検索
低リソースでプレイ可能なRPG「ブックモービル」
Get it on Google Play
現代SFRPG「重力ルーペ/探求リバーブ」

ドラマティックRPG「バンドワゴン」

ハートフルRPG「地図の時間」★新作


【RPGツクールMV+対応ゲームパッド】


【11/24発売、3DS版ツクール新作】
カテゴリ
リンク集
【スポンサードリンク】


【新着・注目タイトル】




【ツクール書籍】

【ロールプレイング研究】



【JavaScript参考書】





シナリオ・世界観












ネーミング





アイテム/武器/魔法





グラフィック






スマートフォンインターフェース

クリエイター向けノウハウ



2017年04月29日

2017/4/28 雑記/ふりーむ!コンテスト結果発表/ラノゲツクール/インタビューなど

2017/4/28 雑記です。


◆ツクール関連

■第12回 ふりーむ!ゲームコンテスト結果発表

第12回 ふりーむ!ゲームコンテストの結果が発表されています。

 http://www.freem.ne.jp/contest/fgc/12

受賞した皆様、本当におめでとうございます!
審査員の方のコメントが1つ1つ丁寧なのですよね。

中でも私もキャラクターを参加させて頂きました「ソシアルワールズ」さんも受賞(ブラウザゲーム部門で金賞!)されていて、ちょっと気分をわけていただきました。
TMLevolutionさん、おめでとうございます。

■ラノゲツクールが事前予約開始

サウンドノベルツクールをスマートフォンで制作できるアプリ「ラノゲツクール」の事前予約が開始されました。
(iOS)
http://yoyaku-top10.jp/u/t/MjI2Nzg
(Android)
http://yoyaku-top10.jp/u/t/MjI2Nzk


■ラノゲツクールF
さらに女性向けラノゲツクールの制作も発表されました。

スマホで書いてスマホで読める!
女性向けノベルゲーム作成アプリ『ラノゲツクールF』2017年春配信決定
https://www.famitsu.com/news/201704/28132179.html

(iOS)
https://yoyaku-top10.jp/u/a/MjI2ODE
(Android)
https://yoyaku-top10.jp/u/a/MjI2ODA

書き物系の作業はスマートフォンと相性がとてもいいです。
私もスマートフォンでシナリオをどんどん書き進め、実装する時に修正するというのが基本形。

例えばツクールMVやツクールフェス版のスピンオフ作品を、ラノゲツクールで制作するというのも考えられます。
こんな風に派生したアイディアを考えるのも楽しいものですね。


■ファミ通.comでツクールが記事に

ファミ通.comでツクールをテーマにしたインタビュー記事が掲載されています。

PC版『RPGツクール』100万本突破記念インタビュー!
Steamでの展開やコミュニティの活性化がヒットにつながった
https://www.famitsu.com/news/201704/29132229.html


□海外フォーラム事情
抜粋すると海外フォーラムの規模は次の通り。

・海外フォーラムの登録ユーザーは8万人超
・トピック数は約5万5,000件
・投稿数は47万以上
・1日あたり、約1万2,000件のログイン

海外の人口差が、そのまま表れていますね。
このように意味と目的が分かるデータは参考になります。

ちなみに海外フォーラムとはこちら。
英語アレルギーでなければ、ご覧になると発見があると思います。

 RPG Maker web Forums
 https://forums.rpgmakerweb.com/index.php

□国内開発部の考えや姿勢

インタビューから国内開発部の考えとか姿勢が伺えて、嬉しくなりました。

*****抜粋ここから

──開発期間中、『RPGツクール』開発部の公式Twitter(https://twitter.com/tkool_dev)で、新作に関する意見をユーザーから募集されていましたが、その反響や開発へのフィードバックはいかがでしたか?

一之瀬 創作活動をされているツクラーさんはもともと熱い方々が多いのですが、開発部で考えていることや想いと非常に近いことを改めて実感しました。『RPGツクール』の望まれる形としては、ツールとしてのバージョンアップはもちろんですが、素材や発表の場を含めた総合的な発展でした。これらの要望に関して、現在いくつかは実現しています。特に『MV』はバージョンアップの頻度が高く、現在もツクラーさんの要望をリアルタイムで取り入れて、発売時点からかなりの新機能が追加されています。

ジャック 技術の選択は大事ですが、世の中にパーフェクトなものは存在しません。開発側が信念を変えなければ、ユーザー側もサポートしてくれるんです。その点でも『MV』は恵まれていました。

*****抜粋ここまで

一之瀬さんもジャックさんもユーザー=制作者を捉えているコメントであることが読み取れます。
こうした考えに触れることができると、制作者は安心してツールを使うことができるし、制作者にとってのユーザー=プレイヤーのことに考えを専念することができます。

□その他

このインタビュー記事を読んでいると、色々な方が思い浮かびました。

*****抜粋ここから
フォーラム内でほかのユーザーを助けていただいている方々の中から、とくに知識と熱意を持っている方にコンタクトをとって、モデレーターとしてコミュニティ運営に携わってもらっています。
*****抜粋ここまで

これは海外フォーラムのモデレーターの話なのですが、国内フォーラムのモデレーターの面々も同じ基準で選定されたのだろうなと思いました。
私が中の人だったら、やっぱりそういう方にこそ加わって頂きたいと思います。

*****抜粋ここから
ほかのソフトウェアのコミュニティでは、ユーザーの質問に社員が答えるだけ、という一方通行な形が多いのですが、『RPGツクール』のコミュニティは、ユーザー間で答え合い、互いに助け合うものになっています。
*****抜粋ここまで

このくだりを読んで浮かんだのは、ツクマテ運営の弓猫さん。
弓猫さんはまさにインタビューにあるようなツクマテという場を創設した方。

 ツクマテ
 http://tm.lucky-duet.com/

ご自身は「互いに助け合う」を否定するかもしれないけれど、ツクールフォーラムwebにいち早く作品紹介のスペースに投稿してくださって、ツクマテのTwitterアカウントでも宣伝してくれました。

ツクールフォーラムwebとツクマテさんは競合関係ではなく、相乗効果をあげながら制作者を支援する良い関係。

例えば美味しい珈琲を出す喫茶店が2件あったとしたら、珈琲の消費量は喫茶店が1件に比べて増えるはず。
お店同士でいがみ合うことはせず、自分の持ち味やお客様を大切にすることに力を注ぐと思います。

海の向こうでは8万人の制作者がいて切磋琢磨しているのですから、なおさらですね。

*****抜粋ここから
ジャック ユーザーのフィードバックをみても、『RPGツクール』は、“人生の中で一番ゲームを作りたいときに手に届きやすく、モノにしやすい開発ツール”という位置づけのソフトでもあります。
*****抜粋ここまで

本当にこれ、その通りです。
だから私は今これを書いて、ここにいます(笑)。

開発者やデベロッパーの方が自社製品をユーザーと同じ目線で理解してくださっているって…とても感謝したくなるくらい嬉しいこと。
この方たちこそ、熱意の塊ですよ。

良いインタビュー記事をありがとうございました。
皆さんもぜひ、ご覧になってみてください。
きっとどこかに、かつての自分の姿が見つかると思います。

PC版『RPGツクール』100万本突破記念インタビュー!
Steamでの展開やコミュニティの活性化がヒットにつながった
https://www.famitsu.com/news/201704/29132229.html


◇◇

カレンダー通りの方にとっては、連休が始まりますね。
ここまでの1週間、とても長く感じました。
やっと待ち焦がれた土曜日です。

ではでは。
posted by tabirpglab at 01:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 進捗

2017年04月28日

2017/4/27 雑記

2017/4/27 雑記です。

◆ツクール関連
情報が盛り沢山です。

■ツクールストアでセール中
ツクールストアにて4/27〜5/11までGWセール中です。
最大60%OFF!
http://store.tkool.jp/news/405-forum-gw

オススメはこの辺りです。
・体験版をためして好感触ならSAKAN
・スチームパンク風素材がお好みならSeasonPass3のタイルセット
・和風テイストの素材を増やしたいなら公式素材集

 http://store.tkool.jp/products

でも安いから買うのではなく、欲しいから買うようになさってください。
お財布のリソース管理も大事です(?)。

■RPGツクールMV アップデートVer.1.4.1&SAKANアップデート配信開始

・ツクールMV本体はMacOS関連とSAKANの連携周りの不具合修正
・SAKANの不具合修正

 詳細はこちらをご覧ください
 http://blog.tkoolmv.com/entry/2017/04/27/164255

Windows環境の作者さんは影響が少なそうですね。

■ツクールwebフォーラム(β) がオープン

いよいよサービスが開始されました。
ツクールwebフォーラム。

 ツクールwebフォーラム(β)
 http://forum.tkool.jp

初日、少し参加させて頂きましたが、早くも沢山の方が登録してくださっています。
モデレーターの方について、こちらの記事でご紹介していますので、よろしければご覧ください。

 「ツクールwebフォーラム」サービス開始
 http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/903/0


◆雑記

今日の雑記はツクールwebフォーラムと、RPGアツマール 振り返り放送について、少し書きたいと思います。

■ツクールwebフォーラム

普段はTwitter上の交流が主なのですが、とても場が新鮮に感じました。
例えるなら、まだ誰も歩いていない新雪を踏むような感覚。
何もかも手探りな感じがいいです。

初めの投稿って、誰でも緊張するもの。
ましてやフォーラムに参加してくださっているのは作者さんが多い気がしますので、尚更ですよね。
だからこそ緊張を和らげたり、良い雰囲気づくりの一歩をリードしていけたらな、と思いながら活動した初日でした。

モデレーターが出しゃばり過ぎても良くないので、ある程度流れが出来たらのんびり眺める側に回りたいと思います。

◇◇

嬉しかったのはTwitter上でも交流のある方々が、どんどん参加してくださったこと。
とても心強かったです。

特にツクマテ運営の弓猫さんが、真っ先に書き込んでくださったのは嬉しかった…!
同じコミュニティ系スペースとして、お互いに良い相乗効果が出せたらなと思います。

またツクールフェスの作者さんが参加してくださったことも励みになりました。
ツクールフェスはコンテストの開催頻度が高いこともあり、いつもエネルギーに溢れています。
ぜひ、分けて頂きたく…!


■RPGアツマール 振り返り放送の感想

20170427_35.jpg

こちらはアンケートで「自作ゲームフェスの盛り上げに貢献した方」という設問の回答です。
ここでは感謝を伝えたく。

私の名前を挙げてくださった方、そしてコメント欄に同じように書いてくださった方、ありがとうございます。

私の方こそ、勇気を頂きました。
またここに名前がなくとも、いつも誰かのために活動されている方を知っています。
その数は両手では収まりきれません。
私も微力ながら、スポットライトをどんどん当てていけたらなと思います。

◇◇

気づけば週末はもう目の前。
疲れが溜まっている頃かもしれませんね。

良い連休を始めるためにも、無理なさらないでください。
遠距離の1RTに感謝しつつ。

ではでは。
posted by tabirpglab at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 進捗

2017年04月27日

「ツクールwebフォーラム」サービス開始

■「ツクールwebフォーラム」サービス開始

公式および各種メディアより「ツクールwebフォーラム」のサービス開始がアナウンスされました。

ツクールwebフォーラム(β)
http://forum.tkool.jp

ファミ通.com
https://www.famitsu.com/news/201704/27132072.html

20170428-13.jpg

作者同士の交流は気分転換になったり、モチベーションを頂くこともあります。
ぜひご覧になってはいかがでしょうか?

■フォーラムのモデレーターご紹介

フォーラムでは次の方々がモデレーター※として参加されていらっしゃいます。
ここで、その方々をご紹介します(50音順)。

※モデレーター:フォーラムの運営を支援するスタッフ

□えるふぁさん
20170427-e.jpg

和風と蟹(かに)をこよなく愛するイラスト、動画、フリーゲームの制作者さんです。
公式ツール「SAKAN -TILESET BUILDER-」の一部マップチップ制作を担当されています。
えるふぁさんは和風テイストを得意としていらっしゃっていて、特にHPで紹介されているイラスト解説は絵心の有無に関わらずお勧めの記事です。

HP:
http://erufwa1212.wixsite.com/erufwa
Twitter:
https://twitter.com/erufwa


□くらむぼんさん
20170427-kuram.jpg

コミュニティ版コアスクリプト制作の中心メンバーのお一人であり、プラグイン作者さん。
くらむぼんさんのプラグインはユニークなアイディアから派生しているものが多く、それでいて作者目線もお持ちなので、とても想像力をかきたてられます。
プラグインはサンプルデモを公開されているので、ぜひ独創的なプラグインの数々をご覧ください。

HP:
https://krmbn0576.github.io/rpgmakermv/homepage.html
Twiter:
https://twitter.com/krmbn0576


□terunonさん
20170427-terunon.jpg

絵描き、ボカロP(作詞/作曲/編曲/マスタリング/動画制作)、javascriptスキル持ちのゲーム制作者さん。
商業CD「アイドルーチュ! vol.0」では楽曲提供、ツクールMV初作品の「エイリアスエイク」は自作ゲームフェス敢闘賞を受賞、AndApp掲載、二作目の「オルタードアークス」はRPGツクールフェスのサンプルゲーム/殿堂入り。
華々しい実績の数々。それを実現するための努力を惜しまない姿勢にいつも学ばせてもらってます。

HP:
http://tri-nitroterunon37.wixsite.com/terunon/aliasache
Twitter:
https://twitter.com/trinitroterunon


□トリアコンタンさん
20170427-tria.jpg

数々のプラグインを公開されているプラグイン作者さん。
公式プラグインのサウンドノベルプラグイン「NobleMushroom.js」の制作を担当されています。
ライティングスキルや解説にも長けており、最近ではツクールイベントの講師活動の実績もあり。
使いやすさ、ソースの可読性に配慮されたプラグインはご本人のキャラクターそのもの。
どちらも多くの方に愛されています。

HP:
https://triacontane.blogspot.jp/
Twitter:
https://twitter.com/triacontane

◇◇

そして、私kuroもモデレーターとして参加しております。
自分のPRは省略して、代わりに意気込みを少し。

これまで海外フォーラムを見る度に、国内と世界の違いを感じてきました。
ツクールMVの発売日も海外が先行していましたからね。
(当時、体験版の抽選から外れた方は国内の発売を待ち侘びていたと思います…!)

今回のフォーラム開設は、国内と世界の距離が近づく第一歩。
私はそう思います。

そしてツクールフォーラムが実現したのは、国内のユーザーさんがツクール製品や作品を支持されてきた流れがあったからですね。

それは私がツクールを知る以前から、支えられ、受け継がれてきたものでもあります。

一例を挙げますと……
コミュニティで言えば、FMSさん、ツクマテさん。
人物で言えば初心者だった私を導いてくださったトモタカさんが浮かびます。

まだまだ未熟ではありますが、モデレーターの活動を通じて、楽しい場を広げていくお手伝いができるように頑張ります。

そしてツクールwebフォーラムが多くの方に利用され、創作活動の一助になることを願っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

2017年04月26日

【宜しければご協力ください】RPGアツマールでアンケートを実施中

◇◇
アンケートの期間(2017年4月26日 23:59:59まで)はこの記事をブログの最上位に表示しています
毎日、記事は追加していますので、他の記事もお楽しみいただけますと幸いです

◇◇


◆RPGアツマールでアンケートを実施中

多くの方に興味を持って頂きたい内容なので、ご紹介します。

PicsArt_04-20-12.34.42.jpg

RPGアツマールでアンケートが実施されています。

アンケートサイト:
リリースから4ヶ月が経過!【振り返りアンケート】
http://ch.nicovideo.jp/indies-game/blomaga/ar1247541

【内容】
・期間:〜2017年4月26日 23:59:59まで
・回答者には「RPGアツマール上のセーブブロック30ブロック」を付与
・「アツマール交流放送」で個別に返答
・放送は2017年4月27日(木)の予定

アンケートは自由記述の項目で構成されており、数分で終わる内容だと思います。
ご覧の皆様にはぜひ、この機会にお考えを伝えて頂けると嬉しいです。

ただお願いするだけではぶしつけなので、それぞれの方に向けて、私の考えをコメントさせてください。

■プレイヤーの皆さんへ
私は皆さんの声が1番大切だと思います。
作者は投稿したくなる場所と遊んでくれる人がいて、はじめて成り立つのですから。

だから皆さんが訪れたくなるような場所でないと、作者は作品を投稿する理由を失います。
少なくとも私はそうです。

より多くの方が「RPGアツマールを遊びたい」と思い、「素敵な作品と出会うきっかけを作る」ためにも、ご意見を挙げていただけると嬉しいです。

■製作者の皆さんへ
製作の公開場所や機会は、自分たちでより良くするものだと考えています。
思いついた良い点、気になる点がある方は、ぜひ挙げて頂けますようお願いします。

このアンケートで何が変わるかわかりませんけれど。
それでも意見を挙げなければ、変わるきっかけもありません。

皆さまの想像力の一部を、環境整備にもお役立ていただけたら、きっと物事は良い方向へ変わるのではないでしょうか。

■体験談から
私は「RPGアツマール」の場のおかげで二人の実況者さんとのご縁に恵まれました。
作品「地図の時間」を最後まで実況してくださったことは、本当に嬉しかった!

一方で思うこともあります。
2017年4月現在、RPGアツマールへの作品投稿を敬遠する製作者さんの気持ちも理由も、思い当たる部分があります。
これをどう表現しても、誰かしら不快に感じる方はいらっしゃるでしょうから、書くことも躊躇われます。
だからこそアンケートというのは、フェアな解決方法なのかもしれませんね。

■最後に
この記事はいち個人としての想いで書いています。
これまでも誰かに気に入られたくて作る作品、記事は一つもなくて、あるのは伝えたいもの。

それが少しでも伝わっているからこそ、私はこうして活動できています。
そしてこのような機会を、大切にしなければと思います。

誰のためでもなく、皆さん自身が好んで利用したくなる場を作るためにも、ご検討頂けると嬉しいです。
どうぞよろしくおねがいします。

宣伝と感想

2017/4/26雑記のつもりが、コラムになりました。
これを書いているのは、4/26朝の通勤電車の中。
会社員の朝らしく真面目回です。

◆宣伝と感想
とある冊子で面白いコラムを読みました。

創作において感想は、活動を支える大切なエネルギー源。
無料公開していて収益の仕組みがない段階では、この「感想」がモチベーションの大半を占めていると思います。

たとえ内容が酷評寄りであっても、プレイされている事実は嬉しかったりします。

けれど現実は1件の感想を頂くのもなかなか大変なこと。

私が読んだそのコラムでは、感想が来ない理由を受け止め、分析することを勧めていました。
そのうえで次のような提言をしています。

・ユーザーが作品を知るための機会を用意し、知ったあとに体験するための導線を用意すること。

たしかに。
感想は知る→体験する→その後から届くものですからね。

作者は感想をユーザーに求める前に、できることがあります。
具体的には次の点。

・体験者の数を増やす努力
・感想を送りやすい/送りたくなる仕組み

□体験者の数を増やす努力

まず思いつくのは宣伝。
宣伝というと、抵抗がある方もいるかもしれません。
けれどユーザーと作品を繋ぐ為の努力はやっぱり必要だと思うのです。

宣伝も味付け次第では、作品外の演出(作品の延長)になります。

例えばゲームのローディング中に、1コマ漫画や世界設定やキャラクター設定が表示されたとき。
ロード時間は、作品と繋がった時間になります。

イベントで配られるリーフレットも、好きなアーティストが掲載されていると、もう一部欲しくなります。内容(場所や時間)が古くなっても、リーフレットそのものに価値を感じるからですね。

宣伝も同じことで、工夫次第で価値を持たせた情報にすることができるはずです。


□感想を送りやすい/送りたくなる仕組み

これは前者に比べればシンプルな話。
感想を送るための場所や窓口が、適切に用意されていること。
ブログ、投稿サイト、様々なものが感想の受け口になります。
そこへ至るまでの道筋もまた、努力の余地がありそうですね。


□余談:自分の話

そういえば私が1年前に公開した作品では、ダブルミーニングで感想や関連作品への導線をモブに喋らせていました。
1年前の私、たくましい。

「そして魔女に会う」では、新機能の変数のデモを兼ねて、このブログへの導線を張っています。
今でもアクセスありますから、ありがたいお話です。

自画自賛な例をだしましたが、創意工夫を続けることも大切。
その工夫の一手間や考える習慣は、即効性はなくても、未来の自分を助けてくれることだと思います。


……なんだか工夫の足りないお硬い文だなーと悩みながら、筆をおくことにします。
posted by tabirpglab at 08:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム