検索
ハートフルRPG「地図の時間」

地図の時間スピンオフRPG「影泥棒と魔法の手記」

リソース管理ダンジョンRPG「琥珀の道具士」

現代SFRPG「重力ルーペ/探求リバーブ」

ドラマティックRPG「バンドワゴン」

ビジュアルノベル「日向と香水」

ノベル×ADV「ストーリーテラー」 title1_2.png
カテゴリ
リンク集
【スポンサードリンク】

【ツクール新作】




【創作全般】






シナリオ制作


設定作り


最近読んでよかった本五選





創作意欲を掻き立てる本


自己管理術


クリエイター向けノウハウ

2016年11月08日

RPGツクールフェス 11/16(水)サンプルゲームが配信!

3DSのRPGツクールフェスで制作されたサンプルゲームが11/16(水)に配信開始となります。

情報元
【先出し週刊ファミ通】
『RPGツクール フェス』レジェンド・ツクラーとタレントたちが作った公式配信ゲームを紹介!(2016年11月10日発売号)
http://www.famitsu.com/news/201611/08120079.html

20161108.jpg

RPGツクールフェス関連でこのページをご覧になった方向けに、画像で確認できる作品を挙げます。
(時計回り順)

・terunonさん 「AlteredArcs:オルタードアークス」
・ゆわかさん 「田舎町の事件簿」
・Plain softさん 「リトルヒーローズ」
・kuro 「そして魔女に会う」

それぞれの作者さんを簡単に紹介しますね。


■terunonさん
イラストも描き、ボカロPとして作曲やミックスも手掛け、テクニカルなゲーム制作もこなす努力家さん。
初公開作品「エイリアスエイク」はニコニコ自作ゲームフェス2016にて「ボカロファンタジー賞」受賞し、KADOKAWA×DeNA社の協業サービスAndAppでも公開と躍進中!
耳に残るメロディーラインと、さじ加減絶妙なユーモラスなテキスト、気持ちを丁寧に描いたストーリーが印象的でした。
「AlteredArcs:オルタードアークス」ではどのような演出を見せてくれるのでしょうか。

20161108_2.jpg

WEBサイト
http://tri-nitroterunon37.wixsite.com/terunon/aliasache

最新バージョンの「エイリアスエイク」はこちらからダウンロードできます
http://www.freem.ne.jp/win/game/11481


■ゆわかさん
2015年発売のRPGツクールMVで本格的に制作デビューした私が、サンプルゲーム「ニナと鍵守の勇者」で感銘を受けた作者「ゆわか」さんです。
代表作は「修道院」というRPGツクール2000でサンプルゲームに採用されていらっしゃる……という本当にレジェンドなお方です。私と気さくにコミュニケーションをとってくださる優しいお方。
またWEBサイトでは、ツクールMV系の情報をとても丁寧に収集されていらっしゃる職人気質な一面も垣間見えたり。
作品はとにかく丁寧でやっぱり職人……という印象です。
「田舎町の事件簿」では職人技を披露してくださること、間違いなしです!

20161108_3.jpg

WEBサイト
http://yuwakas.blog.shinobi.jp/

「ニナと鍵守の勇者」はこちらからプレイできます
https://gamemaga.denfaminicogamer.jp/mvsample/


■Plain softさん
この方も長いキャリアをお持ちのクリエイターさん。
Twitterでは別名で活動されていらっしゃいますね。
ハクスラ系に長編RPGに作風も多彩のようです。
KADOKAWA×DeNA社の協業サービスAndAppでは「ラヴィウルフ」が絶賛公開中!
「リトルヒーローズ」はどのような作品に仕上がっているのか、楽しみです!

20161108_4.jpg

WEBサイト
http://plainsoft.web.fc2.com/

「ラヴィウルフ」はこちらからプレイできます
https://www.andapp.jp/rpg_tkool/


■kuro
(自分を持ち上げるのも何か違うので)私については、プロフィールからご覧になってくださいませ。
代わりに私のサンプル作品について、少々お話しますね。

「そして魔女に会う」
〜作品紹介文〜
自分の名前しか わからない少年は
未来を写す本を頼りに 魔女探しの旅に出る
〜〜〜〜〜〜〜
ジャンル:RPG、ハートフル

ドイツにある「ワルプルギスの夜」と呼ばれるお祭りをモチーフに、「名前しかわからない少年」が探し物をするお話です。
童話のような雰囲気かと思えば、小説のようなテキストも混ざっていたり、それでも根っこにはゲームらしさがあります。

全年齢を意識しており、色々な読み方ができるように工夫しています。
テストプレイでは2時間少々、難易度は本を読むように易しいはずです。

少しだけ制作秘話をお話すると、以前観たドキュメンタリーがアイディアの源泉だったりします。

 2016/8/28 進捗状況/土日の過ごし方/魔女の道など
 http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/591/0

というわけで私の作品もご紹介させてください。

Androidアプリ「ブックモービル」
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.rpgmakerkuro.bookmobile&hl=ja

PC/ブラウザゲーム「重力ルーペ」
http://plicy.net/GamePlay/24070

ブラウザゲーム「重力ルーペ/探求リバーブ」
https://www.andapp.jp/rpg_tkool/

お祭りまでまだ少し時間がありますので、気になった作者様の作品をどうぞお楽しみくださいませ。
posted by tabirpglab at 21:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 制作記
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5603077
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック