検索
ハートフルRPG「地図の時間」

地図の時間スピンオフRPG「影泥棒と魔法の手記」

リソース管理ダンジョンRPG「琥珀の道具士」

現代SFRPG「重力ルーペ/探求リバーブ」

ドラマティックRPG「バンドワゴン」

ビジュアルノベル「日向と香水」

ノベル×ADV「ストーリーテラー」 title1_2.png
カテゴリ
リンク集
【スポンサードリンク】

2020年08月02日

【Steamworks】RPGツクールMV製タイトルのシステム要件の書き方

Steam RPGツクールMV製タイトルのシステム要件の書き方


Windowsユーザーが多いので、Windowsに関する情報はできるだけ作品にあわせた情報を書くとよさそうです。
以下私の考えです。

・メモリは公式情報と実機テスト環境に則り、最低推奨ともに4GB(ツクールMV製ならば、4GBも8GBもパフォーマンスは変わらないから)
・ストレージはビルドした時のファイルサイズ
Nw.jsを差し替えたりすると変化するので、ビルドのサイズで判断
・ツクールMV製タイトルならば、CPUは最低でCore i3、推奨でCore i5と書けば、目安になります
・グラフィックはスペックの弱いタブレット、ノートPCを推奨の目安にすると良いと考え、インテル HD 615グラフィックス 以上にしました。これは手持ちのSurface Proはんがそうだから

Tips:
Core i3,Core i5といっても世代により性能が変わるので、世代まで書かないと本当の指標にはなりません。
ただ世間の認識としてCore i3=エントリークラス、Core i5=ミドルクラス、Core i7=ハイエンドであり、比例してメモリも搭載されているので、遠からず……といったところなのです。ウンチク。

公式情報はこちら。
https://tkool.jp/mv/spec/index.html

実際のSteamストアページで調べると以下の通り。

最低 パターン1

OS: Windows 7/8/8.1/10
プロセッサー:
日本語:Intel Core2 Duo 相当以上
英語:Intel Core2 Duo or better
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック:
日本語:DirectX 9/Open GL に対応したGPU
英語:DirectX 9/OpenGL 4.1 capable GPU DirectX: Version 9.0
ストレージ: ■ GB 利用可能※作品による
追記事項: ※作品による
※ディスプレイ解像度(例.1280x768 or better Display.)

最低 パターン2

OS: Windows 10
プロセッサー: Intel Core i5※実際に計測した機種情報を書く
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: NVIDIA GeForce GTX 660※実際に計測した機種情報を書く
ストレージ: ■ MB 利用可能



推奨については、実測するか下記参考タイトルと比較して見立てるのが良いと考えます。
個人的にはテストプレイヤーさんを募って、ギリギリ動く閾値を調べるなど。
テストプレイ依頼時はあえて古いスペック、複数コントローラーで試すと良いですね。
私がテストプレイをお引き受けするときは提案していました。参考まで。

参考:
The World is Your Weapon
技術的に軽量化している作品。
https://store.steampowered.com/app/1056490/The_World_is_Your_Weapon/

Orangeblood(オレンジブラッド)
MV性能を上回り処理落ちに対処できてないほど、部分的に重い作品。
セーブ/ロード10秒、アニメ歩行グラフィック多用マップではリソースロード数秒。
軽量化度外視でリソース演出に力を入れたタイトルなら参考になりそう。
※GTX 660と書くのは、2015年以前のノートPCを切るイメージ
https://store.steampowered.com/app/1042670/Orangeblood/

クベルの首枷病
英語表記の場合の参考。
値はデフォルトそのまま。
ADVで立ち絵演出中心なら、このスペックで問題なし。
https://store.steampowered.com/app/1269810/_/


自分の設定例:
benchmark_200806.png
posted by tabirpglab at 23:33 | Steam展開ノウハウ