検索
ハートフルRPG「地図の時間」

地図の時間スピンオフRPG「影泥棒と魔法の手記」

リソース管理ダンジョンRPG「琥珀の道具士」

現代SFRPG「重力ルーペ/探求リバーブ」

ドラマティックRPG「バンドワゴン」

ビジュアルノベル「日向と香水」

ノベル×ADV「ストーリーテラー」 title1_2.png
カテゴリ
リンク集
【スポンサードリンク】

【ゲーム】




【創作】






シナリオ制作


設定作り


最近読んでよかった本五選





創作意欲を掻き立てる本


自己管理術


クリエイター向けノウハウ

広告

posted by fanblog

2020年04月11日

【RPGツクールMV】パーティクルプラグイン『TRP_Particle』for RPGツクールMVの利用例

【RPGツクールMV】パーティクルプラグイン『TRP_Particle』for RPGツクールMVの利用例


製品ページ:
パーティクルプラグイン『TRP_Particle』for RPGツクールMV
https://booth.pm/ja/items/1940649

確認したこと

・TRP_ParticleはParticleEmitter(作者ツキミ様)と併用可能

・プラグインを多数入れている場合の影響(競合)
TRP_Particleは編集機能と再生機能が一体化している。
多数のプラグインを入れている場合、パーティクル編集が行えない可能性がありますが、以下の方法で私は解決しました(動作保証をするわけではないのでご了承ください)。

方法は「編集用のプロジェクト」と「実行用のプロジェクト(作品)」を分けること。
具体的には次の通り。

1.編集用のプロジェクト(同梱のTRP_Particle)でイベントおよびパラメーター(=プラグインコマンドを作る)を設定する

例「chest」という「このイベント」を対象にしたパーティクル設定を作る場合
particle edit chest this

詳細:
(1).TRP_ParticleのマップID2「歩行」マップを開く
(2).座標(10.5)のプラグインコマンドの命名箇所を自分の設定したい名前にする
200411_3.jpg

(3).プレイヤーをマップID2「歩行」マップに置き、テストプレイを実行
(4).プリセットを選び、パラメーターを微調整して、Ctrl+Eで保存&終了
※×閉じは駄目
200411_4.jpg


2.編集用のプロジェクトのdata\TrpParticles.json,\img\particlesを自分の作品のdataフォルダにコピーする
これで1で作成したプラグインコマンドが利用可能になる
200411_2.png

3.使用する際はeditをsetまたはplayに変更する

set:ループ再生
play:1回のみ再生

例「chest」というこのイベントを対象にしたパーティクル設定をループ再生する場合
particle set chest this

200411_1.jpg

注意点

・playで呼び出しても、パーティクル編集情報でLifetimeが-1(無制限)になっているとループ再生になる

・パーティクルのファイル名について
img\particleフォルダにテクスチャ(画像)ファイルを入れるため、
particle系プラグインを利用している場合はファイル名被りに注意

例.circle,rain,squareなど

・editモードで数値、値の入力ができない
テンキーではなく、キーボードの数字キーを使うことで可能。マイナス(-)も同じ

・本番環境で画面左上にパーティクル数が表示される
TRP_Particleの「パーティクル数表示」をOFF

・本番環境でイベントのメモ欄が表示される
HeaderNameプラグインをOFFにする
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。