検索
現代SFRPG「重力ルーペ/探求リバーブ」

ドラマティックRPG「バンドワゴン」

ハートフルRPG「地図の時間」

ビジュアルノベル「日向と香水」

ノベル×ADV「ストーリーテラー」 title1_2.png
カテゴリ
リンク集
【スポンサードリンク】

【ツクール新作】




【創作全般】






シナリオ制作


設定作り


最近読んでよかった本五選





創作意欲を掻き立てる本


自己管理術


クリエイター向けノウハウ

2016年05月14日

スイッチを使ったパズル/選択肢を使ったパズル

◆スイッチを使ったパズル

デジカさんの週刊ツクール vol.18にて、スイッチを使ったパズルの作り方が紹介されています。
http://tkool.degica.com/weekly-tkool/20160513

基本は次の要素を組み合わせることにあります。
・スイッチ(ON/OFFの判定)
・変数(スイッチを押した順番の保存)
・条件分岐(結果判定)

【アレンジ案】
応用するとこんなこともできますね。
・スイッチを横に並べて金庫の解鍵風謎解き
・スイッチを押した順番と宝箱の中身を連動させる
・スイッチを押した順番と移動先フロアを連動させる
・スイッチを鍵盤に見立て、押下時に音を割り当て(ドレミ…)、1フレーズが弾けたら何かが起こる
・スイッチを横4つ並べ、条件分岐に乱数を使用し、スロット(1番右はレバーにして、実行兼リセット)

◆入門用
スイッチパズルの組み方はデジカさんの週刊ツクールをご覧頂くとして、入門用にもっと簡単な例をご紹介します。

これはとても単純で、選択肢だけを使った方法です。
私の作品「ブックモービル」を使って説明します。

【実例】
・「番号を入力しろ」とテキストを表示させ「1」〜「5」の選択肢を表示
 「1」「2」「3」「5」を選択:不正解、テキストウィンドウが閉じる
 「4」:正解のSE音が鳴り、次の「1」〜「5」の選択肢を表示
20160427-81.jpg

【アレンジ案】
・不正解の選択肢を選んだ際に、不正解のSE音を鳴らしたり「不正解」である旨のテキストを表示させると親切ですね
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5061216
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック