検索
現代SFRPG「重力ルーペ/探求リバーブ」

ドラマティックRPG「バンドワゴン」

ハートフルRPG「地図の時間」

ビジュアルノベル「日向と香水」

ノベル×ADV「ストーリーテラー」 title1_2.png
カテゴリ
リンク集
【スポンサードリンク】

【ツクール新作】




【創作全般】






シナリオ制作


設定作り


最近読んでよかった本五選





創作意欲を掻き立てる本


自己管理術


クリエイター向けノウハウ

2016年03月06日

バトルコマンドをカスタマイズ「Actor Battle Commands」プラグイン


◆バトルコマンドをカスタマイズ「Actor Battle Commands」プラグイン
標準のバトルコマンド「攻撃」「スキル」「防御」「アイテム」を自由にカスタマイズするプラグインをご紹介します。

Actor Battle Commands
制作者:Himeworks様
説明/ダウンロード先:
http://himeworks.com/2015/12/actor-battle-commands/


■このプラグインでできること
バトルコマンド(デフォルト「攻撃」「スキル」「防御」「アイテム」)のカスタマイズ
(1)バトルコマンドの非表示
例:防御コマンドを非表示にする

(2)バトルコマンドの並び替え
例:「攻撃」「アイテム」「スキル」「防御」

(3)バトルコマンドの選択禁止(表示されるがグレーアウト)
(4)バトルイベントで一時的な(1)〜(3)の状態を作る
「攻撃」「スキル」「防御」「アイテム」の表示名の変更は、データベース→用語から行ってください。
20160220-25.jpg


■使い方
アクターのメモ欄に記述をすることで、バトルコマンドを設定できます。
20160220-26.jpg
20160220-27.jpg

メモ欄で使用する文字と意味は次の通りです
attack
データベース→用語の「攻撃」に設定したコマンド名
guard
データベース→用語の「防御」に設定したコマンド名
skill_list
アクターが使用可能なすべてのスキル
item
データベース→用語の「アイテム」に設定したコマンド名
skill_type ID
データベース→タイプで「スキル」に設定したコマンド名


例えばこのように記述した場合
<battle command: attack />
<battle command: skill_type 1 />
<battle command: skill_type 2 />
<battle command: item />


バトルコマンドはこのように表示されます。
攻撃
スキルタイプ1
スキルタイプ2
アイテム


実際のゲーム画面
20160306-2.jpg


■応用
マップイベントやバトルイベントではスクリプトを使うことで、コマンドをグレーアウトしたり、非表示にすることも可能です。

スクリプトで使用する文字は次の通りです
・コマンドを非表示にする
hide_actor_command(ID, SYMBOL, EXT)
・コマンドを表示する
show_actor_command(ID, SYMBOL, EXT)
・コマンドを選択可能にする
enable_actor_command(ID, SYMBOL)
・コマンドを選択不可(グレーアウト状態)にする
disable_actor_command(ID, SYMBOL)
IDはアクターのID
SYMBOLは「attack」「guard」「skill_list」「item」「skill_type ID」
EXTは複数項目がある場合のIDを指定します(スキル1、スキル2とある場合など)

例)マップイベントでアクター5番がスキルタイプ4を使用できるようになる
20160617-135.jpg

例)特定のバトルでアクター3番にスキルタイプ2のみを使用させる

アクター3番にはこの記述をしてあります
<battle command: attack /> 攻撃
<battle command: skill_type 1 /> スキル1
<battle command: skill_type 2 /> スキル2
<battle command: item />
 アイテム

データベースの敵グループ→バトルイベント欄内に「スクリプト」で記述します
disable_actor_command(3, "attack") 攻撃を選択不可
disable_actor_command(3, "skill_type", 2) スキル2を選択不可
disable_actor_command(3, "item")
 アイテムを選択不可

20160306-1.jpg

disableにしたコマンドは、バトルイベント中にenableにしないと使用できないままになるので、注意しましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4781286
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック