検索
ハートフルRPG「地図の時間」

地図の時間スピンオフRPG「影泥棒と魔法の手記」

リソース管理ダンジョンRPG「琥珀の道具士」

現代SFRPG「重力ルーペ/探求リバーブ」

ドラマティックRPG「バンドワゴン」

ビジュアルノベル「日向と香水」

ノベル×ADV「ストーリーテラー」 title1_2.png
カテゴリ
リンク集
【スポンサードリンク】

【ツクール新作】




【創作全般】






シナリオ制作


設定作り


最近読んでよかった本五選





創作意欲を掻き立てる本


自己管理術


クリエイター向けノウハウ

2016年01月19日

2016/1/18 スマートフォンとLTE/wifi回線でテストプレイ

◆2016/1/18 スマートフォンとLTE/wifi回線でテストプレイ

ブラウザ(HTML5版)でプレイできるRPGを目指して、色々試行錯誤しております。
これまでのあらすじはこちらをご覧ください。

快適なツクールMV製WEBアプリへの挑戦
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/293/0

2016/1/11 制作&テストプレイ
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/298/0

2016/1/12 スマートフォンとLTE回線でテストプレイ
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/301/0

2016/1/13 スマートフォンとLTE回線でテストプレイ
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/303/0

2016/1/14 スマートフォンとLTE回線でテストプレイ
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/305/0

【検証環境】
・使用ゲーム:現在作成中のMV製ブラウザゲーム(WEBアプリ:HTML5版)
・使用プラグイン:()内は制作者様のクレジット

YEP_CoreEngine(Yanfly Engine Plugins)
YEP_MainMenuManager(Yanfly Engine Plugins)
YEP_EquipCore(Yanfly Engine Plugins)
ItemBook(Yoji Ojima様)
KeyItemNumber(Sasuke KANNAZUKI様)
EnemyBook(Yoji Ojima様)
UR65_SmartPhoneUI.js(うろろこ様)

・接続先:GitHubサーバ
・スマートフォン:
iPhone5C
画面サイズ:1136×640px(326ppi)
メモリ:1GB
CPU:Apple A6
グラフィック:PowerVR SGX543MP3
3コア 266MHz
iOS:9.2(13C75)

【課題】
・LTE+HTML5版環境でのテストプレイ回数を増やす
・音割れ、音声遅延の解決が図れないか
・(できれば)2本指タッチ以外でメニュー呼び出し/キャンセルができるUIを導入

【検証】
定点でLTE回線でプレイ 約30分
・30分間エラー、強制終了の発生なし
・累計通信量:24.7MB

定点でwifi回線でプレイ 約30分×4セット
・エラー、強制終了の発生なし
・音割れ、音声遅延発生(稀に音割れ、遅延が発生しないことも)

音割れ、音声遅延発生以外は順調にプレイできています。引き続きテストを重ねていきます。
image.png

【その他近況】
刺激を受けるため、ジャンルを問わず映画を結構観ていました。

・アメリカンスナイパー(American Sniper)
実話を元にした、説明不要の戦争映画のヒット作。
予告編から想像される通りの筋書きですが、裏返すと期待通りの面白さがあるのだと思います。
見終えた後にクリントイーストウッドの監督作と知りました。

・イントゥ・ザ・ストーム(Into the Storm)
ハリケーンに襲われる街を描いたドキュメント風のパニック映画。
それぞれカメラを持つ理由があり、キャラクターがそれぞれの思惑で動くのは観ていて楽しいですね。

・ブラック・ハッカー(Open Windows)
イライジャ・ウッドが女優の追っかけから、PCを通じてクラッカーに脅迫されながら進むサスペンス映画。終始ノートPCのディスプレイを通じた演出、展開に冒頭から引き込まれました。

・チャーリーモルデカイ
ジョニーデップで観ましたが、テイストがあわず30分程で脱落しました。
雰囲気は実写版ルパン三世や、チャーリーとチョコレート工場を想起させました。

・チョコレートドーナツ(Any Day Now)
同性愛者とダウン症の子供を題材にした、社会派作品。
抵抗のあるシーンは少なからずあるものの、良い意味で心に引っかかる名作です。
セリフではなく、俳優の動きが感動や共感を誘います。
I AM SAMを厳しくした感じが近いかもしれません。

・舟を編む
辞書を作る編集部を舞台にした作品。
淡々としていて、良い意味で邦画らしい静と動の雰囲気に包まれています。
ストイックな仕事に共感を感じました。

・テスター・ルーム(THE QUIET ONES)
オックスフォード大学の研究室で行われていたという、実際にあったとされる精神治療実験を元にしたホラー作品。最後まで見ましたが、ストーリーも演出も好みではありませんでした。
近年ホラーで本当に面白いと思ったのは、パラノーマルアクティビティ(1作目限定)以来、あまり出会えていません。

他に観なおした映画では、ディカプリオの出世作「ギルバートグレイプ」、ナイスガイなジムキャリーが主演の「トゥルーマンショー」などなど。
小説では東野圭吾さんの「パラドックス」を読み始めています。
テレビでは海外リアリティーショーの「ティムガンに学べ(under the gun)」を見終え「プロジェクトランウェイ」の新シリーズを見始ました。

多くの言葉に触れるということは、語彙を増やし、アイディアが出やすくなる気がします。
停滞を感じているようなら、気分転換に読書や映画に触れてみるといいかもしれません。
posted by tabirpglab at 07:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 制作記
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4627872
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック