検索
ハートフルRPG「地図の時間」

地図の時間スピンオフRPG「影泥棒と魔法の手記」

リソース管理ダンジョンRPG「琥珀の道具士」

現代SFRPG「重力ルーペ/探求リバーブ」

ドラマティックRPG「バンドワゴン」

ビジュアルノベル「日向と香水」

ノベル×ADV「ストーリーテラー」 title1_2.png
カテゴリ
リンク集
【スポンサードリンク】

【ツクール新作】




【創作全般】






シナリオ制作


設定作り


最近読んでよかった本五選





創作意欲を掻き立てる本


自己管理術


クリエイター向けノウハウ

2019年07月16日

2019/7/16 制作記

2019/7/16 制作記

更新遅れました。

現在、短編新作を制作しています。
かげましゅ(影泥棒と魔法の手記)で頂いたフィードバック、感想をふまえ、
新たな意気込みで取り組んでいます。

次に書くときは、公開の一報です。
作品を追いかけてくださる方に楽しんで頂けますように、頑張ります。
posted by tabirpglab at 07:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 制作記

2019年07月08日

キャラクタージェネレーターDLC情報まとめ

キャラクタージェネレーターDLC情報まとめ

■ヒロインキャラクタジェネレーター3/4

【STEAM版の製品名】
Heroine Character Generator 3
Heroine Character Generator 4

【STEAM版の挙動】
以下MVのジェネレーターフォルダに素体、グラデーションファイルが保存されている。配下の階層(性別→部位)に上書きしない限りは変更されない。
C:\Program Files (x86)\Steam\SteamApps\common\RPG Maker MV\Generator

[保存されている素体]
SV_body_p01.png
SV_body_p01_c.png
TV_Body_p01.png
TV_Body_p01_c.png
TVD_Body_p01.png
TVD_Body_p01_c.png
gradients.png

影響範囲は男性の顔グラフィック。歩行グラ、SVバトラーに影響なし。
黒い服がはみ出してしまう場合は【上書き前のファイルをバックアップのうえ】適用すること。

フォルダの場所
C:\Program Files (x86)\Steam\SteamApps\common\RPG Maker MV\dlc\Heroine Character Generator
C:\Program Files (x86)\Steam\SteamApps\common\RPG Maker MV\dlc\Heroine Character Generator 2
C:\Program Files (x86)\Steam\SteamApps\common\RPG Maker MV\dlc\Heroine Character Generator 3
C:\Program Files (x86)\Steam\SteamApps\common\RPG Maker MV\dlc\Heroine Character Generator 4

■獣人キャラクタージェネレーター

【STEAM版の製品名】
Beast man Generator

【STEAM版の挙動】
適用するとGeneratorフォルダが【上書きされる】。
影響範囲は男性の顔グラフィック。歩行グラ、SVバトラーに影響なし。
バックアップがないと元のキャラクターが作れなくなるので、DLC適用前に要バックアップ。

フォルダの場所
C:\Program Files (x86)\Steam\SteamApps\common\RPG Maker MV\dlc\Beast man Generator

■現代キャラクタージェネレーター

【STEAM版の製品名】
Modern_Generator

【STEAM版の挙動】
手動でpartsフォルダを上書きする必要がある。
2019年7月のアップデートでスリム&目にスプライトの入った素体が追加された。

フォルダの場所
C:\Program Files (x86)\Steam\SteamApps\common\RPG Maker MV\dlc\Modern_Generator

新素体フォルダ
modern_body

元素体フォルダ
original_body

2019年07月07日

wonderdraftの使い方

ファンタジーマップジェネレーター「wonderdraft」の使い方。

wonderdraftとは

ファンタジーの世界地図を生成できるジェネレーター

公式動画をご覧あれ。
https://youtu.be/6RqEuUZDAIQ

[できること]
・地図の質感、色調
・地形、シンボル
・その他エフェクトなど、グラフィックソフトでできそうなことは大抵カバーできそう

[できなさそうなこと]
・市街地マップ(アセットの組み合わせでできそうですが、他のツールの方がいいかも)
・ファンタジー以外(現代、SFには向いてない)

自身のファンタジー世界観を掘り下げたり、作中の小道具として出すにはいいかも。
凝りすぎると作品が止まることうけあいなので、注意。

推奨スペック

2019/7/7現在、以下。

GPU NVIDIA GTX 760
Driver OpenGL ES 3
CPU Intel i3 2.5GHz
RAM 4 GB

購入方法〜インストール

@公式サイトのページ下部「Get Wonderdraft」から購入。
https://www.wonderdraft.net/

クレジットカード or Paypalが必要。

A購入後、支払い後に到着するメール本文の「Thank you for supporting Wonderdraft! To access your purchase, just go to this download page:」次行のURLからダウンロードページへ移動。

以下をダウンロード。
・Wonderdraft バージョン名 [Latest]……Latest(最新)old(前バージョン)からお好きな方を
・「Wonderdraft Example Custom Assets」……アセット、DLC。一緒にダウンロードしておくと良い

Bインストール
Wonderdraftを解凍してインストーラーの指示に従って進行

アセットの導入方法

@Wonderdraft Example Custom Assetsを解凍する。

[中身]
fonts
sprites
textures

A以下に移動、「myassets」という名前のフォルダを作る。

C:\Users\ユーザーアカウント名\AppData\Roaming\Wonderdraft\assets\

BWonderdraft Example Custom Assetsの中身をコピー

アセットは有志の方が投稿してくださってます。
お好みにあわせてカスタマイズすると良いです。
https://www.cartographyassets.com/assets/categories/wonderdraft.4/

使い方

新規作成
左上の「New」を押下
190707_1.jpg

Width:幅
Height:高さ
Template:幅、高さのテンプレ

Landscape……横長地図風レイアウト
Portrate……写真風レイアウト

Theme……下地のテーマ

[基本的な使い方]
左メニューで種類別の操作を実行
・Water……陸地に対して、水場を置く
・Land……陸地を作る
・Paths……道を作る
・Symbols……街、城、山といったシンボルを置く
・Labels……テキストを書く
・Overlay……加工する

最初はLandで青囲みの操作をして、陸地を作る。
次にSymbolを置き、Pathsで繋げば良いです。
大きさや色など調整は右メニューの緑囲み部分で行えます。

190707_2.jpg

保存は上メニューバーの「Save」。
拡張子は「.wonderdraft_map」。

出力は上メニューバーの「Export」。
「Normal」でpng形式で出力。

「Multiplane」にするとSymbolとかPathesを分離して出力できます。
別グラフィックソフトでも使う際や改変したい場合に便利。

190707_3.jpg

10分でこれが作れます。
190707_5.png

以上、参考になりましたら。

2019/7/7 制作記

2019/7/9までSteamサマーセールなので、セール対象DLCのネタを先行して記事化。
セール終了時刻はこれまでの傾向だと、7/10の日本時間午前2時とか3時頃。

ヒロインキャラクタージェネレーター


ヒロインキャラクタージェネレーター1〜4の歩行グラフィックが確認できるデモを作りました。
URL
https://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm11418?key=cf49007dd238

・各セット、服が20種類収録されているので、素材集として優秀
・Vol1:現代系の学生服、袴、アンティーク調の洋装、鎧
・Vol2:ブレザー、フリル付き、ワンピース、メイド服、怪盗服、現代系私服
・Vol3:水着、ビキニアーマー、チャイナドレス
・Vol4:踊り子系の服多め、アラビアンダンサー、フラ、ヴァンパイアなど

総評:
全年齢作品はVol1とVol2でカバーできそう。
現代モノならVol1の制服系、Vol2の私服系で表現の幅が広がりそう。
コスチューム性の高いものも多いので、演劇のシチュエーションも再現できる。

Vol3はR18作品需要が高そう、というか露骨です。
チャイナドレスがVol3に含まれているのが惜しいところ。

Vol4は衣装系というかコスチューム向け。

■ヒロインキャラクタージェネレーター
http://store.tkool.jp/a/newest-dlc/gkun-character-generator
RPG Maker MV - Heroine Character Generator
https://store.steampowered.com/app/848110/RPG_Maker_MV__Heroine_Character_Generator/?l=japanese

https://youtu.be/pjgn7FT51VQ

■ヒロインキャラクタージェネレーター2
http://store.tkool.jp/a/rpg-ressource/heroine-character-generator-2
RPG Maker MV - Heroine Character Pack 2
https://store.steampowered.com/app/932642/RPG_Maker_MV__Heroine_Character_Pack_2/?l=japanese

https://youtu.be/ThScV25RnwU

■ヒロインキャラクタージェネレーター3
http://store.tkool.jp/a/rpg-ressource/heroine-character-generator-3-jp
RPG Maker MV - Heroine Character Generator 3
https://store.steampowered.com/app/1006982/RPG_Maker_MV__Heroine_Character_Generator_3/?l=japanese

https://youtu.be/TfKR4qyXeZs

■ヒロインキャラクタージェネレーター4
http://store.tkool.jp/a/newest-dlc/heroine-character-generator-4-jp
RPG Maker MV - Heroine Character Generator 4
https://store.steampowered.com/app/848110/RPG_Maker_MV__Heroine_Character_Generator/?l=japanese

https://youtu.be/myCbkXL0dZk

----
作品の話はまたあとで書きます。

【2019/7/8追記】
現在進行中の作品があり、一区切りがつくところまで集中しています。
また後日(来週7/15週か7/22週か)書きます。
posted by tabirpglab at 00:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 制作記

2019年07月01日

2019/6/30 制作記

2019/6/30 制作記

素材


屋根タイルの高さ調整素材/オートタイルの素材化手順
https://www.pixiv.net/fanbox/creator/18897995/post/446376

素材作りました。
オートタイルで生成できるタイルセットを分解して素材にする方法も記載しています(そちらの方がメイン)。
詳しくはリンク先をご覧ください。

Medieval シリーズ


Steamサマーセールで素材を買い足しました。
リアル見落とし3Dタイプは使い辛いと思い、敬遠していたMedievalシリーズ。

・Medieval Interior
ファンタジー内装
魔法薬、織糸、織機、絵画、魔法具と呼べそうなオブジェクト、ショーケース、使えるパーツあり

・Medieval_T&C_Tiles
ファンタジー外観
樹木、沼、墓石、像
コミュ将さんのリアル系素材の拡張版といった感じ
Blur系のフィルターを使い馴染ませれば、全然いけるかと

・Medieval_T&C_Diseased_Tiles
ファンタジー外観(汚れ版)
一つ上の「Medieval_T&C_Tiles」の対として良い

・Medieval_Underdeep_Tiles
ファンタジーダンジョン(呪い系の趣がある洞窟)
石に覆われたベッド、宝箱、アラビアン系でも通りそうな魔法のツボ
2Dで使える素材は少ない

・Medieval_Dungeons_Tiles
ファンタジーダンジョン(人工物、遺跡系)
ドラゴンの石像、魔方陣、石碑、ギミックに使えそうな素材が幾つか

・Medieval Warfare
ファンタジー戦場
傷ついた樹木、テント、旗、砲台(15世紀あたりの集団戦で使われる兵器類)
2Dで使える素材は少ない

・Medieval Plague Bringers
流行り病が蔓延した村
棺、荒れた内装、外装素材、好きな人は好きそう
2Dで使える素材は少ない

上記以外だとExpansion、High Seasがタイルセット収録のようです。
他は3Dの人やモンスター素材なので、作風によっては使えません。
なので安くなるからと言って、SteamのMedievalシリーズの バンドル買いは避けた方が良いです。
面倒でもひとつひとつチェックしましょう。
興味ある方は、製品ページをご覧ください。

参考:
https://store.steampowered.com/app/618661/RPG_Maker_MV__Medieval_Dungeons/?curator_clanid=10315638

ここに書いたMedieval シリーズは海外サイトとか、コアな素材を何巡も探している方に薦められるようなもの。
基本的には作風があうなら以下を検討した方が良いです。

・FSM
・FES素材集(モンスターが豊富)
・SeasonPassのVol3(Train)
・Time Fantasy

Steamセールは2019/7/10のAM3:10終了。
良い買い物を。


その他

■ファイル名の大文字小文字がエディタ、エクスプローラー上では正しいのに、jsonファイルを開くと大文字小文字が意図しない組み合わせになる

意図した内容
M_kyrphie.png
エラー時のjsonファイルに書き込まれた内容
M_Kyrphie.png

対処
・「M_Kyrphie.png」をバックアップのうえ、破棄する
・デスクトップにてバックアップを「M_kyrphie.png」にリネーム
 プロジェクトに上書きコピーする
・Actor.jsを開き、編集する

■「Block」がファイル名に含まれていると、アツマールサービス上で拒絶されてしまう

対処:リネーム
※particlesのテンプレートにも「Block.js」があるので規定のまま使っている方は注意

地図の時間 進捗

そんなこんなで地図の時間 影泥棒と魔法の手記をアップデートしました。

・PCとAndroidとiOSを区別してエフェクト(グラフィック効果)を調整
※AndroidとiOSで重たかった方は改善が見込めます
・セーブ画面でキルフィのグラフィックが消える問題の修正

https://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm10561

よろしくお願いします。
来週は作品の進捗について触れられれば。
posted by tabirpglab at 00:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 制作記