検索
低リソースでプレイ可能なRPG「ブックモービル」
Get it on Google Play
現代SFRPG「重力ルーペ/探求リバーブ」

ドラマティックRPG「バンドワゴン」

ハートフルRPG「地図の時間」★新作


【RPGツクールMV+対応ゲームパッド】


【11/24発売、3DS版ツクール新作】
カテゴリ
リンク集
【スポンサードリンク】


【新着・注目タイトル】




【ツクール書籍】

【ロールプレイング研究】



【JavaScript参考書】





シナリオ・世界観












ネーミング





アイテム/武器/魔法





グラフィック






スマートフォンインターフェース

クリエイター向けノウハウ



2015年10月24日

RPGツクールVX/VXAceのプロジェクトデータをRPGツクールMV用に変換

RPGツクールMVはRPGツクールVXとVXAceのプロジェクトデータから変換できることがアナウンスされています。
・VX用のスクリプトとVXAce用のスクリプトで対応される予定(フォーラムより)
・VX用は将来的に、VXAce用は10/24より入手可能

【2015/10/24追記】
変換作業をやってみましたが、変換したデータによってはMVでプロジェクトを読み込ませると、MVが動作を停止してしまい開くことすらできませんでした。
以下は日本語版データをコンバートした時の結果です。

Classes.json…コンバート成功しました。職業名の日本語化しています。
20151024-8.jpg
Skills.json…スキルのコンバートおよび、日本語化はできませんでした。(デフォルトの状態のまま)
Items.json…コンバート成功しました。アイテム名は日本語化していますが、アイコンの紐づけがおかしくなっています。(ポーションが手紙マーク)
20151024-10.jpg
States.json…ステート(状態異常)のコンバートおよび、日本語化はできませんでした。(デフォルトの状態のまま)

データベースだけでもVXAceで作りこんで、コンバートが成功すればと思ったのですが、私が試した限りでは、VXAceの新規プロジェクトのコンバートだけでもこれだけ使いづらいので、移植の道のりは長いかもしれません。

【2015/10/15追記】
フォーラムで開発スタッフのコメントにより、VXのプロジェクトもMVに変換できるプラグインを検討していることが分かりました。

参考サイト:
2015/10/14 08:42PMのshaz氏のコメント
http://forums.rpgmakerweb.com/index.php?/topic/45896-rpg-maker-mv-faq/page-2

マップのタイルサイズはプロジェクト変換ツールでは変換されないことがわかりました。
タイルサイズの変換には同じShaz氏が製作したサイズ変換のプラグインを使うことで解決できそうです。
プラグイン名:Shaz-Change Tilesize

フォーラムのShaz氏のコメントより、予約特典として変換プラグインが提供、また予約終了後も無料でダウンロードで提供予定であることが明かされました。ただSTEAMの予約ページには情報がないので、詳細は不明です。

2015/10/14 6:21PM Shaz氏の(preorder項目)回答より
http://forums.rpgmakerweb.com/index.php?/topic/45896-rpg-maker-mv-faq/page-1


【2015/10/12追記】
公式のyoutubeチャンネルでも、プロジェクトデータの変換について説明されました。
手順をまとめます。

【動画】


さらに変換データには日本語も含まれることが言及されています。
20151012-1.jpg

ゲームの変換データに日本語が含まれているということは、日本語の入力もできるということですね。
※ツクールMVが日本語化されるということではなく、ツクールMV上で日本語のテキストを扱えるということ


【手順】
■ツクールVX/VXAceの操作
1.ツクールVX/VXAceを起動する
2.変換したいツクールVX/VXAceのプロジェクトを開く
3.ツール>スクリプトエディタからスクリプトエディタを開き、Materials(日本語だと:素材)の項目に「Ace MV Converter.rb」の中身をコピーする
20151012-26.jpg

【補足:Ace MV Converter.rbについて】
・Steam版の保存場所
C:\Program Files (x86)\Steam\SteamApps\common\RPG Maker MV\dlc\RPGmakerWeb_plugins\Shaz
スクリプト名「Ace MV Converter.rb」

・「Ace MV Converter.rb」のコピー&ペーストの方法
(1)「Ace MV Converter.rb」を選択した状態で、右クリック「プログラムから開く-その他のオプション-メモ帳」で開く
20151024-7.jpg
(2)ソースが表示されるので、Ctrl+Aで全選択し、Ctrl+Cでコピーする

4.プロジェクトを保存する
5.テストプレイを起動する(タイトル画面が出たらok)
6.テストプレイを終了する
7.VX/VXAceのプロジェクト内に「mv-data」フォルダが作成される
8.VX/VXAceのmv-dataフォルダの中にjson形式のファイルが生成されているので、コピーする
20151012-27.jpg

ここでツクールVX/VXAceの操作は終了。今後変換しない場合は、3のスクリプトは元に戻して、プロジェクトを保存しておくと良い。

■ツクールMVの操作
9.ツクールMVを起動する
10.ツクールMVのプロジェクトデータ>「data」フォルダに8のコピーを上書き保存する
20151012-28.jpg
11.MVのプロジェクトを保存する
変換が完了しているはずです。

【参考元】
VX Ace to MV Converter(英語)
http://forums.rpgmakerweb.com/index.php?/topic/45296-vx-ace-to-mv-converter/

【フォーラムの意訳】
VX AceからMVのコンバーター(変換機能)について、ちょっとだけ話すよ。
※NDA=秘密保持契約の関係で全部は言えない

・コンバーターはVX Aceの方に入れるスクリプト。MVに入れるプラグインではない。

・コンバーターのスクリプトを有効にして、テストプレイをすることで、MVフォルダが作られる。
それはデータベースおよびすべてのマップとイベントを、MVフォーマットに変換し、新しいファイルをMVデータフォルダに保存する(VXAceのプロジェクトには影響しない)。
コンバートしたファイルのすべてを新しいMVプロジェクトのデータフォルダにコピーして、MVで読むことができる。

・コンバートは手動でやる必要がある。

・データベースとマップデータは変換できるけれども、スクリプトは変換できない。
(スクリプトを含む場合)スクリプトを呼び出そうとする条件分岐などはデータとして変換されるから、スクリプト部分をjavascriptを使った処理に変更する必要がある。

・VXコンバーターは単体でリリースされる可能性がある。MVよりも早くリリースされることはなさそう。

・RPGツクールXPからのコンバーターも希望はあるけれども、タイルセットやデータベースの仕様上、難しそう。

この情報を出しているShazさんは、フリー契約の開発スタッフ(有名なスクリプター)で、他のスレッドでも積極的にコメントされています。
この記事へのコメント
荒野ほのる さん
情報ありがとうございました。
データベースを移行するか、作り直すか、どっちが楽かといった話になりそうですね。
Posted by 管理人 at 2016年02月19日 17:58
現状そのまま武器も引き継ぐと、一部武器の設定が『装備封印:武器』になっていることも確認できました。※装備タイプを引き継がない場合は注意が必要な感じでしたね。
アイコン、一部の武器を確認したほうが良いのかもしれませんね・・・。
それ以外はアイコン以外は大丈夫そうでしたので念のため・・・。
Posted by 荒野ほのる at 2016年02月19日 15:06
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4239430
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック