検索
現代SFRPG「重力ルーペ/探求リバーブ」

ドラマティックRPG「バンドワゴン」

ハートフルRPG「地図の時間」★新作


【RPGツクールMV+対応ゲームパッド】


【3DS版ツクール】
カテゴリ
リンク集
【スポンサードリンク】


【新着・注目タイトル】


シナリオ制作のお役立ち本


最近読んでよかった本五選





創作意欲を掻き立てる本


自己管理術


クリエイター向けノウハウ

2017年12月11日

セーブポイントの設置タイミングについて

◆セーブポイントの設置タイミングについて

RPG作品をプレイしていて、セーブポイントに関して気付いた点を書き出してみました。
特に「効果的だと感じたケース」は、私もあまり意識せず作品に取り入れていました。
それは自分がセーブで苦労するのが嫌だからなのかもしれません。


【効果的だと感じたケース】
■はじめて自由に操作できるタイミング
・チュートリアルとあわせることで、プレイヤー自身でストレスを調整できる(セーブ方法がわからないことのストレスは大きい)

■はじめてゲームオーバーになる可能性があるタイミング
失敗時のリトライ措置(失敗=オープニングからやり直しにならないように)

■ボス前
失敗時のリトライの救済措置
・全回復効果は持たせない(コスト度外視のダンジョン攻略が可能だとゲーム性がなくなる)
・セーブポイント使用時に何らかのコストを消費させるのも良い

■中間地点
プレイヤーが休息するか、継続するかの選択肢
・ロード再開時に目的、進行方向が思い出せると尚良い(自分の場合ここでプレイが中断することが多い)

難易度とは別にプレイヤーを長時間拘束するのは作品離れの原因になる

■選択肢分岐の前
選択肢があり、かつ先が分岐しているイベントの前
チャプター区切りとしての役割を持つこともある

代表的な例はドラクエ5の結婚イベント、デビルサバイバーシリーズのルート決定に関わるイベントなど
分岐が多いのにセーブスロット数が少ないとジレンマに陥る


【不要と感じたケース】
■セーブポイント同士の距離が近い
RPGで数分未満のプレイで到達できる距離の場合は、常時セーブ可能にした方がよい

■後戻りできない状態
ボス連戦の間、ラスボスを倒した後の世界など、ゲームの常態に戻れない場合は注意が必要

・戻れない旨の警告メッセージを入れる
・セーブ不可にする代わりリトライ可能にする
・リトライ都度、難易度が低下する隠れパラメータを設定する



時間をかけることでレベルが上がり(難易度が下がり)、多くのプレイヤーがクリアできる「RPG」というジャンル。
セーブポイントはその要とも言える機能ですが、常時セーブだけが解ではありません。
セーブポイントを限定することで詰みに対する救済措置や、プレイ体験の向上へ寄与することもできます。
これを機にどのように作品に取り入れるか、考えてみるのも良いかもしれません。
考えすぎて煮詰まったときは、セーブして明日に持ち越しましょう。

2017年12月09日

2017/12/9進捗状況/色々と

2017/12/9進捗状況です。
20日ぶりくらいの更新になりました。
こんなに空いたのは、もしかしたら初めてかもしれませんね。
Twitterでは合間に息抜き兼ねて呟くこともありましたが、基本的には何かしら進めていて、今も続く毎日です。
ま、それはおいおいと。

まずは最近のイベント系をご紹介です。

◆ツクール関連

■RPGツクールMV Advent Calendar 2017
https://adventar.org/calendars/2288

主催:しぐれんさん

今年も始まりました。ツクールMVのテック系記事月間。
現時点で一枠を残して埋まっている盛況ぶりです。
気付きを得る良い機会ですので、ご興味のある方はぜひ。

■ツクールフェス第三回作品募集が12/13〜翌2/28まで

ツクールフェス第三回作品募集の応募期間が発表されました。
ユーザー評価期間2017年12月13日〜2018年3月31日23:59とのことです。
そして上位10作品が最終選考に進むとのこと。

詳細はこちらをご覧ください。
https://tkool.jp/fes/collection2017winter.html





しれっと私も新作進めています。現時点で制作時間は125時間。
応募するかはさておき、同期間内に公開できるように頑張ります。

■ニコニコ自作ゲームフェス2018

特設ページ
http://ch.nicovideo.jp/game-contest

今回はRPGツクールMV以外の制作エンジンでも応募可能になりました。
部門も実況を意識した尺、年齢層なのかこれまでと趣向の変化が感じ取れます。
ご興味のある方はいかがでしょうか。




■ラノゲツクールMVの発売日、価格が発表

Steamで英語版が先行発売済みですが、日本語ローカライズされた発売日、価格が発表されました。

[DL版]
2017/12/14発売、6980円
[パッケージ版]
2018/3/1発売、8424円

参考:4gamer.net
http://www.4gamer.net/games/393/G039308/20171201046/

海外言語が発売一ヶ月先行するのはツクールMV(RMMV)と同じなので、海外開発のツクール製品の傾向なのかもしれませんね。
この期間を海外ズルいと考えるか、デバッグ兼ねたβ版期間(国内販売される頃には初期不具合は洗い出されている)と受け取るかは考え方次第。
英語さえ苦にしなければSteam版を購入して、一ヶ月先行で進めることが出来るとも言えます。

◆進捗状況

■「日向と香水」完成

完成しました。
近日公開予定です。
作品の内容については別途ページと機会を設けるとして、制作裏話を少し。

AUQJ1SeZ.png


完成した日は憑りつかれたようにPCに向かっていました。
どの作品もそうですが、完成間際の没頭する感覚は何とも表現できないものがあります。
喜怒哀楽なんてわかりやすい感情図ではなく、色々と混ざっているのですよね。
公開した時のプレイヤーさんの表情を考えることもありますし、スケジュール全体を振り返ってしまい(そんな場合じゃないのに)時間の割り振りを反省したり、瞬間的に気が急いたり。
でもそのピークを越えると今度は落ち着くというか、この作品を気に入ってくださる方に届けばいいなとか、穏やかさ混じりの感情になります。

今回とても印象的な思い出は、エンディングを制作していた時のこと。
作者として組み込み作業をしているのに、一人の観客としての目線になって「あー、こういうの好きだ」と言える感覚になりました。
好きな映画とか小説とかゲームに触れたときのそれに出逢えた感じ。

自分が好きと感じた体験と、自分の表現したいものが限りなくシンクロしたとき、そこに創作の醍醐味や神髄みたいなものがあるのかもしれません。
色々言いましたが、私が好きなものを作りましたので、私のこれまでの作品に感じるものがあった方は是非手に取ってください。
タイトルにも係った、エンディングの最後の一行が心に浸透することを願ってます。



現在はツクールフェス向けの新タイトルを進めています。
こちらは秘密主義の名のもとにひた隠しにします。

安定してきたら次は「地図の時間 Chapter2」も平行して制作ラインに加えます。
地図の時間……長編シナリオを仕上げた今となっては、こちらも再開が楽しみな一作。

現実同様、甘い話だけではきっとありませんけれど、苦難混じりの時間はきっと作中の人物たちが在るべきところに収めてくれるはず。
そんな物語を書きます。

気付けば12月ですね。
来年からと言わず、思いついたことはその瞬間から取り組む所存です。

どなた様も健康にはお気をつけて。
そして積み重ねたことが正しく認められることを願いつつ、私も励みます。
ではでは。
posted by tabirpglab at 01:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 進捗

2017年11月19日

2017/11/19雑記

2017/11/19雑記です。
といいつつも、手短ですみません。

・ブログは12月上旬に更新予定です
なので新着記事を楽しみにして下さる方は、その頃にお越しくださいませ。
ネタを沢山ストックしています。

・ラノゲツクールMVについて
11/19時点のラノゲツクールMV情報をフォーラムの以下スレッドにて追記しています。
ご興味ある方はご覧ください。

https://goo.gl/RRX8W3


・新作について
現在「日向と香水」というタイトルの追い込み中です。
おそらく年内に公開予定です。
どこかのタイミングで続報をお伝えできればと思います。

ツクールフェス新作はもう少し遅れての発表と公開になります。
どちらもチャレンジな取り組みとささやかなサプライズを盛り込んでいますので、楽しみにしてください。

「日向〜」は私の過去作との繋がりもあります。
未プレイの方は「重力ルーペ」「地図の時間」辺りを触って頂けますと、1.2倍楽しめること請け合いです。



紅葉も知らない間に、コートを着る季節になってしまいました…!
世間ずれも甚だしい状況ですが、これからの作品にぜひご注目ください。
よろしくお願いいたします。
posted by tabirpglab at 17:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | 進捗

2017年11月01日

2017/11/1 進捗状況/お役立ち情報棚卸

2017/11/1進捗状況です。
今回は私が頻繁に意識している思考ネタを書き出します。


◆5つのお役立ち思考ネタ

@失った集中力は取り戻すまでに平均23分かかる(カリフォルニア大学アーバイン校の研究)

作業中に声をかけられたとき、スマートフォンをチェックしたときなどがこれに該当します。
この23分の時間が少なくなるように意識してみると良いです。

例えば私はTwitterやメールチェック、食事や入浴はできるだけ集中させて、23分の回数を減らしています。

A15分の仮眠は3〜4時間の睡眠と同様の効果がある

昼寝ができる環境であれば、15分だけ昼寝をすることが効率的という脳科学の話。
私は会社で昼寝できない人間なので、休日に活用しています。

Bポジティブな考えを持つことで生産性が上がる(ショーンエイカー氏のTED)

ポジティブや幸福感を感じていると、生産性が向上するという実験の話です。

[ポジティブな状態の脳はネガティブな状態の脳の比較]
・31%生産性が上がる
・セールスマンの営業成績は37%上がる
・医者は19%スピーディーで正確な診断ができるようになる

「これを達成したら幸せになれる」と考えている方は、順番を逆にしてみてください。
「今楽しんでいる」という実感こそが、自己実現の手助けになります。

元ネタ
https://www.ted.com/talks/shawn_achor_the_happy_secret_to_better_work/transcript?language=ja

C多すぎる/連続する選択肢は判断を妨害する(コロンビア大学 ジャムの実験(法則))

選択肢が多いことで脳が疲弊して、楽な選択肢をする(選ばないという選択含む)という有名な実験があります。
またスタンフォード大学では、選択を繰り返すことでも脳は疲弊して、楽な選択をするということを発表していました。

コンセプトや仕様のような重要な意思決定をするときは、最終選考の数を減らしつつ、一日の早い時間帯、もしくは休憩後に行うことをお勧めします。

D願望が感情や行動を決定する(アドラー心理学 目的論)

願望が、感情や行動を選択しているという考え方です。
過去や生まれつきの要素に原因を見出さないため、コンプレックスを振り払ったり、自分の行動力や動機付けを強化したいときに有効です。

参考:
https://matome.naver.jp/odai/2148206325816211601
ベストセラー本「嫌われる勇気」が分かりやすいと思います


一方、脳科学では「パーソナリティ7次元モデル(ロバート・クロニンジャー氏)」でドーパミン関係の遺伝情報によって個体の傾向が決まるとされています。
真偽ではなく、思考を育む哲学の話として捉えてみてください。


◆シナリオ、テキスト関連
シナリオ、テキスト関連で有用なサイト様、ツール群です。
最終的にはどこかのページでまとめますが、今は雑多に書き出します。

■Clibor
作者:Amuns様
https://www.amunsnet.com/soft.html
クリップボードの機能拡張ソフト
・テキスト作業時は「常に手前」
・頻繁に活用する用語やコマンドを登録
この2機能だけでも作業の効率化が進みます
20171031-1.jpg


■単純作業に心を込めて 様
【WorkFlowyまとめ】WorkFlowyを育てる
http://www.tjsg-kokoro.com/workflowy/
WorkFlowyを高いレベルで使いこなす方法

■コロケーション辞典
http://collocation.hyogen.info/
品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示

■用例.jp
http://yourei.jp/
日本語の用例・例文のみを検索

■goo辞書
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/
例文検索

■連想類語辞典
http://renso-ruigo.com/
言葉に詰まったら検索

■語源由来時点
http://gogen-allguide.com/

■テキストマイニングツール
https://textmining.userlocal.jp/
テキストの中から単語の使用頻度、傾向を分析

■【キャラシート】キャラクター身上調査書 私家版【エクセル版】
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=33780384
キャラクターの深堀、バックボーンを考える際に有用

■句読点[。、]の正しい使い方、9つのルール
http://ebloger.net/punctuation/
『最適な文章の“黄金比”とは?』の項によると「一文の文字数=52.2文字、一文の読点数=1.49個」が良いとのこと

■CMAN
https://sozai.cman.jp/
アイコン素材が充実
WEBツールの編集機能が充実

■ICOOON MONO
http://icooon-mono.com/
モノクロのアイコン素材が充実



◆進捗状況

いよいよ11月。追い込み時になりました。
今回はこれから更新が滞り、TOP記事であり続けることを考えて、有用な情報にフォーカスしています。

11月1日現在は新作「日向と香水」ともう一つの新作ツクールフェス作品をもりもり進めています。
どちらも画面が出せないので、文字だけで説明します。

過去にモーメントでまとめていますのでよろしければ。
https://twitter.com/i/moments/edit/893621047492096000

■日向と香水

8月半ばからシナリオ制作を進め、先日シナリオ部分が完成したストーリーありきの作品です。
現在は毎日、ゲーム組み込みとシナリオの書き換えを同時進行で進めています。

先週は半日以上を移動時間に費やす日があり、集中して400曲ほど聴きこみ。
ストックしていた曲とあわせてBGMを決定しました。
かなりボリュームのある作品に仕上がると思います。

本作では自分が使いこなせる技術を、限界ギリギリの使い方で挑んでいます。
挑むと書きつつも、必達前提。
完成後が楽しみです。

■ツクールフェス新作

「そして魔女に会う」を楽しんでくださった方々へ感謝を込めて制作している作品です。
制作時間は現在105時間。
「日向と香水」と完全に制作時期が被っているため、ほぼ全てを移動時間で制作しています。
おかげで移動時間のメンタルがとても鍛えられています……という余談はさておき。

「そして魔女に会う」の要素はほぼありませんが、プレイした方が共通する雰囲気とか世界観を感じて頂ける作品になるはず。
ご期待ください。

■地図の時間Chapter2とバンドワゴン続編

こちらは上記二作品の完成後に、すぐに着手する予定です。
順番は地図の時間→バンドワゴンです。

冬内に完成を目標にしています。
ここまでの制作経験値が大きく活かされることを、私自身計算にいれています。

これら4作品が終わったら制作マラソンは一旦一区切り。
少しのインターバルをおいて、探求リバーブの再調整、重力シリーズの新作、もしくはApp公開などを戦略的に進めていけたらと思います(ここまで先になるとスケジュールの精度が下がるので、ぼかしておきます)。

■ツクールMVアドベントカレンダー2017

毎年楽しんで参加していたアドベントカレンダー。
今年2017年は、先の制作事情から参加を見送ることにしています。
投稿される記事を、作業の休憩中に楽しませて頂きます。

ツクールMVアドベントカレンダー2017
https://goo.gl/B7y6hV
主催:しぐれんさん

現時点で空きがあるようですので、気になる方は是非お声かけしてみてください。



今年の悔いが残らないように、引き続き手を動かし続けます。

「事実は小説よりも奇なり」

本当にその通りです。
ただ流れに翻弄されたり、浮かれて足下を掬われないように。
良い状況が訪れても、理不尽な不運に見舞われても、慎重で堅実で在りたいと思います。

これから寒くなります。
体調管理にはお気をつけて。
健やかに物事に取り組まれることを願っています。
ではでは。
posted by tabirpglab at 02:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 進捗

2017年10月28日

2017/10/28 Steamでツクールシリーズがセール中ほか

2017/10/28 ツクール関連情報をメインにお送りします。

◆ツクール関連
■ラノゲツクールMV情報が続々と

先行体験版の当選者から続々と情報が出ています。









モーメントに随時追加していますので、チェックにお役立てください。

ラノゲツクールMV情報
https://twitter.com/i/moments/903231950168637441

SteamではVisual Novel Makerという名称で登録されています。
発売日は11月17日。価格は未定、日本語は未サポート。
http://store.steampowered.com/app/495480/Visual_Novel_Maker/

■Steamでツクールシリーズがセール中

Steamでハロウィンセールが開催されています。
開催期間は11月2日午前2時まで。
ツクール本体系ほか、公式素材集、ハロウィンにマッチするホラーテーマ作品などがセール対象になっています。
**
RPG Maker MV
http://store.steampowered.com/app/363890/RPG_Maker_MV/
7,980→2,793円
ツクールMV。RPG Maker MVは海外版の名称ですが、日本語利用可能です。
購入前に体験版での動作確認をお勧めします。

体験版
http://store.tkool.jp/dl

**
RPG Maker MV Bundle
http://store.steampowered.com/sub/88038/
12,800→3,840円
SeasonPassなど4つのDLCが含まれたセットです。
**
RPG Maker MV - Festival of Light: Japanese Resource Pack
http://store.steampowered.com/app/558760/RPG_Maker_MV__Festival_of_Light_Japanese_Resource_Pack/
20171027-1.jpg

980→490円
神輿、看板、屋台、自販機などが収録されたタイルセットと効果音がセットになった素材集。
タイルセットは一枚なのでボリューム不足気味ですが、素材はここならではの一点モノ系なので気に入った方は是非。
なにげに猫カフェの看板があります。
**
RPG Maker MV - SAKAN
http://store.steampowered.com/app/608680/RPG_Maker_MV__SAKAN/
20171027-2.jpg

2,980→1,490円
1000種類以上のパーツが収録された素材制作ツール。
**
RPG Maker MV - Season Pass
http://store.steampowered.com/app/426100/RPG_Maker_MV__Season_Pass/
※バンドル版に含まれています
20171027-3.jpg
2,980→1,788円

旧ツクールシリーズの素材アレンジ(グラフィック、BGM)とスチームパンクなタイルセット素材、子供のキャラジェネレーター素材。
制作の幅が広がる良DLCです。



DLCについては、過去にこの記事も参考にしてみてください。

【セール時に活躍】STEAM版RPGツクール ユーザー別オススメポイント DLCの調べ方/見極め方
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/510/0


■RPGアツマールでセーブ容量が増加するキャンペーン実施中

セーブ容量・投稿容量がUP!【第2回フィードバックキャンペーン】
http://ch.nicovideo.jp/indies-game/blomaga/ar1354294

募集期間:2017年10月25日(水)〜2017年11月7日(火)23:59

上記キャンペーンサイトから感想を投稿すると、投稿者さんにはセーブ容量が、投稿された作者さんは投稿容量が増えるキャンペーンです。
作者さんとユーザーさん、ともにWin-Winなこのキャンペーンなので、ご興味のある方はぜひ。

……というわけで、さりげなく自作品をご紹介です。

□重力ルーペ(現代SFRPG)
https://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm3311
『すべては流星群の夜から始まった』
江ノ島をモデルにした土地で高校生たちが謎を追いかける七日間の話。

私の活動が大きく変わり出したきっかけの一作。
2017年5月に公開したアツマール版は、キャラクターの感情表現に力をいれてみました。
現代青春モノのRPGがお好きな方に楽しんで頂けましたら。
プレイ時間は5〜7時間。

□地図の時間(ファンタジーRPG)
https://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm868

 出入り口のない 不思議な家
 家の中には地図が届く 不思議な柱
 紳士と少年が交わす 不思議な会話
 始まります 地図の時間

『知らない者同士だからこそ、理解しようと歩み寄れる。何度でも』
放り出された世界で、流れるBGMはジャジーなサウンド。
目で耳で楽しんで頂けますよう。
プレイ時間は2〜3時間。

以上、慣れないキャッチコピーを照れながら書いてみました。

◆進捗状況
■年末進行!

書きたいことは山ほどあるのですが、上手く表現する余裕がないので控え目に書きます。
現在、今年後半の予定が押し寄せていて、目が回るスケジュールを駆け抜けています。
週刊少年ジャンプが二週間遅れで読めなくなった辺りから「ああ、去年の忙しさきた」と実感。
時々文章に素がでているのは推敲の手間を惜しんでいるからです。はい。

でも。
忙しさよりも、必要とされていることに喜びを見出せるおめでたい性格はこういう時便利です。

リンゴにペンを刺す動画や、恋ダンスが流行したときからもう一年経っているんですね。
昨年は結構ボロボロでしたけれど、今年は精神的に余裕です。
この差分に成長というか、歴史を感じます(たった一年なのにねー)。

日によって全速力は出せなくても、そこに落ち込まずに。
大きく転ばなければ立て直せるので、しっかりと地に足をつけて果たしたいと思います。
公開後の反響を妄想しては、にこにこしている作者、ここにありです。



密かなマイブームが「新生活.txt」というファイル弄り。
ファイル自体は単なるメモ帳。
中には自分次第で実現できる事柄を書いています。
来年新調を考えているPCのスペックとか、通勤経路を見直して空いた時間でやりたいこととか。

思いついたときに書き足して、疲れた時に読み直して。
そんなお手軽ツールは心の癒しです。
ただし、人に見られたら死ねます。

この諸刃のツール、よければお試しあれ。
ではでは。
posted by tabirpglab at 07:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 進捗