検索
ハートフルRPG「地図の時間」

地図の時間スピンオフRPG「影泥棒と魔法の手記」

リソース管理ダンジョンRPG「琥珀の道具士」

現代SFRPG「重力ルーペ/探求リバーブ」

ドラマティックRPG「バンドワゴン」

ビジュアルノベル「日向と香水」

ノベル×ADV「ストーリーテラー」 title1_2.png
カテゴリ
リンク集
【スポンサードリンク】

【ゲーム】




【創作】






シナリオ制作


設定作り


最近読んでよかった本五選





創作意欲を掻き立てる本


自己管理術


クリエイター向けノウハウ

2020年02月20日

RPGツクールMV「RTK1_Composite プラグイン」簡単・便利な使い方

RPGツクールMV「RTK1_Composite プラグイン」簡単・便利な使い方

yamachan様の合成プラグインがバージョンアップ。
このバージョンアップは以前私がご相談を差し上げたところ、要望に応えてくださった形。
感謝です。
多くの方に利用頂ければとおもい、私が組んだ最短手番をご紹介します。

プラグインページ
制作者:yamachan様
https://github.com/yamachan/jgss-hack/blob/master/RTK1_Composite.js
説明ページ:
https://github.com/yamachan/jgss-hack/blob/master/RTK1_Composite.ja.md
※基盤となるRTK1_Core プラグインも必要です
RTK1_Core
https://raw.githubusercontent.com/yamachan/jgss-hack/master/RTK1_Core.js

できること

・武器、防具、アイテムの合成システム
・確率設定で大成功、失敗を表現できる。成功先のアイテムも指定可能
・レシピ作成(スクリプトで個体指定可能)
・ソート機能(制作した順番で雑多にならない。ソートは共通指定のほか個体指定も可能)

アイテム(武器、防具)を1点ずつ選定して表示する合成ショップ

デフォルトではすべての品が表示されるため、私はこのように品を選定しています。

◆注釈:レシピ初期化
◆プラグインコマンド:RTK1_Composite clear
===========
◆注釈:表示したいレシピを登録
◆注釈:この例
   :i42:ヒールハーブ(薬草)
   :i46:クリアハーブ(毒消し)
   :i47:メメントモリ(フェニックスのお)
   :i…アイテム、w…武器、a…防具
===========
◆プラグインコマンド:RTK1_Composite add i42,i46,i47
◆プラグインコマンド:RTK1_Composite shop custom

0220_3.jpg

0220_3_2.jpg

作ったことのある品を表示する合成ショップ

・かけだしの錬金術師と一緒に成長するイメージ
・後述の作業場と異なり金をとります

◆プラグインコマンド:RTK1_Composite shop-safe learn
0220_2.jpg
0220_3_1_2.jpg


作ったことのある品を表示する合成場

・覚えたものを自宅の作業場で作るイメージ
・金かかりません

◆プラグインコマンド:RTK1_Composite workroom-safe learn

並びを整える

プラグインパラメーター「list sort」を設定しておくと、「作ったことのある〜」で
並びが整えられます(作った順にならない)

以上、4手番を抑えれば簡単に合成ショップが実現できます。
最後に、yamachan様、ありがとうございました。

2020年02月17日

ツクールの変数の値は、小数点以下が切り捨てられる

地形によって威力の変わるスキルを作ったときのこと。
小数点以下が切り捨てられることに気付きました。

rpg_objects.js563行目、変数の代入処理のところ。

Game_Variables.prototype.setValue = function(variableId, value) {
if (variableId > 0 && variableId < $dataSystem.variables.length) {
if (typeof value === 'number') {
value = Math.floor(value);
}
this._data[variableId] = value;
this.onChange();
}
};

この「Math.floor」は小数点以下を切り捨てるメソッド。
これが切り捨てられる原因。

「Math.floor」メソッドをプラグインで書き換えればどうにかなりそうです。
しかし弊害が怖いので計算式の該当箇所を百分率にすることで解決。
勉強になりました。

2020年02月16日

2019年12月〜2020年2月 ライフログ

2020/2/16
少し作業がおちついたのもあり、ライフログとしてのブログ記事を書きます。
自分でも見直すか分からないけれど、でもこう感じた、だから動いた、ということは残したいのです。

2019/12/2*
年末、景色が見たいなと思い立ち、2日前に飛行機と宿を予約。
旅にでました。
雲海を見ることは叶わなかったけれど。
良い意味で変わる街並みと悪い意味で変わらないもの、色々と心に思うものがありました。

(SF的な想像力で)もし自分が過去に戻れたらどうしただろう。
そしてもっと今より未来から今を思ったとき、未来の自分は今を使って何をするだろう。
そんなことを時折思いながら、走ってきたこの数年間。
旅を通じて自分を見るようです。

2020/1/2
旅で外食が続いたことをきっかけに自炊をはじめました。

これまでは出来合いのサラダをスーパーで買っていました。
朝夕はほぼサラダ。サプリメント、豆乳で脳と美容に良いものを選ぶ日々。
でも人らしく、温かいものが食べたいなと。
たまに買っていたセブンイレブンの金のカレーが美味しかったので(カロリーも成分もそう悪くない)、カレーを作ることにしました。

以来、週2回、野菜カレーwith玄米を作り、ほぼカレーを食してます。
放置&時短で作れるようにシャトルシェフを使用。
目標は、未来で自分以外の人に食べて貰ったときに「美味しい」と言ってもらうこと(笑)。
最近の課題はルー、香辛料選びをこだわることです。
なんなら作ろうか……とも思ってます。
食費が凄く浮くようになりました。

2020/1/同じ頃
旅の経験をきっかけに色々なものを処分しました。

・読み切れない資料
・遊ばないゲーム
・聴かない音楽
・座らないソファー
・ライフログをとる習慣(ログをとるための工数に耐えられなくなった)
・利用頻度の低いサブスクリプションサービス

加えて自分の資産の内部比率を変えたのもこの頃。
自分の数年後の分岐、どれにでも対応できるように。

2020/1/同じ頃2
朝5時起床生活を始めました。
ルールはこんな感じ。

・5〜6時の間に起床
・朝の空いているバス・電車で制作
・帰宅時間は変わらない(秘密)

職場はフレックスタイム。
帰宅時間が同じなら早く着いて仕事をする分、給料に反映されます。
1年間で相応の額になります。

2020/2Now
そして、今。

・ゲーム制作
・人生設計に寄与する勉強、スキル習得

ほぼこの2つで私の時間は動いています。

気付けば2月も中旬。
未来の自分が振り返ったときに、恥じることのないよう歩んでいるはず。

でも時々、これまで歩いてきた距離、これから先に望む景色があるのか(違う道を歩いていないか)、それは孤独な一人旅なのか(本当の意味で自分の理解者はいるのか。今の人間関係もいつか壊れるのではないか)を思うと不安になります。
その答えはいまは見えません。

◆◇

ゲーム制作について、毎日更新しています。
私の人間性はさておき、良いモノを作りたいと思う気持ちは本物。
ご興味を持ってくださった方はぜひ追いかけてくれると嬉しいです。

https://ci-en.net/creator/4244/article
posted by tabirpglab at 08:42 | コラム

2020年02月11日

【ツクールMV】文字の不透明度を調整

rpg_core.js内の//箇所を追記することで文字の不透明度を変更できます。

Window.prototype._refreshPauseSign = function() {
var sx = 144;
var sy = 96;
var p = 24;
this.contentsOpacity = 125;//不透明度を設定255→125で半透明
this._windowPauseSignSprite.bitmap = this._windowskin;
this._windowPauseSignSprite.anchor.x = 0.5;
this._windowPauseSignSprite.anchor.y = 1;
this._windowPauseSignSprite.move(this._width / 2, this._height);
this._windowPauseSignSprite.setFrame(sx, sy, p, p);
this._windowPauseSignSprite.alpha = 0;
};

200211_100.jpg

このままでは使い勝手が悪いため、スイッチをトリガーにON/OFFを切り替えるようにします。

Window.prototype._refreshPauseSign = function() {
var sx = 144;
var sy = 96;
var p = 24;
if($gameSwitches.value(1)){//スイッチ1番がONのとき
this.contentsOpacity = 125;//不透明度を125にする
}
this._windowPauseSignSprite.bitmap = this._windowskin;
this._windowPauseSignSprite.anchor.x = 0.5;
this._windowPauseSignSprite.anchor.y = 1;
this._windowPauseSignSprite.move(this._width / 2, this._height);
this._windowPauseSignSprite.setFrame(sx, sy, p, p);
this._windowPauseSignSprite.alpha = 0;
};

当初の目的とは違いますが、発見でした。

歩行グラフィックの頭身を調整するプラグインの使い方・テクニックなど

歩行グラフィックの頭身を調整するプラグインとは


RPGツクールMVで歩行グラフィック(characters)素材を二頭身からカスタマイズするプラグインです。
RPGツクールMVの素材は二頭身。
従来は素材側で対応する必要がありましたが、これがプラグインを導入するだけで実装できます。

販売サイト(BOOTH)
https://booth.pm/ja/items/1650606

価格:1100円(2019/10/31現在)
決済方法:Paypal、クレジットカード、銀行振り込み、コンビニ支払い
https://booth.pm/payment

アップデート情報

2020/2/11 茂みタイルに入ったとき、頭身を上げていないキャラ(動物とか)も頭身を上げたキャラと同じ高さだけ身体が隠れるようになりました。プラグインパラメーターで有効/無効を切り替えられます。
(あまり無効にする理由はありません。初期値は有効です)
200211_30.jpg


導入手順

@\js\pluginsフォルダにTN_SpriteExtender.jsを保存
Aプラグイン管理でTN_SpriteExtender.jsをON
これだけで画像のようなことができます。

(画像をクリックすると別ウィンドウで拡大)
TNSE1.jpg

できること

・胴体の引き延ばし率を小数点単位で調整(初期設定済み)
・頭と身体の境目を小数点単位で指定(初期設定済み)
・ファイル名の部分一致、完全一致で除外対象を設定(初期値で動物、倒れ、オブジェクト系画像の除外設定済み)
キャラジェネで作った子供キャラ、ドワーフキャラの頭身を変えないといった、カスタマイズが簡単に設定できます
自前で用意した三頭身素材はそのまま、といった組み合わせにも使えますね
TNSE2.jpg

再ダウンロード方法

製品ページから「購入済み/Have Bought」をクリック
https://terunon.booth.pm/items/1650606

200211_10.jpg

「Download」から再ダウンロードできます。
以前のバージョンも同梱されているので、戻したい場合でも安心です。
20_0212.jpg

確認したこと

・検証用プロジェクト(影泥棒と魔法の手記)では200以上のプラグインを導入していますが競合なし
YEP(Yanflyさん)系、MogHunterさん系、Terrax(ライティング)、パーティクル系ほか導入多数ですが、
問題ありませんでした

・trbさんのダッシュモーションプラグインも併用可能
https://tm.lucky-duet.com/viewtopic.php?t=1399
組み合わせると、見栄えが良くなるのでオススメです

設定前後の比較つき、走っている動画:
https://twitter.com/rpgmaker_kuro/status/1189575958975528960?s=20

・フキダシアイコン表示をしても違和感なし
TNSE3.jpg

応用テクニック

■ベッドに合わせたい場合
そのままだとベッドの上に頭が当たってしまいますが
ベッドをキャラ画像に割り当てて、ベッドを引き延ばすことで対応可能です。
TNSE4.jpg

TNSE6.jpg

RTP素材を加工したものを添付します(利用規約に従い、MV所有者のみ利用可)。
bedparts1.png
bedparts2.png

■ベッドの位置を調整したい場合

先の方法でベッドの位置を微調整したい場合は、
トリアコンタンさんのCharacterGraphicExtend.jsで調整できます
https://raw.githubusercontent.com/triacontane/RPGMakerMV/master/CharacterGraphicExtend.js

@プラグインを入れるAメモ欄に<CGシフト:1,0,-5>
これだけで5ピクセル下にずらせます。
上にずらす場合は-5を-6、-7……と調整
下にずらす場合は-5を-4、-3……と調整
TNSE7.jpg
TNSE8.jpg

・上級者向け
CharacterGraphicExtend.jsにはタイルセットの表示機能もありますので、
<CGタイルセット:ページ数,タイルセットID>
でも良いかもしれませんね。

ただタイルセットIDは複雑なので、先のイベント画像に割り当てた方が直感的に操作できます
https://www.f-sp.com/entry/2016/09/25/131242

・RTPの分解素材をこちらに保存しています
 -クリスタル
 -料理
 イベント画像のパターンとしてお役立てください
https://00m.in/hI82G

注意事項

・プラグインはプラグイン管理の上位に配置
 先の通り競合はありませんがプログラム上は優先処理させるために上に配置した方が良いです。
(プラグイン管理は上から下に向けて実行されます)

・商用、非商用、R-18での利用可能
 ライセンス管理の手続きがあるので、購入後はBOOTHから到着するメールをお見落しなく。
 システムで送信されるメールに「サークル名(利用者名)」を返信するだけです。

簡単に頭身を調整できる革命的プラグインなので、始めたばかりの方にも抵抗なく利用を検討頂けたらと思います。
以上、ご参考になれば幸いです。

販売サイト(BOOTH)
https://booth.pm/ja/items/1650606