UA-154656538-2
検索
言葉を集めて世界を旅するRPG「地図の時間〜言葉集めの冒険譚〜」
timeofmapworks_logo_2020.png
ハートフルRPG「地図の時間」

地図の時間スピンオフRPG「影泥棒と魔法の手記」

リソース管理ダンジョンRPG「琥珀の道具士」

現代SFRPG「重力ルーペ/探求リバーブ」

ドラマティックRPG「バンドワゴン」

ビジュアルノベル「日向と香水」

ノベル×ADV「ストーリーテラー」 title1_2.png
カテゴリ
リンク集
【スポンサードリンク】

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2021年09月03日

【RPGツクールMV】本番環境でMN_ShowPictureExtend.jsで画像が表示されない場合の個別対応まとめ

[条件]
@MV1.6.3
AMN_ShowPictureExtend.js 1.0
BWindows向けデプロイメントかつ暗号化利用
C出力画像は非暗号化

[対応]
(1)MN_ShowPictureExtend.jsにパスを成形する処理を記述する
私の場合はSWで分岐させ例外処理を作成
-if(!Utils.isOptionValid('test'))を使い、テストプレイ環境と本番環境を区別する

(2)非暗号化で読みたい画像を自作プラグイン内に記述する

サブフォルダphotoないのphoto0n.pngを例外にしたい場合
Decrypter._ignoreList = [
"img/system/Window.png",
"photo/photo01.png",
"photo/photo02.png",
"photo/photo03.png",
"photo/photo04.png",
"photo/photo05.png",
"photo/photo06.png",
"photo/photo07.png",
"photo/photo08.png",
"photo/photo09.png",
"photo/photo10.png",
"photo/photo11.png",
"photo/photo12.png"
];

メモ:
210903_100.png

【RPGツクールMV】暗号化せずにデータを読み込む指定

rpg_core.jsの以下に追記することで、非暗号化のデータを読み込むことが可能
Decrypter._ignoreList = [
"img/system/Window.png"
];

Game.exe直下にphotoフォルダを作り、中にあるphoto01.pngを読む場合
Decrypter._ignoreList = [
"img/system/Window.png",
"photo/photo01.png"
];

謝辞
@DarkPlasma様

2021年09月01日

【RPGツクールMV】【RPGツクールMZ】Androidアプリビルド化手順2021年度版

2021/08/10時点の最新情報についてまとめられた記事の紹介です。

・AndroidStudio(Android11.0対応)利用

Let RPG Maker MV/MZ Games are also available on Android with support In-app Purchase Tutorial
https://hackmd.io/@Mirai/RPGMakerMVMZ-Android_eng

サンプルプロジェクト
https://gitlab.com/mmmm748748/android-studio-for-rpg-maker-mvmz/-/tree/en_US

2021年03月21日

【RPGツクールMV】スキルメモタグを活用した判定・例外処理 (BattleVoice.js.js改造)

RPGツクールMVではmeta."文字列"で判定可能。
私がプラグイン改造で実装した例を掲載します。

BattleVoice.js
制作者:神無月サスケ様
https://plugin.fungamemake.com/archives/2606

例.戦闘中かつメモ欄にが含まれるスキルを使用した場合、ボイスSEを演奏しない。
BattleManager._action.item().meta文字列で判定


var playActorVoice = function (actor, type) {
if (!canPlayActorVoice()) {
return;
}
//改変箇所。戦闘中かつメモ欄にが含まれるスキルを使用した場合、演奏しない。
if (BattleManager._action.item().meta.invalidVoice) {
return;
}

【RPGツクールMV】マップメモタグを活用してプレイヤーの影を消す (GALV_BasicEventShadows.js改造)

RPGツクールMVではmeta."文字列"で判定可能。
私がプラグイン改造で実装した例を掲載します。

GALV_BasicEventShadows.js
制作者:GALV様
https://galvs-scripts.com/2016/04/07/mv-basic-event-shadows/

例.マップのメモ欄にを含む場合にプレイヤーの影を生成しない
$dataMap.meta.文字列で判定


Spriteset_Map.prototype.doActorShadows = function () {
if ($gameSystem._playerShadow) {
// add
var fols = $gamePlayer.followers()._data;
for (var i = 0; i < fols.length; i++) {
fols[i]._shadow = true;
this.createBShadow("f" + i + 1, fols[i]);
}
$gamePlayer._shadow = true;
//マップメモ欄にが含まれている場合プレイヤーの影を消す(returnで処理を中断し生成しない)
if ($dataMap.meta.noShadow) {
return;
}
this.createBShadow("f0", $gamePlayer);
} else {
// Remove
var fols = $gamePlayer.followers()._data;
for (var i = 0; i < fols.length; i++) {
fols[i]._shadow = false;
this.destroyBShadow("f" + i + 1, fols[i]);
}
$gamePlayer._shadow = false;
this.destroyBShadow("f0", $gamePlayer);
}
};


×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。