemBook
・プラグイン管理の順番を変えても、回避できないことを確認。(プラグインはプラグイン管理画面の上から実行されるため、順番を変えることで変化する場合もある)

対処:
どちらかのプラグインをOFFにする。

■Failed to execute 'createLinearGradient' on 'CanvasRenderingContext2D' float parameter 3 is non-finite

発生タイミング:
自作のアイテム/スキル使用時
切り分け:
・デフォルトのアイテムでは発生しない
・自作したアイテムでのみ発生
→自作した設定に問題があると推測
 デフォルトのアイテムと自作のアイテムの差分を確認し、原因を特定
原因:
アイテム/スキルの設定や計算式が適切ではない場合など
対処:
アイテム/スキルの設定を見直す
デフォルトのアイテムに適用された設定を参考にする

■配布用パッケージの作成に失敗しました

原因:
プロジェクトファイルの中に他フォルダへのショートカットリンクが含まれていたため
対処:
エラーが発生してもゲームプレイに支障はなかったので問題がない可能性あり
※この結果を信用しても良いか判断できないため、エラーが出ないように元フォルダからショートカットリンクを移動しておくことを推奨

■Uncaught Error: EISDIR: illegal operation on a directory,read
以下のエラーが発生しました。
undefined

原因:
プラグインがRPGツクールのエディタバージョンに対応していない場合
対処:
プラグインを削除 or RPGツクールのエディタバージョンを上げる/下げる

20180903_20.jpg

2018年11月24日

RPGツクールMV メニューバー上部が表示されない場合

Windows10、マルチディスプレイ、RPGツクールMVの組み合わせでメニューバー上部が表示されない事象が発生しました。
同じ事象が出た方のために、回避策を共有します。

■直す方法(とりあえずソフトを終了させたい、移動させたい場合)
20181124_1.jpg

20181124_2.jpg

■次回起動時に直す方法

Steam版:
C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\RPG Maker MV

パッケージ/ダウンロード版:
C:\Program Files (x86)\KADOKAWA\RPGMV

上記のRPGMV.exeを右クリック⇒プロパティ

1.「640×480の解像度」にチェックを入れて実行
20181124_3.jpg

2.ウィンドウを表示させ、下に位置をずらす(次回起動時の位置になる)
20181124_4.jpg

3.「640×480の解像度」からチェックを外す
20181124_5.jpg

[追記]
他にも回避方法を教えて頂きましたので記載します。

■レジストリで起動時のウィンドウ位置を変更

1.Windowsの検索バーから「regedit」で起動。
次の位置に移動。
[HKEY_CURRENT_USER\Software\KADOKAWA\RPGMV]

windowHeight:ウィンドウの横幅サイズ
windowWidth:ウィンドウの縦幅サイズ
windowX:起動時のX座標
windowY:起動時のY座標
※10進法の値で参照しているようです。
終了時の位置を保存しているためか、恒久的な値を設定することはできませんが、復旧手段には有用です。
20181124_10.jpg

■Alt+Spaceでシステムメニュー(タイトルバー右クリックメニュー)を出し、移動(M)を選択

以上、ご参考になれば幸いです。

[スペシャルサンクス]
・アストラル様
・fuku様