検索
現代SFRPG「重力ルーペ/探求リバーブ」

ドラマティックRPG「バンドワゴン」

ハートフルRPG「地図の時間」

ビジュアルノベル「日向と香水」

ノベル×ADV「ストーリーテラー」 title1_2.png
カテゴリ
リンク集
【スポンサードリンク】

【ツクール新作】




【創作全般】






シナリオ制作


設定作り


最近読んでよかった本五選





創作意欲を掻き立てる本


自己管理術


クリエイター向けノウハウ

2018年11月16日

ツクールMVTrinity製 ファンタジーRPG「嘘吐きのノブレス・オブリージュ」公式ページ

ツクールMV製 ファンタジーRPG「嘘吐きのノブレス・オブリージュ」公式ページ

20181116_2.jpg

ツクールMV製 ファンタジーRPG「嘘吐きのノブレス・オブリージュ」のページです。
画像や情報は随時更新します。

181116_1.jpg

新着情報

2018/10/14 公式ページ公開
2018/11/15 ファミ通ファミ通 2018/11/29号に掲載
2018/11/16 RPGツクールMV Trinity 公式サンプル作品として情報公開

あらすじ

嘘吐きの兄アルク。
不幸を引き寄せる妹ソアラ。
兄妹を見守る『悪魔の眼』のハーバル。
幼馴染の三人は身に宿した呪いを解くため、旅に出る。
行先は香りの失われた世界、テーブル領。

これは奪われたものを取り戻す物語。

作品情報

・全6章構成
・プレイ時間:6時間〜8時間
・マルチエンディング
・強さを引き継いだチャプタースタート可
・難易度調整可
・縛りプレイ可
 -一人旅
 -エンカウント制限
 -セーブポイント制限
 -買い物制限
 -タイムアタックプレイ(3時間以内クリア)
・一度見たイベントのショートカット機能
・その他、収集要素、ミニゲームなど

キーワード

『嘘』
作中には物語を盛り上げる、幾つもの「嘘」が敷かれています。

『カース』
登場人物はそれぞれ異能の力を身に宿しています。

主人公アルクは対象を操作する能力『フェイブルメイカー』、
仲間の二人は能力を低下させる『ミスティック』、『カトブレパス』。

これらは『カース(呪い)』と呼ばれ蔑みの対象とされています。

『魔人』
特定のバトルで主人公アルクは『魔人』の力を使うことができます。
しかし力の代償は決して安くはありません。

『取引』
作中で多く登場するのが「取引」と「義務」。
これらはときに力の代償、足枷として描かれます。

『ヴァルプルギス』
過去作「そして魔女に会う」では魔女の祭り「ワルプルギスの夜」が登場しました。
本作ではとあるものを祝う収穫祭を指す言葉ですが……。

システム

『精神の羅針盤』
物語が進行すると成長システム『精神の羅針盤』が解放されます。
精神の羅針盤では、戦闘経験を代償にパラメーターの上昇や新たなスキルを取得できます。

『スキルの成長』
スキルの中には使いこむことで、成長するものがあります。
性能や追加効果が付与された派生スキルは戦術の幅を広げることでしょう。

『パラダイム』
専門技能を封じ込めた「パラダイム」を身に着けることで、特殊技能を使えるようになります。

[例]
旅人の知恵:フィールドでHPを回復する「テント」、「薬草サーチ」
偵察兵の生存術:必ず逃走が成功する「パーフェクトエスケープ」、「エンカウント半減」

『マップスキル』
スキルにはマップに変化が現れる「マップスキル」があります。

[例]
薬草サーチ:マップ上にある薬草が光輝いて見えるようになる
ライブラ:NPCの心を読むことができる



続報をお待ちくださいませ!

2018年11月06日

カフェ作業が捗る理由について調べてみた

カフェ作業が捗る理由について調べてみた


目的は創作活動における時間あたりの生産性向上。
カフェで作業が捗ることを発見して以来、自宅のカフェ化ができれば最高なのでは?と安易に考えました。
結論を書くと、作業の適正や人の適性もあり、そんな単純ではありませんでした。
残念。

カフェ作業(サードプレイス)の特徴/効果

論文、記事を読むと次の2点が主な理由でした。

@他者の存在を意識し、生産性が向上する
・単純な行動は促進され、独創的な思考は妨害される(Allport)
・既に習得したことを行うときは促進され、新規学習は妨害される(Zajonc)

A適度な環境音が作業効率を高める

まず前提として単純作業が有効であり、新規学習には不向きだということ。
@の「他者の存在を意識」はTwitterや進捗ノート、world-typeで代用ができると考えます。
利用サービスを増やし過ぎるとアウトプットで疲れるので取捨選択は重要。

進捗ノート
https://shinchoku.net/

world-type
https://www.world-type.com/

その点さえ理解していれば、アウトプットのサービスで宣言や進捗公開をして、BGM環境を整えれば自宅のカフェ化ができるのではないかと考えました。
次にAについて、どのような環境音、音楽が有効なのかを調べました。

音楽

[影響を受ける要素]
・音楽を聴く習慣の有無
・音楽の種類(歌詞の有無)
・音量

[効能]
・歌詞あり音楽は作業を阻害する
・適度な音量(50db、静かな事務所、木々のざわめき程度)は単純作業の作業効率を高める
・「音楽を聴く習慣がある人」が「歌詞なし音楽を聴いたとき」は上記の効果が高まる
・新規学習、アイディアを浮かべる作業は音楽を聴くことで効率が落ちる
 集中力アップの恩恵が適用されず、聴くことで割かれる脳リソースの方が上回り、収支でマイナス
・集中力には影響を与えないが、好みの音楽は気分転換、作業に着手する際の景気づけの効果がある
 好きなプレイリストで気分を上げて作業に取り掛かることは有効

雑音

[影響を受ける要素]
・無意味騒音(キータイプ音、OA機器などが発する音)/有意味騒音(音楽や会話)
・音量

[効能]
・大きい音量ほど作業を阻害する
・同じ音量ならば有意味騒音>無意味騒音の方が作業を阻害する

ホワイトノイズ(不規則なノイズ)

効果があると言われているホワイトノイズも、一長一短。
カフェではないけれど参考まで。

[効能]
・集中力がない人にはポジティブな効果が表れる
・集中力がある人にはネガティブな効果が表れる

まとめ

以下まとめです。
試してあわなければやめる、くらいの認識で良いと考えます。

[カフェで作業する際のポイント]
プラス:
・単純作業を持ち込む
・読書している人のそばで作業をする

マイナス:
・会話の声が大きい、よく笑う人から離れる(有意味騒音対策)
・スピーカーのそば、PC作業の人や機械音から離れる(無意味騒音対策)
・作業内容と関連する情報から離れる(数値を扱う場合、数値の登場する会話は作業を阻害する)


余談:自宅のカフェ化ソリューション

1.BGMを再現する

 A.カフェの雑音を再生する
 https://coffitivity.com/

 B.Aに自分の好きなBGMをMixする
 雑音を本格的に用意し、立体音響で再現すると効果が上がると思われる

2.空間を再現する
・ネットOFF、視界にはカフェに持ち込むものと同じものを入れる
・背丈にあった机、椅子に座る
・他者がいるときのような姿勢を保つ

姿勢や呼吸は学習や健康に影響を与えることが分かっています。
それはまた長くなるので別の機会で。

===========================================
■参考音源:
カフェの雑音
https://coffitivity.com/

【集中脳波】 集中できるホワイトノイズ 2時間 【勉強用】 Noise 2 Hours
https://www.youtube.com/watch?v=Qm85EFFCjLA#action=share

■参考文献:
作業効率向上のための他社の存在感提示システム
https://ipsj.ixsq.nii.ac.jp/ej/?action=repository_uri&item_id=181496&file_id=1&file_no=1

大学生の学習場所としてのサードプレイスに関する研究
https://www.jstage.jst.go.jp/article/journalcpij/49/3/49_1083/_pdf

雑音が記憶や作業に与える影響に関する一調査
http://www.kthrlab.jp/members/matsushita/Bthesis_home/Bthesis.pdf

試験の点数を上げたければ、勉強する前に音楽を聴くべき理由
https://soundproof-blog.com/test-points-up-before-study-listen-music-reason

「集中力を上げる効果はない」とわかっていても、脳研究者が仕事中にBGMをかける理由
https://r25.jp/article/564374415183230643

教室でホワイトノイズを流すと注意散漫な生徒の学習効果が上がるが、普段から集中できる生徒には逆効果
https://gigazine.net/news/20101001_whitenoise_effective_for_inattentive_children/
posted by tabirpglab at 22:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム

2018年10月31日

サクラエディタのGrep検索機能を活用したイベントコマンドの修正テクニック

サクラエディタのGrep検索機能を活用したイベントコマンドの修正テクニック


ここではコモンイベント、変数、スイッチの一括削除、変更、置換の方法をご紹介します。
導入方法、Grep検索の方法については以下の記事を参照ください。

サクラエディタのGrep検索機能を活用したテキストの修正テクニック
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/1213/0

検索キー


以下、どのMapに設定されているのかをGrep検索で調べるために使用します。
削除、置換作業はGrep検索ではなく、Grep置換で実行します。

コモンイベントの検索キー

"code":117,"indent":0,"parameters":[コモンイベントID]

変数の検索キー

"code":122,"indent":0,"parameters":[変数ID,
※前方一致で検索するので、[]閉じなくて良い
※「,」で閉じないと、7の場合70、71……も拾ってしまうので注意

スイッチの検索キー

"code":121,"indent":0,"parameters":[スイッチID,
※前方一致で検索するので、[]閉じなくて良い
※「,」で閉じないと、7の場合70、71……も拾ってしまうので注意

『出現条件:スイッチN番がON』になっているイベント

検索ワード1:switch1Id":スイッチ番号,"switch1Valid":true,
検索ワード2:switch2Id":スイッチ番号,"switch2Valid":true,

・『出現条件:スイッチ400番がON』になっているイベント
検索ワード1:switch1Id":400,"switch1Valid":true,
検索ワード2:switch2Id":400,"switch2Valid":true,

※出現条件に設定可能なスイッチのスロットは2つあるので、「switch1Id」「switch2Id」両方で検索する必要がある

『出現条件:変数N番がON』になっているイベント

検索ワード:variableId":変数番号,"variableValid":true,

・『出現条件:変数300番がON』になっているイベント
検索ワード:variableId":300,"variableValid":true,

Grep置換による削除/置換

ここからが本題。
Grep置換機能でイベントコマンドを入れ替えたり、一括削除することができます。
また置換ワードを応用すれば、注釈「test」と入力したイベントコマンドを、コモンイベント10に置き換えるといったことも可能です。

【注意点】
・バックアップは忘れずに行ってください
・成功したと思っても、動作確認をするまではバックアップの保存を推奨です
・置換後はプロジェクトを「保存せず」開きなおしてください(プロジェクトをエディタで開かずに作業すればよい)
・語句の置換に失敗した場合、エディタで該当のMapIDが開けなくなります

コモンイベント

{"code":117,"indent":0,"parameters":[コモンイベントID]},

・「コモンイベント15」を削除する(実行内容から取り除く)
置換前:
{"code":117,"indent":0,"parameters":[15]},

置換後:空白(スペースなし)
※ポイント:「,」含めて指定すること

・「コモンイベント15」を「コモンイベント20」に置き換える
置換前:
{"code":117,"indent":0,"parameters":[15]},
置換後:
{"code":117,"indent":0,"parameters":[20]},

変数の操作

{"code":122,"indent":0,"parameters":[変数ID,変数ID,操作(0:代入,1:加算,2:減算,3:乗算,4:除算,5:剰余),オペランド(0:定数,1:変数,2:乱数,3:ゲームデータ,4:スクリプト,値]},

・「変数14に加算1」を取り除く
置換前:
{"code":122,"indent":0,"parameters":[14,14,1,0,1]},
置換後:空白(スペースなし)
※ポイント:「,」含めて指定すること

・「変数14に加算1」を「変数15に加算1」に置き換える
置換前:
{"code":122,"indent":0,"parameters":[14,14,1,0,1]},
置換後:
{"code":122,"indent":0,"parameters":[15,15,1,0,1]},

・「変数14に代入1」を、「変数14に乱数「0」〜「5」を代入」に置き換える
置換前:
{"code":122,"indent":0,"parameters":[14,14,0,0,1]},
置換後
{"code":122,"indent":0,"parameters":[14,14,0,2,0,5]},

・『出現条件:変数』を取り除く
『出現条件:変数300≧999』を消す
置換前:
variableId":300,"variableValid":true,"variableValue":999
置換後:
variableId":1,"variableValid":false,"variableValue":0
20181101_10.jpg


スイッチの操作

{"code":121,"indent":0,"parameters":[スイッチID(単体指定の場合は同じID、範囲指定の場合は始点),スイッチID(単体指定の場合は同じID、範囲指定の場合は終点),値(0:ON,1:OFF)]},

・「スイッチ5のON」を削除する
置換前:
{"code":121,"indent":0,"parameters":[5,5,0]},
置換後:
空白

イベントに設定された出現条件も同様に置き換える
置換前:
switch1Id":5,"switch1Valid":true,
置換後:
switch1Id":1,"switch1Valid":false,
置換前:
switch2Id":5,"switch2Valid":true,
置換後:
switch2Id":1,"switch2Valid":false,
※データ上の初期値はSW1のfalse

・「スイッチ5のON」を「スイッチ6のON]に置き換える
置換前:
{"code":121,"indent":0,"parameters":[5,5,0]},
置換後:
{"code":121,"indent":0,"parameters":[6,6,0]},

イベントに設定された出現条件も同様に置き換える
置換前:
switch1Id":5,"switch1Valid":true,
置換後:
switch1Id":6,"switch1Valid":true,
置換前:
switch2Id":5,"switch2Valid":true,
置換後:
switch2Id":6,"switch2Valid":true,

・「スイッチ5〜6をON」を「スイッチ5〜6をOFF」に置き換える
置換前:
{"code":121,"indent":0,"parameters":[5,6,0]},
置換後:
{"code":121,"indent":0,"parameters":[5,6,1]},

・スイッチ5をON
{"code":121,"indent":0,"parameters":[5,5,0]},
・スイッチ6をOFF
{"code":121,"indent":0,"parameters":[6,6,1]},
・スイッチ5〜6をON
{"code":121,"indent":0,"parameters":[5,6,0]},
・スイッチ5〜6をOFF
{"code":121,"indent":0,"parameters":[5,6,1]},

アイテムの増減

{"code":126,"indent":0,"parameters":[アイテムID,操作(0:増加,1:減少),0,(個数)]},

・アイテムID『N』を『M個』増加
{"code":126,"indent":0,"parameters":[N,0,0,M]},
・アイテムID『N』を『M個』減少
{"code":126,"indent":0,"parameters":[N,1,0,M]},

『アイテムID200を99個入手』を削除
置換前:
{"code":126,"indent":0,"parameters":[200,0,0,99]},
置換後:
空白

『アイテムID200を99個入手』を『アイテムID150を50個入手』に置き換え
置換前:
{"code":126,"indent":0,"parameters":[200,0,0,99]},
置換後:
{"code":126,"indent":0,"parameters":[150,0,0,50]},

プラグインコマンド

{"code":356,"indent":0,"parameters":["プラグインコマンドの実行内容"]},

・プラグインコマンド「aaa」
{"code":356,"indent":0,"parameters":["aaa"]},

注釈

{"code":108,"indent":0,"parameters":["注釈に書き込んだ文字列"]},

・初期値の場合(何も書き込まれていない状態)
{"code":108,"indent":0,"parameters":[""]},

・「test」と入力した場合
{"code":108,"indent":0,"parameters":["test"]},

オススメ:カスタマイズ設定

初期値ではGrep置換に対応したショートカットキーがないため、設定をお勧めします。
私はALt+Gに割り当てました。
以下そのときの設定手順。

設定→共通設定→キー割り当てタブ
・種別「検索系」
・ALtにチェックを入れる
20181101_1.jpg

今後確認したいこと

・データベース内のアイテム、スキルIDの置換時の影響

コモンイベントに置換/予約すると便利な処理

コモンイベントに置換/予約すると便利な処理


空でもいいのでコモンイベントを挿入しておくと、将来的な拡張に役立ちます。

@全回復処理の置き換え
・HP回復、MP回復、ステート解除を組み合わせて、カスタム全回復にする
・縛りプレイ、デフォルト「全回復」イベントによるステート剥がれ対策
(AutomaticState.jsにステート剥がれ対策機能あり)

Aボス戦直前
・イージーモード用救済処置(全回復、再戦フラグ立て)
・既読イベントのスキップフラグ立て

B場所移動前
・エンカウント保証
・エリア切り替えによる失効処理

C場所移動直後(自動実行)
・エンカウント保証
・エリア切り替えによるフラグ立て(イベント発生)

Dバトルイベント0ターン
・確率発動のフェーズスキル
・ランダムイベント(女神転生の会話発生など)
(YEP_BaseTroopEventsとの併用を推奨)

所感

・コモンイベント1〜20は使用頻度の高い処理のためにとっておく
 イベントシーンの演出を組む場合を想定するといいのかも
 ※中編、長編ではこのアクセス性が作業効率に響く

コモンイベント、変数、スイッチを引っ越ししたい場合


別記事にまとめました。

サクラエディタのGrep検索機能を活用したイベントコマンドの修正テクニック
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/1219/0

2018年10月30日

ターゲット選択時に使えるショートカット操作

ターゲット選択時に使えるショートカット操作


作業効率化テクニックです。

・「BGMの演奏」のようにリスト表示された状態では、半角入力状態でイベント名の頭文字のキーを押下すると1キーで呼び出しができる
20181031_1.jpg


・「アニメーションの表示」「フキダシの表示」では、半角入力状態でイベント名の頭文字のキーを押下すると1キーで呼び出しができる
20181031_1.jpg

後者は本日気付きました。

・ターゲット選択時、リスト形式の場合に利用できる(例.アニメーションの表示、フキダシの表示)
・コモンイベントはドロップダウンリスト形式のため利用不可
 エディタのオプションから「展開」「ドロップダウン」を切り替えても効果なし

こうしたテクニックの累積で作業が捗ると嬉しくなりますね。
効率化万歳。