検索
ハートフルRPG「地図の時間」

地図の時間スピンオフRPG「影泥棒と魔法の手記」

リソース管理ダンジョンRPG「琥珀の道具士」

現代SFRPG「重力ルーペ/探求リバーブ」

ドラマティックRPG「バンドワゴン」

ビジュアルノベル「日向と香水」

ノベル×ADV「ストーリーテラー」 title1_2.png
カテゴリ
リンク集
【スポンサードリンク】

【ツクール新作】




【創作全般】






シナリオ制作


設定作り


最近読んでよかった本五選





創作意欲を掻き立てる本


自己管理術


クリエイター向けノウハウ

2016年01月12日

2016/1/12 スマートフォンとLTE回線でテストプレイ

◆スマートフォンとLTE回線でブラウザゲームのテストプレイ

【検証環境】
・使用ゲーム:現在作成中のMV製ブラウザゲーム(WEBアプリ:HTML5版)
・使用プラグイン:()内は制作者様のクレジット敬称略
UCHU_MobileOperation(uchuzine)
YEP_CoreEngine(Yanfly Engine Plugins)
YEP_MainMenuManager(Yanfly Engine Plugins)
YEP_EquipCore(Yanfly Engine Plugins)
ItemBook(Yoji Ojima)
KeyItemNumber(Sasuke KANNAZUKI)
EnemyBook(Yoji Ojima)

・接続先:GitHubサーバ
・スマートフォン:
iPhone5C
画面サイズ:1136×640px(326ppi)
メモリ:1GB
CPU:Apple A6
グラフィック:PowerVR SGX543MP3
3コア 266MHz
iOS:9.2(13C75)
スマートフォンのメモリ測定アプリ:IAssistant
・起動方法:ブラウザSafariから、ホーム画面に追加をして、起動。
・マルチタスクには、アプリ「メモ」のみ。
・通信量の計測はiOSの設定→モバイルデータ通信を利用(計測前にリセットして開始)
image.png

パターン1.走行中の電車+LTE回線でプレイ 約30分
パターン2.定点でLTE回線でプレイ 約30分

【検証結果】
パターン1.走行中の電車+LTE回線でプレイ 約30分
・強制終了が4回発生
・本体が熱くなる
・30分で21%の電力消費
・通信量:30.4MB
・スリープから1分以上時間をおいた場合、スリープ復帰後に動作が遅延する事象が発生(2回中2回再現)

パターン2.定点でLTE回線でプレイ 約30分
・強制終了が2回発生
・端末再起動後も強制終了は再現
・本体が熱くなる
・30分で23%の電力消費
・通信量:24.3MB

強制終了について
・エラーメッセージなし
・ゲーム内のタイミングは「メニュー開いた後の操作」「戦闘終了後」「メニュー画面でHP回復時」などタイミングは様々
・現実のタイミングは駅に停車、駅から発車など変化があったときに発生(wifiは掴んでいないことは目視確認)。しかし定点でも発生するので、電車と定点の違いによるものかは何とも言えず。

【課題】
強制終了が5〜10分に、1回発生するようになりました。
この強制終了を解消するため、修正系のプラグインを追加した確認をしてみます。

【追加検証結果】
有志liply様の修正プラグインを既に導入していたプラグインの中へ、次の順番になるように適用してみました。

1.liply_memoryleak_patch.js
2.liply_preload.js

スマートフォンでブラウザから起動、タイトル画面からニューゲーム、コンティニューどちらを選んでも次のエラーとなりました。
Type Error
undefined is not an object (evaluating 'this.tilingTexture.canvasBuffer.canvas')
image.png

切り分けを進めていくと、liply_memoryleak_patch.js追加時に発生したので、liply_memoryleak_patch.jsと私のプロジェクトもしくは私の環境の組み合わせで発生したのだと考えます。

次にliply_preload.jsが先頭になるようにプラグインを構成してみました。
タイトル画面、ニュゲーム、コンティニューまでは無事成功しましたが、戦闘開始時に別のエラーが発生するようになりました。

TypeError
null is an object (evaluating 'this.bitmap.drawn')
image.png

★2016/2/1追記
liply_memoryleak_patch.jsのバージョンアップ版が公開されました。以前のバージョンをご利用の方は差し替えてみるとよいかもしれません。

次は仮想ボタンプラグインUCHU_MobileOperationで使用するイメージファイルの軽量化、あるいはUCHU_MobileOperationとの切り分けを試みてみます。

補足
プラグイン導入後エラーが発生しておりますが、プラグイン単体が悪いものとは限りません(今回の検証はモバイルで動かすという目的なので、そこまで深い切り分けをしていません)。プロジェクトデータ、動作環境により、結果は変わると思います。

参考
国内/海外有志による修正プラグイン一覧
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/302/0
posted by tabirpglab at 23:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | 制作記
この記事へのコメント
貴重なAndroid実機上での情報、ありがとうございます。いつか運用できるようになるといいですよね。(本体か、プラグインか、何らかの修正などで)
Posted by 管理人 at 2016年01月21日 18:23
UCHU_MobileOperation プラグインを、入れるとandroidも落ちやすいです。
Posted by at 2016年01月13日 13:23
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4616654
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック