UA-154656538-2
検索
言葉を集めて世界を旅するRPG「地図の時間〜言葉集めの冒険譚〜」
timeofmapworks_logo_2020.png
ハートフルRPG「地図の時間」

地図の時間スピンオフRPG「影泥棒と魔法の手記」

リソース管理ダンジョンRPG「琥珀の道具士」

現代SFRPG「重力ルーペ/探求リバーブ」

ドラマティックRPG「バンドワゴン」

ビジュアルノベル「日向と香水」

ノベル×ADV「ストーリーテラー」 title1_2.png
カテゴリ
リンク集
【スポンサードリンク】

2018年08月11日

ストレスの低い画面切り替えテクニック

◆ストレスの少ない画面切り替えテクニック

コンパクトな閃きですが、知見を残したいので記事化します。

あるタイルを踏むことで、イベント専用マップに移動して、
人形劇(キャラクターの移動と台詞で進行する会話イベント)を展開する。
この仕組みを実装されている方も多いと思います。

こちらが私の作品で実装している「タイルを踏んだとき」のイベントです。


◆プラグインコマンド:hideHpGauge★画面上のUIゲージを消去
◆画面の色調変更:(-255,-255,-255,0), 60フレーム (ウェイト)★裏処理を隠すための暗転処理
◆コモンイベント:■プレイヤーカメラ化★人形劇用の裏処理(プレイヤー透明化、すり抜け化)
◆場所移動:E思い出墓場の地図 (15,11) (向き: 上)★人形劇用のイベントマップへ移動@
◆画面の色調変更:(0,0,0,0), 60フレーム (ウェイト)★裏処理を終えたので暗転処理解除A


@Aはイベントのデフォルト値が採用されており、これにより@フェード分の間、A60ウェイトが発生します。
この間を改善したのがこちらの処理です。


◆プラグインコマンド:hideHpGauge
◆画面の色調変更:(-255,-255,-255,0), 60フレーム (ウェイト)
◆コモンイベント:■プレイヤーカメラ化
◆場所移動:E思い出墓場の地図 (15,11) (向き: 上, フェード: なし)★場所移動「フェードなし」を選択
◆画面の色調変更:(0,0,0,0), 60フレーム★「完了までウェイト」チェックを外す

20180811_1.jpg

僅かですが画面切り替えがスムーズになっています。
//60フレームを調節することで最短1フレームまで短縮可能
時間経過を演出させたい場合は別ですが、基本的にはシームレスな切り替えの方がプレイヤーにとって親切ですよね。

これは、次の作者さんのコメントを拝見して閃いた内容です。
細部まで丁寧にこだわった処理が多く、いつも参考にさせて頂いてます。
感謝を込めて、作品へのリンクを張らせてください。

https://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm7692
https://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm6506

以上、二次的な気付きではありますが、ご参考になれば幸いです。
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7983159
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック