検索
現代SFRPG「重力ルーペ/探求リバーブ」

ドラマティックRPG「バンドワゴン」

ハートフルRPG「地図の時間」

新作「日向と香水」
カテゴリ
リンク集
【スポンサードリンク】


【新着・注目タイトル】


シナリオ制作


設定作り


最近読んでよかった本五選





創作意欲を掻き立てる本


自己管理術


クリエイター向けノウハウ

2018年03月26日

2018/3/25 進捗状況

2018/3/25 進捗状況です。

Twitterの手軽さ&クイックレスポンス感に甘えて、ブログがすっかり後追いになってしまいました。
ネタは色々あります。
自分の中の苺フィーバーが一段落ついた話とか、CLIP STUDIOを購入して少しずつ触っている話とか、マップ制作が楽しいとか、カメラワークを意識したらイベント組みが楽しい(けれどすごく消耗する)とか。

全てを書く時間がないので、実用的な気付きを幾つかまとめます。
画像はTwitterの再利用なので、見辛い点はご容赦ください。

◆ツクールTipsネタ

■イベント検索機能
ツクールMVはCtrl+Fでイベント検索が呼び出せます。
検索を呼び出せるタイミングはマップエディタ上、マップ選択上、データベース「アクター」〜「コモンイベント」上でそれぞれ検索が行えることを知りました。
後で差し替える可能性があるイベントは名前に検索用のワードを盛り込むなど工夫すると良さそうです。

20180318_1.jpg
20180318_3.jpg
20180318_2.jpg


■カメラワークを意識したイベント組み
イベント専用マップで歩行グラフィックを使ったイベントを流す際に意識していることです。
・透明化、すり抜けONにしたプレイヤーをカメラマンと見立てて、中心軸/位置に置く
・マップスクロールのタイミングや速さで場面を表現する
・この際、画面の四方の端に当たらないようにすること
逆に言うと、画面の四方には余白をもってMAPを作ると、カメラワークの制限を受けません
後から修正したくなった時にも活きるので、この意識はオススメです。
20180320_1.jpg
20180320_2.jpg
20180320_3.jpg


■マップの名はプレイヤー目線で
マップの名前はセーブ/ロード画面で表示されます。
プレイヤーがロード時に目的や状況を思い出せるように命名すると良いです。
ここ、無頓着にするには勿体ない箇所です。

20180322_2.jpg
20180322_1.jpg
20180322_3.jpg


■画面サイズのテンプレートマップ
プレイ時の画面領域を把握するために、型取り用のMAPを作ることのススメです。

20180323_2.jpg

画面に映るギリギリで分かれ道や宝箱を見せるといったように、マップのブラッシュアップに役立ちます。
20180323_3.jpg


■リージョンタイルを活用したマーキング
イベント専用マップにおいて、キャラクターの移動位置は見失いがち。
そこでリージョンタイルを移動先の目印にしたら解決しました。

20180324_3.jpg



書ききれないので、この続きは制作に余裕ができて、気が向きましたなら。


◆雑記
今は作品づくりに勢いが生まれていて、この流れを絶やさないように気を付けています。
具体的には流れを切る要素からは身を遠ざけるということ。
(これ、自分に言い聞かせる意味もあるので、忘れない間隔で口にしています)

例えば一月一日、新年にあやかって自分の目標とそのための行動を願った方は多いと思います。
Twitterでも沢山お見かけしました。
しかし三月が終わろうとしている今、同じ気持ちを持ち続けている人はごく稀でしょう。
誰だって楽な方に流れる気持ちはあるでしょうし、横道の誘惑はそこらに転がってます。
コンビニにレイアウトされた、新味のじゃがりこみたいなものです。

その誘惑やら横道が、自身にとっての願望になるのならそれは正しいでしょう。
でも自分の望まない、あるいは手に入れられるかもしれない幸せの代替品や模造品なら、私は手を出したくないと思うのです。

このように頭の中で理解したつもりでも、振り返ると実践できていなかった時期があります。
それは努力の方向や考え方が、間違っていたからなのでしょうね。
その結果が公開が遅れている作品群の理由になっているわけで、馬鹿だったなと反省するわけです。
そして反省できたなら、学びにつなげ、軌道修正すればいいのです。

ご覧になっている方で、もし自分が人生レベルで叶えたいことがあるなら、失う恐怖を想像してみてください。

自分の時間が持てなくなるとか、大切な存在を永遠に失うとか。
陳腐ですけれど、来年自分はこの世にいない、とかもいいですね(よくない)。

そのとき感じた恐怖が強いほど、かけがえのないものなのです。
それを自覚することで、私はどこか吹っ切れたような気もします。

――とか言っておいて、スランプになったら笑えますけれどね。

そんな紆余曲折を経て、制作しているシナリオは、かなり振り切ったことをしているつもりです。
完成した暁には、手に取って頂けますと幸いです。

ちなみにじゃがりこを悪者にしちゃいましたが、好物であります。
ではでは。
posted by tabirpglab at 01:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 制作記

2018年03月21日

解放要素を用いたプレイヤーへの配慮と工夫

◆解放要素を用いたプレイヤーへの配慮と工夫

現在「ゲーム慣れしたプレイヤー」、「不慣れなプレイヤー」、両者に対して作者ができる工夫を考えています。今回はその気付きの中から一部をご紹介します。


■ゲーム側でアンロックする要素
これらは私が感じるゲームプレイに勢いが生まれる瞬間です。

・新しいアクションの追加(クリア済みステージを再探索する意味も生まれる)
・システムの追加(クエストシステム、装備強化などサブ要素の拡張)
・仲間の加入(戦術の拡張、手数の増加)
・新しい武器/スキル(ダメージの増加、討伐手数の減少)


ポイントはプレイヤーがコストを支払うことなく、一律に恩恵を受けられるということ。
例えば新しい街が解放され、次ランクの武器/スキルが買えるようになる〜といった場合、買わないと新しい要素の効能に気付けません。

そしてコンディション(気分、体調、時間)によっては、そのまま断念してしまうこともあります。それはもしかしたら「ゲームのここまでプレイすれば楽しいのに!」まで辿り着けない瞬間なのかもしれません。

成長物語において、プレイヤーがとりうる選択と対価は醍醐味の一つです。
ただ時にはゲームの面白さを強調するために、ゲーム側から面白さを売り込むことも必要だと感じました。

こちらは対となる考え方です。
前者と組み合わせることで、プレイスタイル別に楽しさを見出せるのではないかと思います。

■プレイヤー側が気付くことでアンロックされる要素

最初から解放されている…けれどプレイ知識がないと活かせない(=情報によるアンロック)要素は、ゲーム慣れした方が先読みできるポイントであり、面白さだと思います。
個人的には反射神経に依存せず、知るだけで使いこなせるという点が好きです。

・タンス、ツボを調べることでアイテムが入手できる
 ドラクエでこの作法を学んだ方は多いはず

・強敵に用意された意外な弱点
 完封できる状態異常スキルが効くなど、ですね
 FF5では全ボスに低LVでも倒せるように弱点が用意されているので参考になります

・隠しパラメーターの存在
 例えば好感度によってリアクションが変化したり、スキル効果が向上したり
 戦闘回数によって敵が強くなるロマンシングサガのシステムも隠しパラメーターの
 一種と言えます

・既存パラメーターを活用した独自設定
 TPが100に近いほどダメージが増加、HPが少ないときに低確率でクリティカルスキルが
 発動、敵とLV差があるほど経験値が増えるなど

プレイ時間に比例して直感的に学んだり、ストーリー進行でイベントを通じて知ることができたり、寄り道(村人、看板、本)から得られたりと工夫もできます。
2週目や過去踏破したステージを調べたくなる動機づけにもできると思います。

以上、作品の彩りとしてご参考になりましたなら。
posted by tabirpglab at 09:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム

2018年03月16日

Twitterのタイムライン上でゲームプレイが可能に/2018/3/16-3/20 Steamでセール

週末に更新予定ですが、それとは別にタイムリーな話題を2点ご紹介します。


■Twitterのタイムライン上でゲームプレイが可能に
Twitterの仕様変更によりタイムライン上でHTML5のコンテンツが動作するようになりました。
この流れを受けて、さっそくPLiCyさんが対応しております。



・pli-log・ティラノスクリプト・ラノゲツクールMV・Lightvn の投稿作品がプレイ可能
・直近の投稿作品はTwitterサーバーに前バージョンのキャッシュが残存していることで動作しないこともある
(Twitter側のキャッシュファイルが無効になるまで待つと良いとのこと)

TwitterのTLでこの埋め込みモードが動くイメージです。




■2018/3/16-3/20 Steamでツクール系製品がセール
[概要]
・RPGツクールMV75%OFF(1995円)
・ラノゲツクールMV25%OFF(4717円)
・RPGツクールMVとラノゲツクールMVは2日後(3/18)まで無料プレイ
・DLC最大75%OFF
・ラノゲツクールMVバージョンアップ(不具合修正)

RPGツクールMV(リンク先に無料プレイボタンあり)
http://store.steampowered.com/app/363890/RPG_Maker_MV/

ラノゲツクールMV(リンク先に無料プレイボタンあり)
http://store.steampowered.com/app/495480/Visual_Novel_Maker/

ラノゲツクールMV バージョン1.0.1074修正内容
http://steamcommunity.com/games/495480/announcements/detail/1655509507303225161

20180316_1.jpg

体験版としても良い機会なので、気になっている方はぜひ。

RPGツクールMV DLCセール一覧
20180316_2.jpg
20180316_3.jpg
20180316_4.jpg

SeasonPassなど基本所を抑えている方にオススメなのはこの2点

RPG Maker MV - Town of Seasons
http://store.steampowered.com/app/525280/RPG_Maker_MV__Town_of_Seasons/
・カラバリの木、オシャレなオブジェクトの町素材
・デフォルトとFSMとの中間的なテイストなので組み合わせても利用可能

RPG Maker MV - Steampunk Tiles MV
http://store.steampowered.com/app/653728/RPG_Maker_MV__Steampunk_Tiles_MV/
・素材点数は少ないですが時計モチーフの素材が恰好いい



あとは斬新なアイディアが閃いて、石油王から融資の話を頂けるDLCが発売されれば言うことはありません。
以上、良い買い物のご参考になりましたら!

2018年03月11日

2018/3/11 進捗状況

2018/3/11 進捗状況です。


■地図の時間 Chapter2
もりもり進めています…!

●新マップ「時計図書館」
GIMPでタイルセットの編集のコツを掴んでから、飛躍的に表現力が高まりました。
タイルセットを自分の好きなパーツで組むと、悩みながら「ああ…この空間どうしようかな……」がなくなるのでマップ作りが楽しくなります。
20180305_1.jpg

20180306_2.jpg

●アイコン編集
アイコンは1アイコンあたり32*32ピクセル。
シート全体は512*640(横:縦)ですが横さえ変えなければ縦には拡張可能です。
1列追加すると512*672、2列追加すると512*704といった具合にですね。
iconset1.jpg

とはいえ、縦を増やしすぎることはオススメしません。
絶対使わないアイコンを減らして、代わりに埋めるくらいで殆どの作品は問題ないかと思います。
これはマップタイルも言えること。

tileBbefore20180311_1.jpg

リソースの扱いは最小限&最適化がポイントだと考えています。
ロード時間の短縮にもなりますし、それはブラウザ版公開における武器になります。
最も手ごわいのは初回ロード待ちで「やーめた」なのです。

●バトルシステム刷新

20180311_10.jpg

幾つかの大御所バトル系プラグインを組み合わせて、バトルも大きく変化させています。
・UI大刷新
・アイテムドロップと連動したオーバーキルシステム
・スキルにクールダウン、特定条件下のスキル変化など機能追加
・コンボダメージ
・スキル条件を細かく設定したオートバトル

今考えている通りに設計が進めば、これまでとは比較にならないくらい面白いバトルが実装できそうです。
こうご期待です。

●一方で…
大きくブラッシュアップした影響で、将来公開する「地図の時間Chapter2」は、現在公開中バージョンとセーブの互換性がなくなります。楽しんでくださった方々には申し訳ありません。

代わりに以下を実装予定です。
・Chapter2からスタートできる機能
・Chapter1をそこそこの強さでリスタートできる機能


■日向と香水
先日、創作仲間のKyoHeyさんが「日向と香水」の実況をしてくださりました。
本当にもう、感謝しかないです。
その裏で作者はというと、同作品のブラッシュアップも進めておりました。

・Chapter選択機能
これはラノゲツクールMVでセーブデータが破損する例があったので、対策として組み込んだ機能です。
この機能便利でもあるので、怪我の功名かもしれません。

・誤字修正
言い訳しません。ああ……悔しいな。

・誤字じゃないけど修正
ストーリー的にやや矛盾している箇所と、直したくなった部分の修正ですね。

・システム的な色々
長くなるので省略。

・前日談/後日談の追加
元から考えていた設定を味付けして、ほぼ出来上がりました。
既に読んだ方前提ですが、読後感が更に増すようなそんな内容に仕上げたいと思います。

ヘタウマは別として、私は文章を書いているときが一番気楽だなと感じました。
過ぎた時間を振り返ると充実しているんですよね。
自分の好き=適性が一致しているのがわかると、嬉しいものです。

●一般公開予定「日向と香水」
「日向と香水」はサンプルゲームの発注者であるKADOKAWAさんに確認し、一般公開が可能との返答を頂きました。今は上記のブラッシュアップが完了していないのと、エンジン自体も安定して欲しいこともあるので、時間をかけます。

公開した折にはぜひご覧くださいませ。


■その他
いまGIMPを使っているのですが、他にはCLIP STUDIOも気になっています。
ユーザーさんによる素材公開がさかんで、背景素材やUIを今後調達するときに良さそうなのですよね。

素材ページ
https://assets.clip-studio.com/ja-jp/

お値段も手ごろです。


体験版は制作にかかりきりで期限が過ぎてしまいました…残念。
とはいえツールや学びに関しては出費を惜しまないので、近いうちに買うと思います。


朝も寝覚めから起きやすくなりました。
散歩をしていると日光が柔らかさを帯びていて、至るところに春の訪れを感じます。
3月が終わったら1年の1/4が終わり。

いま良いスタートが切れているのかは、年末にゆっくり振り返りながら考えることなのでしょうね。
ただ今年は今までで一番良い年にしたいなと、思っています。
そのためにもしっかりと今からできることを積み重ねていかないと、ですね。

以上、ひさびさに書いた気がする制作の進捗状況でした。
再開再開。
posted by tabirpglab at 21:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 制作記

ラノゲツクールMVのバージョン1.0.1071が公開/PLiCyの埋め込みモードに対応

◆ラノゲツクールMVのバージョン1.0.1071が公開/PLiCyの埋め込みモードに対応

2018/3/11、ラノゲツクールMVのバージョン1.0.1071が公開されました。
今のところ配信対象はSteam版ユーザーとなっているようです。
ツクールストア)ダウンロード版はアナウンス待ちですね。

■変更点
リリースノートの原文はこちら

 VN Maker v1.0.1071
 http://steamcommunity.com/games/495480/announcements/detail/1655508871986980773

意訳
・テストプレイが黒画面で起動しない場合はプロジェクトフォルダ直下の「globalData.vndata」を削除
・メッセージを高速で進めるとフリーズする問題を修正
・iframe内で起動しない問題を修正★

私も実機環境でPLiCyさんの埋め込みモードに対応していることを確認しました。

20180311_1.jpg
1.0.1070で対応したNow Loading表示ののち…

20180311_2.jpg
無事画面表示を確認しました。
私のプロジェクトでは遅延している感じはありません。
(上記は非公開モードで撮影したものです。作品のブラッシュアップが完了したら公開したいと思います)

前バージョン1.0.1070で影響を受けた方は、プロジェクトをバックアップのうえ、お試ししてみてはいかがでしょうか。

 ラノゲツクールMVのバージョン1.0.1070が公開/PLiCyでラノゲツクールMV作品をプレイする時の注意点
 http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/1110/0

以上、ご参考になりましたら!