検索
現代SFRPG「重力ルーペ/探求リバーブ」

ドラマティックRPG「バンドワゴン」

ハートフルRPG「地図の時間」

新作「日向と香水」
カテゴリ
リンク集
【スポンサードリンク】


【創作全般】






シナリオ制作


設定作り


最近読んでよかった本五選





創作意欲を掻き立てる本


自己管理術


クリエイター向けノウハウ

2016年06月25日

ピクチャを使ったフィールドマップ

ピクチャを使ったフィールドマップを作成してみました。

ここで紹介するサンプルでは次のようなことを実装しています。
1.MAP画面に切り替わる→プレイヤーが気球に変わる
2.気球を操作して移動する
3.気球が移動可能なポイントに触れると、移動するか選択肢が上がる(同意するとMAPが切り替わる)
4.MAP切り替わり後に気球→プレイヤーに変わる
20160617-19.jpg

【準備】
MAPに使う素材を\img\parallaxesに保存しておきます。
素材のサイズはあらかじめ1画面に収まるように調整しておきましょう。
素材:幅816ピクセル、高さ624ピクセル
ツクールMV1画面のサイズ:幅17マス、高さ13マス

【手順】
1.無地のマップを作成します。(新規作成した直後の状態)
20160617-22.jpg

2.遠景→画像からMAP画面に使う素材を選択します。
20160617-23.jpg

3.MAP画面の任意の場所に次のイベントを設定します。
トリガー:自動実行
◆アクターの画像変更:歩行グラフィックを気球に変更
◆移動ルートの設定:プレイヤー すり抜けON
◆イベントの一時消去
20160617-24.jpg

4.MAP画面上の移動ポイントとなる場所に次のイベントを設定します。
トリガー:プレイヤーから接触
◆文章:XXへ移動しますか?
◆選択肢の表示:はい、いいえ
 はいのとき
 ◆場所移動:
 ◆移動ルートの設定:プレイヤー すり抜けOFF
 ◆アクターの画像変更:歩行グラフィックを気球から元のアクターに変更

20160617-25.jpg

やってみると、非常にお手軽です。
さらに応用として、移動ポイントにはアイコンを配置すると分かりやすいです。
この手法はサンプルゲームの「羊の海」で使われているので、気になる方はディスク収録のプロジェクトデータをご覧ください。
20160617-26.jpg
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5191562
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック