UA-154656538-2
検索
ハートフルRPG「地図の時間」

地図の時間スピンオフRPG「影泥棒と魔法の手記」

リソース管理ダンジョンRPG「琥珀の道具士」

現代SFRPG「重力ルーペ/探求リバーブ」

ドラマティックRPG「バンドワゴン」

ビジュアルノベル「日向と香水」

ノベル×ADV「ストーリーテラー」 title1_2.png
カテゴリ
リンク集
【スポンサードリンク】

【ツクール新作】




【創作全般】






シナリオ制作


設定作り


最近読んでよかった本五選





創作意欲を掻き立てる本


自己管理術


クリエイター向けノウハウ

2018年09月09日

TinyGetInfoWnd.jsのウィンドウ描画時間を延長

◆TinyGetInfoWnd.jsのウィンドウ描画時間を延長

シームレスにアイテム入手、入手品の説明、掛け合いを表現するためGabWindowとTinyGetInfoを組み合わたアイディアです。

■TinyGetInfoWnd.js
制作者:神無月サスケ様
説明/ダウンロード先:
Steam版の場合次のフォルダに格納されています
C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\RPG Maker MV\dlc\KadokawaPlugins
パッケージ版、ダウンロード版の場合、サンプルゲーム「シーピラート」の中に格納されています
Games\SeaPirate\js\plugins

■YEP_GabWindow.js
制作者:Yanfly様
説明/ダウンロード先:
http://yanfly.moe/2015/12/18/yep-46-gab-window/

国内ではこちらでも配布されています。
http://store.tkool.jp/weekly-tkool/20160121

拙作「地図の時間」で課題に感じていたのが、アイテム入手の一連の流れ。

1.アイテム入手
2.アイテムが機能的に、世界観的にどのようなものかを掛け合いで説明

この間ウィンドウでEnterキーを押下して読み進める必要があるわけで、ある意味テキストの押し売りになっていました。
1だけで充分な人にとって、2は余計なおせっかいだったのですよね。
2をコンフィグでカットする仕組みも内部実装したり試行錯誤していたのですが、Yanfly氏のGabを思い出し、次の仕組みを実装してみました。

1.TinyGetInfoでアイテム入手を通知
2.GabWindowで説明を再生

接触型イベントとして配置すれば、よりシームレスに実行されます。

20180908_10.jpg

2の表示中も1の通知が持続するように表示時間を下記の記述で調整しています。

Window_GetInfo.prototype.update = function() {
Window_Base.prototype.update.call(this);
if(++this.count < 600) {//180) {  ★180フレームを600フレームに変更

オリジナルをコメントアウトしておくと、比較の際に便利です。

20180907_11.jpg

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8073346
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック