検索
現代SFRPG「重力ルーペ/探求リバーブ」

ドラマティックRPG「バンドワゴン」

ハートフルRPG「地図の時間」

新作「日向と香水」
カテゴリ
リンク集
【スポンサードリンク】


【新着・注目タイトル】


シナリオ制作


設定作り


最近読んでよかった本五選





創作意欲を掻き立てる本


自己管理術


クリエイター向けノウハウ

2018年02月18日

2018/2/18 進捗状況&雑記

2018/2/18 進捗状況&雑記

今週の知見をまとめました。


◆ツクール関連
■RPGツクールMV 1.6.0βテスト版の公開とアクセス方法
海外フォーラムで1.6.0のベータテストが公開されていました。
以下にアクセス方法をご紹介します。

1.6.0 Public Beta Test
https://forums.rpgmakerweb.com/index.php?threads/1-6-0-public-beta-test.87660/


アクセス方法:
・Steamの「ベータ」タブで「closedbetatestbranch」を入力
20180213_1.jpg
・入力後はテストバージョンを選択できるようになります
20180213_2.jpg

・ベータで上げたバージョンは下げることが可能
・1.6.0で試した限りではエディタの日本語化は維持

プラグイン作者さんにとっては本機能を使うことで、互換確認を進めることができそうです。
海外スレッドを読む限り1.6.0には次の内容が含まれています。
・NW.jsの更新
・JavaScriptES2015対応

予測される影響についてはプラグインの神※ことトリアコンタンさんがまとめてくださってます。
こちらもぜひお読みください。

RPGツクールMVのエンジン最新化による具体的なメリット・デメリット
https://triacontane.blogspot.jp/2018/01/rpgmv.html


プラグインにおいてはthisの仕様変更、requireメソッドの消失があり、影響が生じるものもありそうです。
現NW.js最終バージョンになる1.5.1系新規プロジェクト、作品プロジェクトはバックアップ推奨です。

※ラノゲツクールMVの紹介文より
20180213_10.jpg

■ツクール関連のセール
ツクールストアのセール(〜2/27 12:00)に加えて、Steamでも旧正月セールが始まりました。

Steam
http://store.steampowered.com/app/363890/RPG_Maker_MV/
ツクールストア
http://store.tkool.jp/news/421-2018-02-15-tkoolday
体験版
http://store.tkool.jp/dl

20180216_1.jpg
20180216_2.jpg
20180216_3.jpg

今回、SteamのDLCではこの辺りが値引き率が高めです。

・Season Pass
http://store.steampowered.com/app/426100/RPG_Maker_MV__Season_Pass/
2,980→1,013円

・RPG Maker MV - Frontier Works: Futuristic Heroes and BGM
http://store.steampowered.com/app/510200/RPG_Maker_MV__Frontier_Works_Futuristic_Heroes_and_BGM/
1,980→673円

・RPG Maker MV - MV Monsters HIBIKI KATAKURA ver Vol.1
http://store.steampowered.com/app/543520/RPG_Maker_MV__MV_Monsters_HIBIKI_KATAKURA_ver_Vol1/
980→333円

・RPG Maker MV - Katakura Hibiki's Lords of Darkness
http://store.steampowered.com/app/455223/RPG_Maker_MV__Katakura_Hibikis_Lords_of_Darkness/
1,280→435円

SeasonPassはVol3の列車タイル、歩行グラフィックは好みがあえばオススメ。
地図の時間でも大活躍しています。
フロンティアワークスさんの素材は内容自体はBGMあり、歩行グラフィック、立ち絵、フェイスありのオールインワンセットなのでボリュームはなかなか。
グラフィックが気に入るかが大きなポイント。
デフォルトと親和性の高い歩行グラフィック、敵グラフィックを増やしたいのであれば下二つはオススメ。

RPG Maker MV - Animations Collection II: Quantum
http://store.steampowered.com/app/783546/RPG_Maker_MV__Animations_Collection_II_Quantum/

アニメーション素材集のVol2も新登場。
ツクールストアでは発売してましたがSteamでも買えるようになりました。
真新しいアニメーションが欲しい方はぜひ。

■ツール

□ゲームエフェクト作成ツールProminence3D
制作者:藤宮翔流様
デモゲーム
https://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm5512
サイト
http://game-hikidashi.com/game_tkolminence/

アニメーションを自作するツールProminence3D(2,600円)をデモ作品を使いPRされていらっしゃいました。
作品自体も面白い構成になっていて、自作にこだわりたい方は一見の価値ありです。
個人作者さんのこういう取り組みが増えたら、もっと界隈が面白くなると思います。

またアニメーション素材を使いたいだけであれば、前述のAnimations Collection II: Quantumの方をお勧めします。

□ツクールMV のゲームをCordovaやcrosswalkを使わずにアプリ化するAndroid Studioのサンプルプロジェクト
制作者:wafs様
https://github.com/wafs702/rpg_maker_mv_android_sample

こちらAndroid用のアプリ向けテンプレートプロジェクトです。
アプリ方面はまだまだ参入者が少ないので、こういった取り組みや情報は本当に助かります。

■プラグイン

□戦闘終了後などのME再生直後に発生するInvalidStateErrorを回避するかもしれないプラグイン
制作者:シロップ様
ダウンロード先:
https://raw.githubusercontent.com/Thirop/RPGMakerMV/master/FixBugPlayMe.js

こちら修正系プラグインとして注目のプラグインです。
ちなみに作者さんは「めまぐるしき世界にて!」のシロップさん。
Twitterも実用的なことを呟かれていて、考え方などを参考にさせて頂いてます。
未プレイの方はぜひおすすめ。

めまぐるしき世界にて
https://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm4495

□イージングピクチャ
制作者:サンシロ様
・ピクチャ毎のモーション毎にイージングを設定
・座標移動、ズーム、フェード、色調変更に対応
https://drive.google.com/drive/folders/15fosV53_wVBDvr9MNabk201AdQRaTr6z

くらむぼんさんのイージングプラグインに次ぐ選択肢です。
ADV系作品や立ち絵の演出補助に活躍すること間違いなしです。

■ツクール系作品

いきのこれ! 社畜ちゃん 〜ドキドキ炎上社畜ライフ〜
https://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm5861?link_in=index_editorial-image

RPGアツマールの新IPコラボ系タイトルです。
元ネタがお好きな方はぜひ。
制作を担当されているのは「ノレイーダ」作者のおっぎーさん。
私にとっては社畜ちゃんよりも、おっぎーさんが制作担当したことの方が意味が大きいです。

ノレイーダの酒場
https://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm3796

先週も書きましたがシステム系作者さんの台頭が目立ったのは、応用力、発想力の高さがあるのかもしれません。
自作品のPRにも繋がるので、色々な方にこういうお話が回ってくるといいなと思います。

私も過去、コラボ物の制作担当をさせて頂いています。

http://blog.nicovideo.jp/niconews/14100.html

この件はディレクターさんがとても丁寧な方で、今振り返っても良い思い出。
UMI☆KUUNさんも堅実に作品を投稿するスタイルで活動されていて、クリエイター気質なアーティストさん。
外から色々な知識、影響を頂くので、コラボものは良い刺激や能力開発のきっかけになります。
一方で時間的な制約を大きく受けることになるので、自己管理が問われることも。
そのあたりのシビアな話はいつかブログで扱うかもしれません。
炎上したくないので、今はここまでです(笑)。


◆進捗状況
時間が足りずSS省略です。

■地図の時間 Chapter2
「バトルに程よい歯ごたえを!」をスローガンにデータベース周りを改善しています。
個人作品では重力ルーペV3あたりのバトルバランスを基準にしたいところ。
バンドワゴン、地図の時間は世界観含めて甘々なバランスにまとめすぎたので、ゲーム性を高めるように見直しています。

今調整しているレベルアップと装備品で変わるパラメーター変化の話を少々します。
パラメーターが変化するきっかけはレベルアップ、装備品の装着(装備ランクのアップ)があります。

例えば地図の時間だと、アクセサリ=パラメーター成長の要となっていて、2箇所に同じ装備が装着できます。
1レベルあたりのパラメーター成長率は3レベルで+1。
仮にランク1のアクセサリがDFE(防御力)+1、ランク2のアクセサリがDEF+3とした場合、こうなります。

・[ランク1][ランク1]=DEF1+DEF1=DEF2
・[ランク2][ランク2]=DEF3+DEF3=DEF6
・3レベルアップ=DEF1

入手できるアイテムのランクが1→2に上がっただけでDEFが最大+4、これはレベル12分の成長に相当します。
DEFだけを見たら装備>レベル価値となるわけで、すなわち雑魚は無視して宝を拾いまくってアタリを狙うというプレイが効率的になってしまいます。
また敵のバランスも難しく、最弱装備だとダメージを極端に受ける仕様になりがちです。
そこで考えた対策が次の通り。

・装備品によるパラメーターの上昇率は最小限にする(1ランクあたり+1成長)
 代わりにパラメーター以外の要素で付加価値「HP+〇%アップ」「〇耐性」を持たせる
 これはFF10のシステムを参考にしています

・その時点の最高装備であってもダメージが0にならないようにする
 ダメージ0=勝利確定のサインでもあるわけで軽視できない

・同ランクでもDEF装備とMDEF装備と分ける
 物理ダメージを減少させるDEF、魔法ダメージを減少させるMDEF(魔法防御)のように分けることで装備構成による攻略が広がる

 DEF+DEF(物理対策、魔法には弱い)
 DEF+MDEF(物理/魔法のバランスのよい対策)
 MDEF+MDEF(魔法対策、物理には弱い)

 敵にも程よく魔法スキルを使用させ、MDEFの重要さと魔法スキルの効能を作品内でレクチャーする

・レベルアップ時にはHPを割高に増やす
 HPが増えることで倒れにくくなる=レベルアップの価値を持たせる
 (DEF/MDFEを増やすのは装備品の仕事であると割り切った仕様)

計算式で味付けをすれば更に調整が進むことでしょう。
ある方は黄金比を計算式に取り入れた方法をとっていらっしゃいました。
この見えないところは各作者さんのアイディアが光るところで、マニアックかつ面白いところ。

レベルアップの価値を維持するのはとても大切なことです。
私が考えるRPGの醍醐味は正解は一つではないということ。
昔のアクションゲームの場合、プレイヤースキルがクリアに必要な要素で、私は楽しみを感じる前に諦めるクチでした。
だからマリオシリーズはクリアしたことがありません。

けれど聖剣伝説のようにRPG要素があると、装備品やLV上げをすることで、プレイヤースキルがなくともクリアできます。
ゲーム下手な私にとって、心を折られないジャンルってRPGやSRPGだったので、こういう原点は大切にしたいのです。

■余談
一月の終わりごろから、二つのことにハマりだしました。

一つは苺すなわちストロベリー。
気まぐれにスーパーに陳列された「ゆうべに」という銘柄の苺を食べたら、その美味しさに感銘を受けたのですね。
それ以降、苺の食べ比べをしていました。
以下はそんなどうでもいいメモ。
IMG_20180129_223442.jpg

●ゆうべに
身体に浸透するようなみずみずしさが第一印象
口の中で溶けるような食感
これを食べて苺にハマった罪深き苺

●スカイベリー
粒が大きく、果肉の密度は随一
甘さ、酸味が凝縮された
価格通りの価値ある一品

●さがほのか
みずみずしく、やや小粒
甘さは控えめ、透明感ある果汁
これは飲むイチゴと位置づけ

●いばらキッス
大きさ、甘味、食感、どれも個体差のばらつきが大きく野性味溢れる
リーズナブルな価格でもあるので、満足感が高い

●ゆめほのか
粒が大きく、みずみずしさが特徴
まるで苺を飲んでいるようなのどごし(?)
外見の個体差は少ないものの、味は甘味と酸味のばらつきがややあり

●とちおとめ
価格と品質のバランスが良い一品
甘すぎず、酸味も過ぎず、とにかく過ぎることがない安定感
苺界のユニクロ

●紅ほっぺ
良いパックにあたったのか、粒が均一で綺麗
誰もが思い浮かべる苺をそのままグレードアップした感じ
種にも食感があり、ジャムになる前の苺を思い描ける

●まるごと苺
この甘さは反則級

あまおうのような有名どころが未着手…というか買うときは食べた銘柄を覚えていなくて、躊躇することもしばしばなのです。
今後はこの記事をメモ代わりにしっかりと(?)選定していく所存です。

総じて九州の苺は実が大きさ、みずみずしさなどから土地の恵みを感じました。
これは水源の良さも影響しているような気がします。
関東の苺は価格も味もリーズナブルで食べやすいのが特徴。
私の住まいの地域では取り扱い品種も多く、選択肢が多さも嬉しいところ。
毎食のデザートといかないまでも、たまには苺味ではなく苺そのものに触れてみてはいかがでしょうか。

もう一つがラッキーアイテム集め。
DWNFLk0VAAMYXwI.jpg

期間限定のパッケージで、幾つかはもう店頭では買えません。
レトルト食品とか久しぶりに買いました。
サラダが中心の食生活である自分にとって、カップ麺なんて一年ぶりです。
お菓子もこれ系は普段食べないので、全て消化するのに二か月くらいかかりそう。
麗しき不健康がここに。

冗談半分ですが、買い物一つにしても目的が一つ増えると視野が広がり、時に面白いアイディアに繋がります。
後付けのような気がしなくもありませんが、そこは触れないのが優しさです。



来週2/19〜週は色々と予定づくし。
お友達のKyoHeyさんが「日向と香水」の実況してくださるとのこと。
アビッサルアンカーの実況が素晴らしかったので楽しみです。
https://youtu.be/1JGB5rkUMNI

次回は2/25夜更新予定、面白いお話ができるかもしれません。
というわけで、めまぐるしい日常を切り抜けましょう。
posted by tabirpglab at 22:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 制作記

2018年02月12日

2018/2/12 進捗状況&雑記

2018/2/12 進捗状況&雑記です。
この1週間でチェックしていた情報をどかっとご紹介です。


◆素材
■キャラチップ/妖精・フェアリー(MV用)
制作者:moge-moge-kun様
ダウンロード先:
https://dearplace.wordpress.com/2018/02/07/fairy/

■アイコン/VX-Ace風のイラストアイコン(MV用)・ファンタジー・現代他
制作者:moge-moge-kun様
ダウンロード先:
https://dearplace.wordpress.com/2016/04/05/icon-html/

■基本スプライト感情とアニメーション
・歩行グラフィック/SVバトラーの表情差分、姿勢差分
制作者:whtdragon様
ダウンロード先:
https://forums.rpgmakerweb.com/index.php?threads/base-sprites-emotes-and-animations.56332/

■ケーキ/テーブルのマップチップ
制作者:whtdragon様
https://www.patreon.com/posts/16940068

■フキダシ(バルーン)素材
制作者:tatibana様
https://twitter.com/tatibanabanana/status/789634108670390274
https://twitter.com/tatibanabanana/status/797706613469626368

■スプリングカラーの水彩デザイン素材バンドル
2/16まで97%OFFの$9
https://goo.gl/eujap4

■フリーフォントバンドル
2/末まで$104分の英字系フリーフォント
https://thehungryjpeg.com/free-font-bundle/

thehungryjpeg.comはアカウントを作っておくとセール情報を受け取れます。
デザイン方面に興味がある方はチェックしておくといいかもです。


◆プラグイン
■タッチ後の目的地を表す軌跡(スプライト)を非表示
制作者:ツミオ様
説明/ダウンロード先:
https://goo.gl/ph553e

作品の没入感を高めるのに有用だと感じたプラグイン。
精密な入力操作を行う時はスプライトがあった方がいいので、スイッチで使い分けできる設計も〇。

■攻撃対象選択時に弱点や耐性を表示
制作者:しぐれん様
ダウンロード先:
https://goo.gl/pmEbdD

■セーブパス再配置プラグイン
・セーブデータの保存先を変更する
制作者:セアロソンク様
ダウンロード先:
http://jsbin.com/begexujote/edit?js

■イベント中もセーブ可
制作者:蔦森くいな様
説明/ダウンロード先:
https://paradre.com/saveinevent-plugin

イベント中のセーブ実行はイベントの実行内容を保存するため、容量が肥大化する可能性があります。
イベントページを分けることで軽量化可能なので使いどころはご注意を。


◆ツクール関連イベント

■ツクールの日セール
2018/2/13〜2/27の期間RPGツクールMVを中心とした製品がセール価格になります。
価格もツクール(2+96)にちなんだ語呂あわせになっているきめ細かさ。個人的にこういうの好きです。

2月15日は『ツクールの日』! 14日間限定・記念セール!
http://store.tkool.jp/news/421-2018-02-15-tkoolday

値引き率が魅力なのは確かですが、私は体験版をプレイしてから購入を判断することをお勧めしています。
購入してもご自身の環境で動作しなかったり、思ったものと違うと意味がありませんからね。
良い買い物をなさってください。

無料体験版はこちら
http://store.tkool.jp/dl


■ツクールwebフォーラムでツクールの日記念イベントが開催
ツクールの日記念イベントとして海外との連動企画が行われています。

質問・交流スレッド|ツクールの日記念展覧会
https://goo.gl/nX98Pv

RPG Maker 28th Birthday : Release Something Event
https://goo.gl/KBs7E5

このような企画が実現して、本当に嬉しい!
私は扱える/扱えないとは別に、言葉の壁を感じたくない人です。
例えば海外の方は比較的気軽にコミュニケーションを図ろうとするのに対して、日本の方は抵抗が強いような空気を感じます。

人と人が対話するのに何を躊躇する必要があるんだろう、って私思うのです。
誤訳交じりの、機械翻訳でもいいじゃないですか。
最初に機械翻訳だけど、と一言前置けば相手方は汲みとってくれます。
そんなことで技術交流や何かの機会を失うのって、勿体ない。

こんなモヤモヤを時折感じていただけに、本企画が実現したことが嬉しいのです。
調整に向けて動いてくださった方、運用面を支えている方の努力の成果だと確信しています。
(と、一個人として感動していました)


■自作ゲームフェス2018 受賞作品発表!
自作ゲームフェスの結果が発表されました。
結果は以下サイトからご覧いただけます。

http://sp.ch.nicovideo.jp/indies-game/blomaga/ar1420748

以下、プレイした中から簡単にご紹介。

●めまぐるしき世界にて!
https://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm4495

随所に好きなものが詰め込まれた素晴らしい作品でした。
RPGが好きじゃないと気付かない点をこだわりきっていて、プレイヤー目線でも作者目線でも感動。
Steam、アプリ展開も考えていらっしゃるので、作品の展開も楽しみです。

●ビギニングクエスト 〜ベクセリアワールド物語〜
https://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm4464

開始直後から8bit全振りが伝わる作品。
硬派という言葉がこれほど当てはまる作品は希少です。
レトロ感が好きな方は間違いなくハマるはず。

●Noadesire -ノアディザイア-
https://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm5725

知る限りチーム制作で最高峰のツクール作品。
ゲームデザイン、UI周りのアートワーク、アイディアの噛み合い方など、見どころ多数。

●ノレイーダの酒場
https://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm3796

2017年に放置ゲームの枠を飛び出して存在感を示した作品。
ゲームの本質的な面白さを教えてくれます。
作者さんの柔軟な制作スタンスも作品を伸ばしている気がします。

●カルドラ2EX
https://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm5476

独創性が光るアプリ化してほしい作品。
数学バトルの爽快感は本作ならでは。
学校のPCにバンドルしたら、ツクールが普及すると思います!

●Alteradio -オルタラジオ-
https://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm5379

Achamothさん作というだけで説明不要のブランド感。

●拝み屋 百鬼ヤコウ 第一幕
https://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm4582

商業作品クオリティの演出。
これはプロの仕事です。

●うたかたみっか。
https://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm4410

個人的に好きな雰囲気の作品。
自分には「雰囲気」としか形容できない素晴らしさがありました。

●おさみみクエスト2
https://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm3405

うたかたみっかとは別ベクトルで雰囲気満載の作品。
定点観測の面白さが詰め込まれています。

●あかめ
https://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm3948

ホラー×システム系で振り切った作品。
ツクール製であることを忘れさせる。
これもまたプロの仕事です。

●終末★ランバーナイト
https://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm5723

BGMが最高に好み。
MAP上のキャラアイコン演出も光っていて、随所にゲーム外のセンスを感じました。

また未プレイで気になっているのはこの二作(理由は口コミです)。
備忘録かねて書き残しておきます。

●ロンリィセカイ《論理異世界》
https://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm5263

●ほろびのゆりかご
https://www.freem.ne.jp/win/game/16580

ここまでを振り返ると「めまぐるしき世界にて!」は素晴らしいとしか言いようのない作品でした。
この作品からプレイヤーや作者として得るものは大きいです。
システム系を得意とする作者さんの台頭も目立ちました。
この流れは以前から生まれているゲーム性の多様化を感じます。

一時期、極端に感じたプレイ回数志向主義も勢いを失いつつあります。
その考えは否定しませんが、理解し難い統計を持ち出した一時の流れは見ていて辛かったものです。
結局、必要な空気を感じ取れないほど世の中は鈍感ではない、ということだと思ってます。
個人的にプレイヤーの気持ちを汲んだこの流れは歓迎です。

また自作ゲームフェスエントリー外ですが、アビッサルアンカーは上記のタイトル群に並ぶべき優れた作品。
ネタバレを回避した紹介記事も書きましたので、興味を覚えた方はぜひプレイしてみてください。

 AA:アビッサルアンカー 〜無実釈明x記憶探索ADV〜
 http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/1098/0


◆進捗状況
タイムアップ気味なので、自分の進捗は箇条書きです。

■重力ルーペ
・アプリ切り出し実験、バトルUI、基盤見直し
・追加シナリオは検討中
20180212_10.jpg

■ブックモービル
・再アプリ公開に向けて、準備中
・重力、地図で使われているプラグイン群を基盤にしながら、ミニマム化
20180212_11.jpg

■地図の時間 Chapter2
・重力と同じく基盤見直しながら進め中
・本作は自作品のフラグシップと位置付けてます
20180212-3.jpg

■フェス作品
・変数を利用したゲーム要素をゴリゴリ追加
・心に響くシナリオとRPGとしてのゲーム性を両立できるかが本作および自分の課題
・コンテストには間に合いませんが、何らかの形で発表します

■心境の変化がもたらした制作への影響
今週はここに書いた倍以上にテクニカル、非テクニカル混在のネタがあり、それだけにアウトプットも厳選しています。

インプット→アウトプットが追いつかないくらい、日々得ているものは大きいです。
そして必要に迫られて行っているのは、思考のシンプル化。

以前は好む好まないとは分けて、多くに目を向け、そこから得るものを探していました。
けれどその方法は効果がないとは言わないまでも、もう必要ないなとはっきり理解しました。

注力すべき点を絞り、視界を晴らさないと時間の方が先になくなります。
創作で苛立ったときは、エッセイでも書いて筆力を研ぐきっかけにすればいいのです。
何かを判断する時も、目指すべきものが明確であれば、不要に削られることもありません。

またTwitterで見かけた論議の類も、今の自分には必要のない世界だと思いました。
繰り返しますが、得るものがないとは言いません。
ただ自分の時間を投じてすることではないという話。

時間の価値は人それぞれ。
娯楽に興じる時間も、物思いにふける時間も一律の物差しで括れるものではありません。
ただ私にとってそれは、自分が幸せを得るためだけに使うものでありたい。

Twitter1.jpg
Twitter2.jpg

上記もそんなことを思って実践している習慣だったりします。
あー……つい話題が重たさを帯びるのは自分の悪い癖。
でも多くの時間は夢中だったり、にこにこしています。

〆は昨日書いたエッセイ「谷の駅と逆光の夕焼け」の後日談。

谷の駅と逆光の夕焼け
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/1101/0

>そういえば気になっていた北欧の腕時計が欲しいなとか、そんなことを考えているうちに気持ちは楽しくなった。

20180212_180231.jpg

ノルマ達成&三連休取り組んだ自分へのご褒美に買いました。
工夫次第で、日常はこんなにも面白おかしくできるのです。
とこんなところで、また来週、何かを書きます。
posted by tabirpglab at 20:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 制作記

2018年02月11日

谷の駅と逆光の夕焼け

文章って書かないとさびついてしまいます。
というわけで、自分のメンテナンスを兼ねつつ、何気ない日常光景をエッセイとして書いてみました。
好きな方は読み進め下さい。



二月上旬にもかかわらず、その日は二か月先を引き渡したような陽気だった。
ノルマの何倍も作業をこなしたことに対する満足感の半面、その時間を別の事に充てたかったという愚痴にも似た感情が芽を出し始め、散歩に出ることに決めた。

政令指定都市とは思えない田舎の風景、花の名がつけられた地名、年季はあるけれど手頃な家賃の一軒家、どれもが自分の暮らしに馴染んでいて気に入っている。
近所の公園を周遊する程度のつもりだった歩みは、もやもやとした不満を消化するには足りず、目的を持たずに進み続けた。
途中でクリーニング屋、八百屋の並びにパン屋を見つけた。
仕事でこの土地に越して三年、家から徒歩十分の距離で、いまさらこんな発見に出会えたことが可笑しかった。
世間は狭いと思うけれど、世界は広い。意外と。

パン屋のウィンドウは眺めるに留め、再び歩き出す。
数時間前、読み終えたばかりの村上春樹の感想に咀嚼と落としどころを探していると、駅前に向かう坂にさしかかる。
坂の傾斜は、さりげなく空を視界に入れた。

ありふれた雲と空の色調は、心を適温に向かわせる効果があった。
瞬間、昨年取り組んだ作品「日向と香水」のことを思い出す。

作中では写真をイラスト加工した背景素材を使用しており、幾つかの写真は自分自身で撮影していた。
写真に雑味が混じらないようにと、早朝六時から自転車で撮影に出かけたことや、とある駅前の眺めが心地よかったこと――がスライドのように差し込まれた。
丁度いい、このまま駅前まで行ってみようか。
詰め込んだスケジュールにもそれくらいの遊びは許そう。
そう自分に言い聞かせると、意志をもって駅前に歩みを進めた。

目的地を決めた途端、頬は自然にほころび、景色の見え方は少しだけ変わった。
行き方の分からない紅茶と珈琲が飲める二階のスペースに気付いたり、店員さんが辞めて通わなくなった美容室に視線を向けたり、一定の色彩を崩さないレンタル屋の店構えに興味を探してすぐに失ったり。
横長にスペースのとられた花屋の前には「セール品」とポップがつけられた名も知らない花が並んでいた。
猫を撫でるように腰を屈めてはみたものの、部屋に飾るイメージが作れずに立ち去った。
それでもきっと同じ道を三往復もしていたら買っていたかもしれない。
たまたま今回は気まぐれが傾かなかっただけだ。

その程度には気になる存在というものは、世の中に溢れている。
本屋と雑貨屋はその待ち合わせ場所のようなものだ。
もしも無印良品の価格設定が程よく高くなければ、部屋の中は違っていたかもしれない。
それでも一定のボーダーを割ってきた好きなものは、自分のパーソナリティーになる。
今身に着けているものも含め、自分の型であり、自分そのもの。
そういえば気になっていた北欧の腕時計が欲しいなとか、そんなことを考えているうちに気持ちは楽しくなった。

それから数分も経たず、様変わりした駅前に着いた。
以前同じ場所で違う景色を撮ったのは、半年前の夏のこと。
その時は一部区画を工事していた程度の認識だったが、目の前には数段階を飛ばして完成された立体構造の駅前のショッピングセンターがあった。
建材に使われている木が香るくらいに、まだ完成してから日が浅かった。

意味もなく幾つかのお店に入り、商品に意味あるいは理由を見出して手に取る。
その中のひとつが「チョコとオレンジのパイ」という手のひら半分サイズの洋菓子。
材料の比率がわからないそれに、気持ちは運ばれた。
こういう意味のない選択にあっさりと落ちる自分の柔さは、見る人から見たらきっと欠点なんだろうな、とか思いながら後悔はしていない。
(結論としてはオレンジ7:パイ生地の食感2:色合いとしてのチョコ1の比率だった)

両手に軽いビニール袋を持ちながら、駅前を見下ろせる高台を目指す。
高台からは谷状の駅をまるごと一枚の絵のように見ることができることを知っていた。

景色に期待を膨らませ坂に向かった途端――夕焼けの逆光が雲を透過して言い表せない色合いになり、その日一番の景色になって現れた。

もしも自分が書いた作品のように一眼レフを持っていたのなら、きっと何枚もシャッターを切っていたことだろう。
家に置いてきたスマートフォンを悔やみながら、でも撮影したら減るもんな、と悔しさに蓋をする。

こういう瞬間にどれだけ出会えるか、気付けるか。
それは幸せと呼べるものだったり、あるいはそれを構成する欠片のようなものかもしれない。

「ついでに」とか「もしも」とかそんな言葉を幾重も足して、人と共有できたなら。
この文章で始めて使う「素敵」という言葉に値するものなんじゃないかな、と思う。
そして「思う」は少しずつ外していきたい。

帰り道、そんなことを思う気持ちの中に、家を出たときの悪感情は微塵も残っていない。

おわり



自分にとって文章書くということは息をするようなもので、楽しさのあまり時間を忘れます。
薄暗い気持ちが晴れるまでを描いたものですが、僅かでも感じ取れるものがあったなら、そして良い気分になれたなら幸いです。

本文で登場した「日向と香水」は次のリンクからダウンロード可能です。
パソコンでお楽しみいただけますので、よしなにです。

ラノゲツクールMV-サンプルゲーム-日向と香水
https://tkool.jp/lngmv/sample/index.html
※プレイする場合は「ダウンロードする(Windows用)/(Mac用)をお選びください
posted by tabirpglab at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム

2018年02月07日

「異世界勇者の殺人遊戯」に技術提供/プラグイン作者サンシロさん

◆「異世界勇者の殺人遊戯」に技術提供/プラグイン作者サンシロさん

プラグイン作者のサンシロさんがRPGツクール製発のメディアミックス作品「異世界勇者の殺人遊戯」に技術提供で参加されました。
今回はサンシロさんにフォーカスした内容で記事を書きます。

作品に提供されたのはコミックビューアー機能。

 異世界勇者の殺人遊戯
 https://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm1057


タイトル画面から「コミック」を選択することで楽しむことができます。
20180207-1.jpg

どういうことかというと……
20180207-2.jpg
コマごとにズームイン/アウト移動するのでコミックを読む感覚が味わえます。
電子書籍もできない素敵な演出を実装されているのです!
すごいなぁ。


◆サンシロさんについて
サンシロさんはツクールMV初期から、多くの機能的なプラグインを公開なさっています。

 サンシロさんのRPGツクールMV プラグイン一覧
 https://docs.google.com/spreadsheets/d/15cw-V0M-GuYHEX3ZcREr8zE0Ei-EEifrRZXPnFzoaFM/edit#gid=0

 サンシロアーカイブ(blog)
 http://rev2nym.blog.fc2.com/


私も愛用者の一人で、安定化の「ガベージコレクター」、容量削減の「未使用マップ削除」、演出強化の「残像スプライツ」は作品基盤の一部です。
他作者さんの作品でも「アナログムーブ」「自動マップ」「タイルトナー」や「セーブインデックス」を活用した軽量化を拝見していました。

サンシロさんがツクールMV界隈に残しているものは大きいし、プラグイン作者さんの存在の有難さはゲーム作者の方は誰もが感じていらっしゃることだと思います。
せっかくですので、印象に残っているプラグインをご紹介します。


 
■アナログムーブ
・アナログ移動(十字方向以外の移動)を可能にする
https://drive.google.com/open?id=0B9n88HOweCWsLWZkR3VPTjB2blU




■自動生成マップ
・入るたびにランダムなマップを生成
https://drive.google.com/open?id=0B9n88HOweCWscmxJTXRvZkVWMWM




■アクタージェネレーター
・アクターを複製
https://drive.google.com/open?id=0B9n88HOweCWsMVlaZWQ2MktqUEk



■アクターグラフィックスリアクター
・アクターの歩行グラフィックをスキル、装備品に紐づけて変更可能にする
https://drive.google.com/open?id=0B9n88HOweCWscklUTkR6dU5sM00




■タイルトナー
・マップタイルに色を付ける
https://drive.google.com/open?id=0B9n88HOweCWsT01WV1dZU2NoNlU




■残像スプライツ
・キャラクターとバトラーの移動に残像エフェクトを付ける
https://drive.google.com/drive/folders/0B9n88HOweCWsaE5GZ0ZzYjFHXzQ




■パララックスピクチャ
・ピクチャを遠景状に表示させる
https://drive.google.com/drive/folders/0B9n88HOweCWsQTVsS0hsYjV2cXM




■パララックスマップ
・通常のマップを遠景マップ風に実装する
https://drive.google.com/drive/folders/12irWDkCWO7_lvjx7EeyLO4ItWKXlNwKP




■未使用マップ削除
・エディタの未使用ファイル削除よりも安全に未使用素材を区別して削除する
(要バックアップ)
https://drive.google.com/open?id=0B9n88HOweCWsZF8zaUtjbE94c1k

参考:ツクールwebフォーラム「容量の削減について」
https://goo.gl/rJ9vcn

最新版コアスクリプトでは互換性が失われたものの、有用だったプラグイン

■ガベージコレクター
・メモリ管理用プラグイン
・コアスクリプト1.5以前では多くの作品で安定化に貢献したプラグイン

参考:「liply_GC.js」と「Oggy_1_3_1_MemoryLeakPatch.js」の使い分けについて
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/690/0



これをまとめている間、幾つもの感謝の声を拝見しました。
良いモノづくりをしていらっしゃる方に今回のような良いお話があるのは、見ていて嬉しい限りです。

昨日まではなかったモノが突然目の前に現れるのって、素敵です。
それは一見魔法のようですけれど、人目につかないところで研鑽された技術だったりアイディアの成果物。
形のない脳の閃きを、論理と努力と時間をかけてあわせて生み出されたモノなのですよね。
利用者の立場としては感謝の言葉しかありません。

そんなことを猛烈に書きたくなりました。
これからのご活躍を楽しみにしております。
posted by tabirpglab at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム

作品紹介一覧

◆オススメ作品一覧
他作者さんの作品について紹介した記事です。

■ひびかけ色のキセキ〜portable〜
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/959/0

■RiSE 囚われ少女の魔法譚
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/999/0

■バグハンター2
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/1043/0

【AAシリーズ】
■AliasAche:エイリアスエイク
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/1031/0

■AlteredArcs:オルタードアークス
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/1032/0

■Arcs and the Agony Aide:願いの塔と呪われし家内
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/1033/0

■AA:アビッサルアンカー 〜無実釈明x記憶探索ADV〜 New!
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/1098/0