UA-154656538-2
検索
言葉を集めて世界を旅するRPG「地図の時間〜言葉集めの冒険譚〜」
timeofmapworks_logo_2020.png
ハートフルRPG「地図の時間」

地図の時間スピンオフRPG「影泥棒と魔法の手記」

リソース管理ダンジョンRPG「琥珀の道具士」

現代SFRPG「重力ルーペ/探求リバーブ」

ドラマティックRPG「バンドワゴン」

ビジュアルノベル「日向と香水」

ノベル×ADV「ストーリーテラー」 title1_2.png
カテゴリ
リンク集
【スポンサードリンク】

2020年11月12日

【ツクールMV】敵が「戦闘行動の強制」を含むコモンイベントを呼び出すスキルを使ったターンは 時間経過で解除されるステートが解除されない

■事象:
敵が「戦闘行動の強制」を含むコモンイベントを呼び出すスキルを使ったターンは 時間経過で解除されるステートが解除されない

■対処:
1.直接rpgmanagers.jsを編集する場合
BattleManager.processForcedAction = function() {
if (this._actionForcedBattler) {
//this._turnForced = true;//コメントアウト
this._subject = this._actionForcedBattler;
this._actionForcedBattler = null;
this.startAction();
this._subject.removeCurrentAction();
}
};

2.プラグイン化する場合:
(function() {
BattleManager.processForcedAction = function() {
if (this._actionForcedBattler) {
this._subject = this._actionForcedBattler;
this._actionForcedBattler = null;
this.startAction();
this._subject.removeCurrentAction();
}
}

情報元:
ランドル様、ミノ駆動様

2020年11月07日

地図の時間〜言葉集めの冒険譚〜 お問い合わせ/仕様について

地図の時間〜言葉集めの冒険譚〜 お問い合わせ/仕様について
β体験版で頂きました内容について記載するページです。
フィードバック機能の返信では、文字数制限から充分な説明が叶わないため、こちらにておまとめします。

■製品版をニコニコでも購入できるようにしてほしい
ご要望、ありがとうございます。
しかしながら、ニコニコさんでの販売について、現状では厳しいです。

理由は次の2点です。
1.ファイルサイズ:体験版時点でファイルサイズが作品投稿容量の限界に近付いており、
 製品版のボリュームアップを行う場合にニコニコ版が対応できなくなる、という不利益が生じる恐れがあります。

2.ブラウザのバージョンアップに対するサポートが出来なくなる可能性

必要としてくださったことは大変嬉しく思います。
Steam、DLSite、BOOTHといったストアで販売予定ですので、どうぞご検討頂けますと幸いです。

Steamストアページ
https://store.steampowered.com/app/1184850/_/

■自動戦闘の要望
機能リクエスト、ありがとうございます。

[通常攻撃のみを使う自動戦闘]
本作、ワードから生まれるスキルを遊びの一部にしているため、通常攻撃だけでは難しい難易度になっております。

[前回行動を繰り返す自動戦闘]
行動に再使用制限があるため、機能し辛いと考えてます。

根底にあるのはボタン操作を少なく楽しむ or バトル要素そのものを減らすということだと思いますので、別アプローチでの解決を検討します。
例.敵シンボルを更に減らすワード、装備中自動戦闘を行うワードなど

■序盤スケールがランプの使い方を知っている理由

・照明道具としての機能は2年の歳月で学びました
・魔法具としての機能はスケールがホームに出現して以来、ランプの傍にいたため、無意識レベルで理解しています
(他にも理由はあり、作中で説明しますが、Chapter1時点では上記+想像で補ってください)

■心音の森、初見でスケールがトーチスタンドに火が灯すことで魔除けになると予見した理由

・魔力を帯びたトーチスタンドに魔法具のランプを重ね合わせれば何かが起こると感じたのは、スケールの術士の素養と日頃ランプに触れたことで直感が磨かれていたためでした
もしスケールが気付かなかった場合は、ランプ自身が助言したでしょう。

[語句の説明と補足]
・直感
無意識下での判断能力。
現実でも直感による判断は当人にとって良いものを探る判断が無意識下で働いているとする研究結果、論文が発表されており、それらを参考にした設定です。
作中においては本人の直感が働く条件が満たされていない限り、直感を理由とすることはありません。
(剣を握ったことのない人が、直感で剣技を繰り出すことはありません)

・術士
RPGの記号的な職業ではなく、術を使う者の総称。
剣を使うから剣士、旅をするから旅人……のようなもので、資格や免許制ではありません
自覚次第で名乗れる言葉をワードとして装備することで能力が上昇する理由。
これはワードの本質によるものです(作中で明らかにされます)。

・術士の素養
魔法の扱いに長けている体質、血液型のようなもの。
システム的にはMP、魔法力が高い傾向を指します。

・トーチスタンドの魔除けの効能
製作者である双子の職人には、弟がマモノが原因で落命し、兄がマモノ除けを願いトーチスタンドを作ったエピソードがありました。
この物語はトラベラーズカフェのマスターの話を進行させると聞くことができます。

---

こうした疑問に関するご質問は可能な限りお答えします。
作品側にも違和感が生まれないよう修正も進めます。

一方、制作ファーストであるため(書くほど制作が遅れるため)お約束できないことはご承知おきください。
物語の余白、行間に違和感ではなく、想像が膨らむような作品づくりを心がけていきます。

2020年10月29日

【RPGツクールMV】【RPGツクールMZ】VSコード向けインセンテンス

LunaSense - RPGMakerMV/MZ Intellisense


製作者:kino様
できること:
・VSCodeでRPGツクール用の予測変換を出してくれるようになる
例._と打てば、_Game_Battler_prototype_regenerateAllが変換候補に出ます

導入方法:
ダウンロード先
https://github.com/LunaTechsDev/LunaLite/tree/master/dist

・MVの場合
jsフォルダの中に以下を保存
jsconfig.json
lunalite-pixi-mv.d.ts

・MZの場合
jsフォルダの中に以下を保存
jsconfig.json
lunalite-pixi-mz.d.ts

あとはVSCodeを再起動して、VSCodeでツクールプロジェクトを開くだけです。

参考:英語解説
https://forums.rpgmakerweb.com/index.php?threads/lunasense-rpgmakermv-mz-intellisense.126646/

2020年10月19日

【Audacity】 2.3.3 ループ設定方法

【Audacity】 2.3.3 ループ設定方法

Audacityのバージョンアップで(英語を日本語直訳にした影響か)インターフェースが分かり辛くなったので整理。

まとめ:
・「選択範囲の開始点と長さ」を選択
・単位は「サンプル」
・「メタデータタグを編集」で
 LOOPLENGTHに長さ(右側のサンプル)
 LOOPSTARTに開始点(左側のサンプル)


「選択範囲の開始点と長さ」を選択
audacity_201020_1.png
単位は「サンプル」
audacity_201020_2.png
「メタデータタグを編集」で
 LOOPLENGTHに長さ(右側のサンプル)
 LOOPSTARTに開始点(左側のサンプル)
audacity_201020_3.png

【RPGツクールMV】キャラクタージェネレーター拡張ツール

RPGツクールMVのキャラクタージェネレーター拡張ツール
製作者:Schlangan様
http://schlangan.free.fr/mvxgen.html

◆機能
・素材候補のフィルター機能
・オリジナルカテゴリ作成
・オリジナルカテゴリに色パターンを追加
・アンドゥ、リドゥ
・ランダムのルール作り
・最近使用したファイルの表示
・グラデーションのパラメーター設定
・MVのcharacterインポート機能