検索
現代SFRPG「重力ルーペ/探求リバーブ」

ドラマティックRPG「バンドワゴン」

ハートフルRPG「地図の時間」

ビジュアルノベル「日向と香水」

ノベル×ADV「ストーリーテラー」 title1_2.png
カテゴリ
リンク集
【スポンサードリンク】

【ツクール新作】




【創作全般】






シナリオ制作


設定作り


最近読んでよかった本五選





創作意欲を掻き立てる本


自己管理術


クリエイター向けノウハウ

2018年09月12日

2018/9/13 制作記:アウトプット

◆2018/9/13 制作記:アウトプット

素材情報をアウトプットです。
-----

3日前に上の文言とリンクだけ書いて時間投稿設定した記事が、編集する間もなく公開されていました。
……うかつでした。
というわけで事後フォローです。

掲載した素材は各カテゴリのページにも追記しています。

rpgmakercentral.comは次の記事に一癖ある登録方法をまとめたので、ご参照を。
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/1192/0

せっかくなので加筆します。
3年で1192とか1193記事を投稿しているこのブログ。
粗い記事も多々ありますが、手を動かして、頭の中に留めておかないことを意識しています。
それにはメリットがあるのですね。

情報をストックして「いつか見よう」、「いつか試そう」の「いつか」って、いつか。
「9/13――あ、今日がそのいつかだ」なんて天啓を感じることは、まずありません。
だから能動的に試したり、書きだすことで頭の中から追い出します。
そうして生まれた頭の空きスペースには新しいものが入りますし、小さくても日々の達成感は自分を喜ばせます。
私はこうした自己成長に面白さを見出すタイプ。
ストレングスファインダーでもこういう並びです。
20180913_10.jpg
意識高い系とか笑われると良い気はしませんが、そうした言葉で遊ぶ側にはなりたくないなと思います。

ブログは自分にとって相性の良いアウトプットである一方、書くことが目的になる危険性もあるから、書きすぎないことも意識しています。

人が技術を身に着けるとき、今できるスキルと未知の境目に挑戦することが大切。
習熟したことだけを繰り返す10,000時間と、習熟と挑戦を織り交ぜる10,000時間は等価ではありません。
手癖と思考のままにブログを書いても得るものは少ないのです。

昨日なかったものを見つける目。
目的に対して行動する脳と身体、それを維持するための健康管理。
一過性で終わらせない、長期的な戦略思考。
そういったもろもろを並べるとシミュレーションゲームのような面白さが浮かび上がります。
そこに幸せになろうとする目標を加えると、気持ちに余裕が生まれます。

2018年9月13日の木曜日、睡眠時間を少し削った今日ですが、昨日できなかったことをして、人を喜ばせることに繋がればいいなと、そう思います。
-----

◆ツクール向け素材

■ツクール28周年記念素材セット
・海外フォーラムの有志作者が投稿した素材セット
・タイルセット、音楽素材など
LeonKennedy_Preview.png

説明/ダウンロード先:
https://rmw-restaff.itch.io/restaff-rpg-maker-28th-birthday

■RTP改変エネミーセット
・MVのフロントビュー/サイドビュー改変素材
・クオリティが高いです
制作者:今日のエターナラー様
説明/ダウンロード先:
https://tm.lucky-duet.com/viewtopic.php?f=6&t=6603

■MVRTPの改変素材
・宝箱の色パターンは個人的にオススメ
制作者:Meep007様
説明/ダウンロード先:
https://www.rpgmakercentral.com/topic/37217-meeps-mv-rtp-editsrecolors/

■MVRTPの改変素材
・本の改変素材が充実
制作者:Point08様
説明/ダウンロード先:
https://www.rpgmakercentral.com/topic/35426-pixel-point-point08s-edits-and-customs/

■木の素材
制作者:アガハリ様
説明/ダウンロード先:
https://goo.gl/sCJRsN

■アコースティックギター
制作者:めっつ様
説明/ダウンロード先:
https://goo.gl/4fxG86

◆外部ツール

■ウディチップビューアー
・タイルセット、キャラチップのアニメーションパターンを確認するツール
・RPGツクールMV規格にも対応
制作者:八百雨(yaosame)様
http://yaosame.m22.coreserver.jp/apps/autotile/

■エフェクト制作ツール「Effekseer」
・CC-0ライセンス※で提供されている2D/3Dエフェクト制作ツール
・企業採用実績もある表現力のあるツール
制作者:effekseer様※便宜上このように表記させて頂きます
https://effekseer.github.io/jp/
※CC-0ライセンス…著作権を主張せず解放しているライセンス。詳細は以下参照。
https://creativecommons.org/publicdomain/zero/1.0/deed.ja

◆その他
■サガフロダメージ計算機(エクセルファイル)
・ダメージ計算式だけでなくスキル名、効能などデータベース資料として充実
制作者:はたぼー様
http://www.geocities.jp/hboh2511/other/sf-dmg.xlsx
posted by tabirpglab at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 制作記

2018年09月11日

RPG MAKER CENTRALについて

◆RPG MAKER CENTRAL
海外サイトを巡回していて、発見したので共有です。
RPGツクール系ユーザー、Unity系ユーザーはぜひご覧になってはいかがでしょうか。

■RPG MAKER CENTRALとは
RPG MAKER CENTRALは海外有志により運営されているフォーラムです。

・ツクール(RPG Maker)シリーズ以外にも、GameMaker,UNITYの話題、素材を扱う
・レイアウトは公式フォーラムとほぼ同一
・ログイン数は50人〜(国内フォーラムと同等、海外フォーラムの1/10程度の規模)
 サーバー所在地がアメリカのヒューストンなので、米国の利用者が多そう

RPG MAKER CENTRAL
https://www.rpgmakercentral.com/

■利用方法
スレッド閲覧、素材ダウンロードには無料のユーザー登録が必要です。

1.画面右上の「Sign Up」から進み、生年月日を入力
20180911_30.jpg

20180911_31.jpg

2.登録情報を入力
Display Name:表示されるユーザー名
Email Address:登録用メールアドレス
Password:アクセスに使うパスワード
Confirm Password:確認用パスワード
Welcome to〜:ここは”rpgmakercentral”を入力

20180911_32.jpg

Srcurity Checkにチェックを入れ、利用規約に異議がなければI agree to the Terms of Useにチェックを入れ”Create my Account”ボタンを押下
直後にメールアドレス宛に認証用のメールが到着しますので、確認してください。

公式海外フォーラムの規模ほどではありませんが、投稿ユーザーは重複しない様子です。
不定期でもチェックしてみると思わぬヒントがあるかもしれません。

余談:
海外公式フォーラムと国内フォーラムのログインユーザー数(サイトに表示)を比較すると、およそ比率は9:1。
海外のトレンドを見ておくことは、トレンドを掴んだり、作品の差別化を図るうえでも有用です。

読書の話/RPGフィールドマップ風カード

◆読書の話/RPGフィールドマップ風カード

趣味回です(広義では毎回趣味回なのですけれど)。

この頃はインプットとアウトプットのサイクルが上手く循環しており、良い手応えを感じています。
起点となったのは次に紹介する通称「東大読書」。

■「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書


東大生に共通してみられる読書法から、物事の向き合い方、捉え方、思考法をまとめた一冊。
偏差値35から二浪して入学した筆者の実体験をもとに、能動的な読書の有効性、本質を読み解く際に注目する点が、実直な言葉で語られています。
きっと躓いた経験があるからこそ、どこに気を付ければよいかが説明できるのですよね。

読書のための本というより、知的好奇心を育てる一冊としてオススメです。
本屋に並んでいると思うので、興味が沸いた方は本屋でぜひ。

■1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

こちらはタイトル通り、1日1ページ読んでいる本です。

人が行動を習慣にするには22日とも60日とも言われています。
習慣として定着させるコツはハードルを下げること。
具体的には「小さい単位」であることと「すぐアクセスできること」です。

本書は手に取り辛い教養カテゴリを1日1ページという小さい単位にして、タイトルで心理的障壁を取り払うことで読みやすくしています。

2ページ、3ページと続いたら興味が薄れそうな内容も、1ページだから好奇心をもって取り組めます。
たとえば就寝のために電気を消しても、思い出して起き上がれるくらい読まないと落ち着かない一冊です(実際にそんな日が何日もありました)。

何より、1日1つ知識を身に着けているという、小さなレベルアップ感が楽しいのですよね。
秋の夜長にオススメしたい一冊です。

■RPGフィールドマップ風カード
本ではないのですが、紙繋がりということで、こちらの製品をご紹介。

IMG_20180909_064820.jpg

ドット絵のシールで作るポストカードです。
不器用さと方向音痴に定評のある私ですが……

IMG_20180909_064855.jpg

ニトリのランチョンマットのうえで弄ること、かれこれ10分……

IMG_20180909_070716.jpg

できました!
(縁取りを失敗した感があるのはさておき)
パズルや知育ゲーム感覚でも楽しめます。
私が完成させられたことが、何よりの証明です。

IMG_20180909_070708.jpg

これを見つけたとき、かつてドラゴンクエストを模した結婚式の招待状が話題になったのを思い出しました。

ドラクエマニアが結婚式を開いたらこうなってしまった!
https://matome.naver.jp/odai/2139868073539175401

微笑ましいですよね、こういうの。
これを応用して招待状や同窓会の案内を作成したら面白いんじゃないかなって思います。
職業とか選べたら……なんて想像が広がりますね。

通販でも扱っているようですので、興味がある方はぜひ。
https://minne.com/items/11630744

以上、趣味回でした!
posted by tabirpglab at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 制作記

プラグイン/データベースを整理するコツ

◆プラグイン/データベースを整理するコツ

Twitterでプラグインの管理や切り分けに困っている光景を見かけますので、私の管理術をご紹介です。

■プラグイン管理画面での整理
私の場合、プラグインが200越えなので、機能、階層で区切りを入れて管理しています。
区切りには「system------.js」「------.js」のような空ファイルを作成して利用しています。

・カテゴリ管理:[System][1]--[〃][2](名称と番号でグループ管理)
 システム系プラグインが30ある場合、約10単位で区切り線を入れグループ化する
 競合時のON/OFF確認の目安にできます

・評価中:リスト末尾の[trial]
 新しいプラグインは末尾にいれて動作確認をします。
 動かない場合は先頭に入れて動作確認し、これで挙動が変わる場合はプラグインのロード順序を調査します。

・一時的に利用するもの:[temporary]
 データベース出力プラグイン、統合環境プラグインなど

・保留中:[on_hold]
 実装を迷っているもの

■軽量化のポイント
出力時には以下を実施することで、起動時のプラグインロードが早くなります。

・区切りファイルを削除
・権利作者表記以外のプラグインヘルプを削除
・コード圧縮※

※コード圧縮は評価時の動作と崩れる可能性があるので、要検証です

20180909_22.jpg

■データベースへの応用
先の区切りの考え方は、データベースの管理にも応用できます。
ポイントは次の通り。

・自分が見てわかりやすいかどうか
・問題発見やメンテナンスが容易かどうか

20180909_20.jpg

20180909_21.jpg

ストーリーと突き合わせるとより効果的。
整理しているうちにアイディアが閃くこともあります。

20180909_23.jpg

これらは自分だけで気付いたわけではなく、トリアコンタンさんのプラグインの実装やterunonさんの管理術を参考にしています。
この場をお借りして御礼申し上げます。

[Special Thanks]
トリアコンタンさんのブログ
https://triacontane.blogspot.com/

terunonさんのブログ
https://tri-nitroterunon37.wixsite.com/terunon


◆参考:
■コード圧縮
Online JavaScript/CSS/HTML Compressor
http://refresh-sf.com/

■パフォーマンス計測ソフト
https://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/personal/se481044.html

2018年09月09日

強敵を表現する要素

◆強敵を表現する要素

雑魚キャラと強敵キャラ、ボスキャラの違いをつけるために、自分で試した点を書き出します。

■項目
・大きさ(幅、高さ)
いわずもがなですが。
大きい=存在感がある、タフそう、力が強そう(鈍重そう)という既存イメージを使うことができます。
キャラ付けとセットで小さくて高性能という演出も有効です。

・色
色は属性、強さの表現手段として用いられます。
ステージの色で統一したり、あえて外して違和感を前面に出したりと使い方は多種多様。
詳しくはカラーイメージで検索してみてください。

・登場モーション
MOGHunter様、Yanfly様のプラグインを利用することで上下左右、アニメーションを追加させたりと工夫することができます。

・エフェクト
登場中の息遣い表現、揺れ方などですね。
MOGHunter様、やな様、Yanfly様がそれぞれ公開されているプラグインで実装できます。

・討伐エフェクト
敵キャラの特徴-その他-消滅エフェクトで設定できます。
より細かな設定はMOGHunter様、Yanfly様のプラグインで実装できます。

・専用バトルイベント
バトル中に発生する掛け合いは、敵キャラの印象として強く残ります。

ボス戦:バトルイベントを活用した文章の表示(ウィンドウ表示)
通常エンカウントのレア敵:(何度も見る可能性がある場合)Yanfly Gabを使って再生

前者はFFシリーズのギルガメッシュ、後者はマジックポッド(エリクサーちょうだい)のイメージです。

・敵グループにおける位置
見た目前衛タイプの敵を手前に配置、サイドビューの場合は右に配置、といった具合ですね。
更に敵の中でも力関係が存在する場合は、後衛に位置されるはずで、この辺りも意識しています。

またカーソルの初期位置も個人的にはポイント。
側近雑魚+ボスと囲まれている場合、初期カーソルは側近雑魚に当たるように登録順序を調整しています。

・その他
パーティクル、オーラ、BGM(敵の状態によって可変させるなど)。

■比較例
・中央ボスキャラの大きさを変更
20180908_50.jpg

20180908_51.jpg

・上からドスンと登場するドラゴン
20180908_54.jpg



RPG作品向けの内容ですが、これはARPGにも応用できる部分はあります。
例えば、次のプラグインを利用すれば、歩行グラフィックの拡大率、色調変更が可能です。

キャラクターグラフィック表示拡張プラグイン
制作者:トリアコンタン様
ダウンロード先:
https://raw.githubusercontent.com/triacontane/RPGMakerMV/master/CharacterGraphicExtend.js

キャラチップにはサンシロ様の残像エフェクト、MogHunter様のオーラ演出プラグイン、ツキミ様のパーティクルプラグインも適用でき、戦闘グラフィックに劣らない表現が実装できます。

以上、ご参考になりましたなら。