検索
ハートフルRPG「地図の時間」

地図の時間スピンオフRPG「影泥棒と魔法の手記」

リソース管理ダンジョンRPG「琥珀の道具士」

現代SFRPG「重力ルーペ/探求リバーブ」

ドラマティックRPG「バンドワゴン」

ビジュアルノベル「日向と香水」

ノベル×ADV「ストーリーテラー」 title1_2.png
カテゴリ
リンク集
【スポンサードリンク】

【ツクール新作】




【創作全般】






シナリオ制作


設定作り


最近読んでよかった本五選





創作意欲を掻き立てる本


自己管理術


クリエイター向けノウハウ

2019年10月11日

RPGツクールMV ビルド用 Android SDKのインストール方法(2019/10/11版)

Android SDKのインストール方法(2019/10/11版)

RPGツクールMVヘルプ記載の手順で迷うところがあったので、備忘録的に残します。
------------------------
▼資料集
・ Androidアプリへの変換
2-4 Android SDKのインストールと設定
2-4-2 Android SDK Managerで必要なものを追加ダウンロードする
------------------------

Android SDKのインストール方法(2019/10/11版)
Android SDK単体([STAND-ALONE SDK TOOLS])は配布しなくなり、AndroidStudioからのインストールになりました。

Android Studioからのインストール方法およびパスの確認方法は次の通り。
File→Settings
20191011_1.jpg

・System Settings→Android SDK→SDK Toolsタブで「Android SDK Tools」でインストール可能
・Android SDK Location:でインストール場所を指定/変更可能(後のパスにも利用する)
20191011_2.jpg

ヘルプで詰まった方の参考になれば幸いです。

2019年10月10日

【ツクールMV 暗号化/難読化】 Enigma Virtualboxの使い方

ツクールMVで制作したゲームで次の課題をクリアする手順として、Enigma Virtualboxを使う方法をまとめました。

【2019/10/11追記】
・ツクールMVのバージョンアップにより、セーブファイルがexeファイルと同場所からwwwフォルダ→saveフォルダに変更となりました。
・コミュニティ版コアスクリプト1.3bを適用することでセーブ不能対策がとられています(wwwフォルダとsaveフォルダを作る必要がない)
https://atsumaru.github.io/api-references/download/corescript/

課題:
・Exeファイルを1つにまとめる(規定ではExeファイル以外も配布しなければならず、かさばる)
・プロジェクトの中身が簡単に判読できないようにする
※ツクールMVで出力したのみだと、素材やソースが丸見えのため。
※Exeファイルにまとめて見えなくするだけでなく、暗号化を加える場合は、The Enigma Protector の開発者向けライセンスを149$で購入する必要があります。

手順:
【ツクールMVの手順】
1.File>DeploymentからWindows向けに出力する。(今回はExe形式の難読化が課題なので)
20151024-20.jpg

既定では次の場所に出力されます
C:\Users\ユーザー名\Documents\Output
※新規プロジェクトをそのままExe形式にしたら407MBとなりました

【Enigma Virtualboxの導入手順】
2.Enigma Virtualboxのインストーラー(enigmavb.exe)をダウンロードします。

ダウンロード先:
http://enigmaprotector.com/en/aboutvb.html
「Download」ボタンをクリックし、次の画面で「Enigma Virtualbox」の「Download」ボタンをクリックすることでダウンロードできます。
20151024-11.jpg

3.enigmavb.exeを起動し、次の要領でインストールをします。

(1)「NEXT」
20151024-12.jpg

(2)規約を読み同意したら、ラジオボタン「I accept~」にチェックを入れ、「NEXT」
20151024-13.jpg

(3)インストール場所を聞かれるので、初期値のまま「NEXT」
20151024-14.jpg

(4)利用時のフォルダの場所を聞かれるので、初期値のまま「NEXT」
20151024-15.jpg

(5)デスクトップにショートカットを作る場合は、チェックを入れ、「NEXT」
20151024-16.jpg

(6)インストール内容の最終確認で、問題がなければ「Install」
20151024-17.jpg

(7)インストール完了後、「Finish」
20151024-18.jpg

セットアップに使用したenigmavb.exeは削除する

【Enigma Virtualboxの手順】
4.「Enter Input File Name:」の「Browse」ボタンを押下し、1の出力先のプロジェクトフォルダ配下にある「Game.exe」を指定する。

20151024-19.jpg

既定では次の場所に出力されています
C:\Users\ユーザー名\Documents\Output\プロジェクト名\Game.exe

5.「Add」ボタンを押下し、「Add Folder Resursive」を押下する。
20151024-25.jpg

6.フォルダを聞かれるので、1の出力先のプロジェクトフォルダ(Game.exeの1つ上の階層フォルダ)を指定する。
20151024-21.jpg

既定では次の場所に出力されています
C:\Users\ユーザー名\Documents\Output\プロジェクト名

7.内包する範囲を聞かれるので、初期値(Add Folderにラジオボタン、%DEFAULT FOLDER%の状態)でOKを押下。
20151024-22.jpg

8.「Process」ボタンを押下。
20151024-23.jpg

9.「File successfully〜」の文字が出たら、パッケージ完了。
20151024-24.jpg

・「Game_boxed.exe」のファイル名でGame.exeと同じ場所に出力される。
以降は「Game_boxed.exe」を配布すれば良い。
・「RUN」ボタンを押下すれば、そのまま起動確認ができる。
※容量は407MBが452MBになる程度でした。

【重要】
・Exeファイルと同じ場所に半角英字で「www」フォルダを作り、「www」フォルダの中に「save」というフォルダを作成してください。
・Exeファイルと同じ場所に操作方法やクレジットを記載したファイルの作成を推奨します。
・ユーザー様がExeファイルを移動して起動しないよう、次のような注意書きを推奨します。

////////////注意書の例
■注意事項
セーブデータはexeファイルと同じ場所の「www」フォルダ内の「save」フォルダに保存されます。
exeファイルを移動するとセーブが行えなくなりますので、ご注意ください。
////////////注意書の例
20160427-60.jpg

2019年08月10日

RPGツクールMV プレイ環境判別

RPGツクールMV プレイ環境判別


利用方法:条件分岐のスクリプト欄に入れる、プラグインにif文で判定させる など

PLiCy
location.hostname.match(/plicy.net$/)

RPGアツマール
window.RPGAtsumaru

モバイルデバイス
Utils.isMobileDevice()

ローカル
Utils.isNwjs()

Safari
Utils.isMobileSafari()

iOS + Chrome
Utils.isMobileSafari()
if (Utils.isMobileSafari()) return;

実例:モバイル端末専用メッセージを表示する場合


◆条件分岐:スクリプト:Utils.isMobileDevice()
◆文章:なし, ウィンドウ, 下
:  :\>◆パソコンとの違い
:  :\>・パソコンでプレイすると画面揺れ、ズーム、ノイズ演出をお楽しみいただけます
:  :\>・スマートフォンで重たい方は、パソコンかつGoogleChromeでのプレイをご検討くださいませ

:分岐終了

影泥棒と魔法の手記のOPで実装してます
https://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm10561
よければ近日遊びやすくしたアップデートをかけるので、その後に遊んでください

情報提供/謝辞

シャイんさん@shine_star_name
こまさん@koma_neko
terunonさん@trinitroterunon

ツクールMVの計算式小ネタ

ツクールMVの計算式小ネタ


■敵にHPダメージのスキルを使いつつ、使用者にステート5番を付与する場合
a.addState(5);ダメージ用の計算式

■敵にHPダメージのスキルを使いつつ、ターゲットの敵にステート6番を付与する場合
b.addState(6);ダメージ用の計算式

■敵にHPダメージのスキルを使いつつ、ターゲットの敵からステート7番を消す場合
b.removeState(7);ダメージ用の計算式

■スキル使用回数を変数7番に格納
$gameVariables.setValue(7, $gameVariables.value(7) + 1);ダメージ用の計算式

■ターゲットの敵がステート8番の場合、ダメージが1.5倍
(b.isStateAffected(8) ? 1.5 : 1) * ダメージ用の計算式

■スキル使用後にアクターID4番がスキルID9を忘れる
$gameActors.actor(4).forgetSkill(9);ダメージ計算式

■スキル使用後にアイテムID1番を2個入手する
$gameParty.gainItem($dataItems[1], 2);ダメージ計算式

■スキル使用後にアイテムID2番を3個消失する
$gameParty.loseItem($dataItems[2], 3);ダメージ計算式

■注意:次のようにするとダメージが0になってしまう
※addState系はダメージ計算式の前に置くこと
ダメージ用の計算式;a.addState(8)

琥珀の道具士で使っています。
https://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm11599

■素手の攻撃力
a.paramBase(2)*a.paramRate(2) * a.paramBuffRate(2)

■武器だけの攻撃力
a.atk - (a.paramBase(2) * a.paramRate(2) * a.paramBuffRate(2))

2019年07月08日

キャラクタージェネレーターDLC情報まとめ

キャラクタージェネレーターDLC情報まとめ

■ヒロインキャラクタジェネレーター3/4

【STEAM版の製品名】
Heroine Character Generator 3
Heroine Character Generator 4

【STEAM版の挙動】
以下MVのジェネレーターフォルダに素体、グラデーションファイルが保存されている。配下の階層(性別→部位)に上書きしない限りは変更されない。
C:\Program Files (x86)\Steam\SteamApps\common\RPG Maker MV\Generator

[保存されている素体]
SV_body_p01.png
SV_body_p01_c.png
TV_Body_p01.png
TV_Body_p01_c.png
TVD_Body_p01.png
TVD_Body_p01_c.png
gradients.png

影響範囲は男性の顔グラフィック。歩行グラ、SVバトラーに影響なし。
黒い服がはみ出してしまう場合は【上書き前のファイルをバックアップのうえ】適用すること。

フォルダの場所
C:\Program Files (x86)\Steam\SteamApps\common\RPG Maker MV\dlc\Heroine Character Generator
C:\Program Files (x86)\Steam\SteamApps\common\RPG Maker MV\dlc\Heroine Character Generator 2
C:\Program Files (x86)\Steam\SteamApps\common\RPG Maker MV\dlc\Heroine Character Generator 3
C:\Program Files (x86)\Steam\SteamApps\common\RPG Maker MV\dlc\Heroine Character Generator 4

■獣人キャラクタージェネレーター

【STEAM版の製品名】
Beast man Generator

【STEAM版の挙動】
適用するとGeneratorフォルダが【上書きされる】。
影響範囲は男性の顔グラフィック。歩行グラ、SVバトラーに影響なし。
バックアップがないと元のキャラクターが作れなくなるので、DLC適用前に要バックアップ。

フォルダの場所
C:\Program Files (x86)\Steam\SteamApps\common\RPG Maker MV\dlc\Beast man Generator

■現代キャラクタージェネレーター

【STEAM版の製品名】
Modern_Generator

【STEAM版の挙動】
手動でpartsフォルダを上書きする必要がある。
2019年7月のアップデートでスリム&目にスプライトの入った素体が追加された。

フォルダの場所
C:\Program Files (x86)\Steam\SteamApps\common\RPG Maker MV\dlc\Modern_Generator

新素体フォルダ
modern_body

元素体フォルダ
original_body