検索
ハートフルRPG「地図の時間」

地図の時間スピンオフRPG「影泥棒と魔法の手記」

リソース管理ダンジョンRPG「琥珀の道具士」

現代SFRPG「重力ルーペ/探求リバーブ」

ドラマティックRPG「バンドワゴン」

ビジュアルノベル「日向と香水」

ノベル×ADV「ストーリーテラー」 title1_2.png
カテゴリ
リンク集
【スポンサードリンク】

【ゲーム】




【創作】






シナリオ制作


設定作り


最近読んでよかった本五選





創作意欲を掻き立てる本


自己管理術


クリエイター向けノウハウ

2020年02月08日

【Steam展開】多言語対応、翻訳についてのメモ

【Steam展開】多言語対応、翻訳についてのメモ

多言語対応の意味

Steamは大半が海外ユーザ。
多言語に対応することで作品がプレイされる機会が増えます。

翻訳先の言語

RPG Maker WEB Forum(海外フォーラム※英語)とツクールwebフォーラム(国内フォーラム)のログイン数を比較すると、およそ9:1。

【企業がデベロッパーをしたツクール作品例】
ぶきあつめ……英語、中国語(簡体字、繁体字)
オレンジブラッド……英語、中国語(簡体字)

以上から、英語→中国語(簡体字)の翻訳の優先度かなと思います。
特定の文化圏を意識する場合、慣習的なタブーに触れていないかも考慮した方がよさそうです。

個人開発でできること

将来必要になる作業の準備を進めておく事だと考えます。

@作品固有名詞のデータベースづくり。
キャラの名前、作中のオリジナル用語、地名のリストアップと翻訳指定は必要でしょう。
完全な創作名詞だと、対応する言葉を考えなければなりません。

タロウ、ハナコ、サツキ、メイ、ミユキのようなメジャーな名前は対応した言葉が各言語で見つかります。
後述のGoogleスプレッドシートの関数を使った方法でご確認ください。

200207_1.jpg


Aキャラごとの台詞癖
関西弁とか、口癖系(〜っすね)をどの言葉で表現するか。
これも要素として指定した方が良いでしょう。

好きな漫画を元に調査しておくか、翻訳業者さんからご提案を頂くとよさそうですね。

データベース作成の方法

Googleスプレッドシートでは以下の記述をすることで、Google翻訳のAPIを使った翻訳が可能です。
=GOOGLETRANSLATE(翻訳元の参照セル,"翻訳元の言語コード","翻訳先の言語コード")

三言語以上は、どの言語を翻訳元にするかも考えなければなりません。
一般的には、英語が基本となります。
日本語→英語→中国語(簡体字)、韓国語、エスペラント語(?)……のような感じです。

三言語くらいなら日本語ベースでも良い気もしますが、この辺は情報と経験を蓄積したいですね。

Googleスプレッドシートで管理用のシートを作りました。
よろしければコピーして参考になさってください。

https://ci-en.net/creator/4244/article/205676
【このカテゴリーの最新記事】
posted by tabirpglab at 07:00 | Steam展開ノウハウ