検索
現代SFRPG「重力ルーペ/探求リバーブ」

ドラマティックRPG「バンドワゴン」

ハートフルRPG「地図の時間」

新作「日向と香水」
カテゴリ
リンク集
【スポンサードリンク】


【創作全般】






シナリオ制作


設定作り


最近読んでよかった本五選





創作意欲を掻き立てる本


自己管理術


クリエイター向けノウハウ

2018年06月28日

UIに関する考え方、リファレンス、素材まとめ

UIに関して、刺激を受けたので情報整理。

■『ペルソナ5』のカッコよすぎるUIの制作工程を紹介! アトラスの危機から生まれ、やがて特徴となったUIができるまで【CEDEC+KYUSHU 2017】
https://www.famitsu.com/news/201711/13145540.html

3Dモデルを使った部分は個人では手が出しにくいものの(BlenderやLive2Dの素材が作りやすくなるまでは)作品全般に浸透するカラーリングの考え方、デザイン論は分かる方にはわかるのだと思います。

■デザイナーの僕がいかにしてビデオゲームのUIから「インタラクション・デザイン」を学ぶのか
http://gamewalker.link/design-blog/how-to-learn-interaction-design-from-games/

こちらはUIの定義を広めにとって紹介されているサイト。
パターンも豊富なので、着想探しに良いかもしれません。

■RPGMakerMV Library
https://kinoar.github.io/rmmv-doc-web/index.html

こちらはWindow Class Layerの把握に便利なリファレンス集。


ここからはUI素材を紹介。

■Kracgware様(販売素材)
http://www.dlsite.com/home/work/=/product_id/RJ217999.html
http://www.dlsite.com/home/work/=/product_id/RJ210349.html

完成品だとこちらのUIセットは有名。

■Kracgware様(フリー素材あり)
http://owo.pya.jp/sozai.html

■空想曲線様
http://kopacurve.blog33.fc2.com/

ノベル向けウィンドウ。
デザインとカラーパターンが豊富です。

■フキダシデザイン
http://fukidesign.com/

広義ではこれもUI。
日向と香水のSNS風シーンで利用させて頂きました。

興味をもって調べると、良い情報を探しやすくなりますね。
特に二つ目のインタラクション・デザインの記事は参考になりました。

UI=素材の配置や運用と思いがちですが、ユーザー操作に反応を返し、「楽しませる」機能なのかなと認識を改めました。
ゲームの表情と言いますか……うん、勉強になりました。
posted by tabirpglab at 22:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7836536
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック