検索
ハートフルRPG「地図の時間」

地図の時間スピンオフRPG「影泥棒と魔法の手記」

リソース管理ダンジョンRPG「琥珀の道具士」

現代SFRPG「重力ルーペ/探求リバーブ」

ドラマティックRPG「バンドワゴン」

ビジュアルノベル「日向と香水」

ノベル×ADV「ストーリーテラー」 title1_2.png
カテゴリ
リンク集
【スポンサードリンク】

【ツクール新作】




【創作全般】






シナリオ制作


設定作り


最近読んでよかった本五選





創作意欲を掻き立てる本


自己管理術


クリエイター向けノウハウ

2019年09月30日

2019/9/30制作記

■新作の話
制作中のスクリーンショットを交えながら、新作の話を少々。

・傭兵の雇用システム
ステージ内限定で傭兵を雇用することができます
傭兵はステージ内でランダムで徘徊する予定です(画像は拠点)
190929_1.jpg

・ステージ前の食事システム
食事をとることでバフがかかります
190929_2.jpg

・探索と調査
敵が多く徘徊する戦闘エリアと、調査を主とした探索エリアに分かれています
190930_1.jpg

SkillPointを消費し玄室の事前調査を行うことができます
190930_2.jpg

・色表現1
この画面は人の記憶に介入/追体験するステージ突入の選択肢。
対象を色で明確に表現しています。
これはTo The Moonの影響を受けています。
191002_1.jpg

・音表現
この画面では明確に「なにかあるぞ」を視覚ではなく音で表現。
当初は「なにかあるぞ」と言わせるのはウィンドウ表示→ウィンドウ確認→ウィンドウ閉じで3アクション要したのですが、チュートリアルの強制のような野暮ったさを感じました。
191002_2.jpg

修正後は部屋に入るなり、BGMをフェードアウト→心音を鳴らす→宝箱にむかってプレイヤーさんが動く(仮説)→その際に反応する仕掛けを配置
としています。

・色表現2(過去のシーン)
セピア色+画面を布っぽくエフェクト。
191002_3.jpg

書いていて気付いたのですが、この場面は上の二人がカメラの被写体になるわけで、
光源も彼ら中心になるべきじゃないかなと思いなおしてます。
他者に説明しようとすることで、生まれる発見ってありますね。
修正します。

また書きます。

■余談

数学文章作法 推敲編のKindle版が10/3の日替わりセール中で399円。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4480095268/ref=as_li_qf_asin_il_tl?ie=UTF8&tag=funfun3264-22&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4480095268&linkId=1fcf86c28e17833353a7f27cbccb4877

基礎編を読み終えた方、あるいは基礎文章に自信があり、ブラッシュを進めたい方にお勧めです。
posted by tabirpglab at 23:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 制作記
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9251396
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック