検索
低リソースでプレイ可能なRPG「ブックモービル」
Get it on Google Play
【RPGツクールMV+対応ゲームパッド】

注:RPGツクールMVのパッケージ版はWindows用です。Mac版はSteamから購入可能です。
【11/24発売、3DS版ツクール新作】
カテゴリ
リンク集
【スポンサードリンク】


【ツクール書籍】

【ロールプレイング研究】



【JavaScript参考書】





シナリオ・世界観












ネーミング





アイテム/武器/魔法





グラフィック





スマートフォンインターフェース

クリエイター向けノウハウ



2016年08月30日

2016/8/30 進捗状況/キャラクター生成機能のいたずら

◆新作「バンドワゴン(仮)」について
■開発時間:195時間
2作同時進行しているのですが、ここ数日は「バンドワゴン」寄りのアイディアが溜まっているため、どんどん出力しています。

■データベース作成
後回しにしていたデータベースのアイディアが次々と降りてきました。
私が大切に心がけているのは、名前と効能と説明文。
これらのどれ1つ欠けても、雰囲気が変わってしまいますからね。

mv20160830-3.jpg

■キャラクター生成機能の話
私は何を隠そう、キャラクター生成のランダム機能の愛好者です。
村人はできるだけこの機能を使い、作るようにしています。

mv20160830-2.jpg

いつものようにたわいのない村人を量産していた時に限って、たわいのあるキャラクターが出来てしまいます。
赤がレギュラー予定、青がレギュラーの座を狙う刺客です。

mv20160830-1.jpg

新作ではスタンドバイミーのような男の4人旅を描きたいだけに、この誤算は悔しい限りです。
レギュラーはどうなるのか、結果は公開してのお楽しみとさせてください。
posted by tabirpglab at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 進捗

ブログサービスのカテゴリランキングで当ブログが1位に

「ファンブログ」という、このブログサービスのカテゴリランキングで、当ブログが1位になりました。

20160826-20.jpg
20160826-21.jpg

厳密には「インターネット・ソフトウェア」という中カテゴリで1位、「趣味」という大カテゴリでは10位という大健闘でした。
要因は明らかで〜8/29までの、ツクールMVセールが大きく影響していました。
人気のあるコンテンツは「入門者講座」であることからも、皆さんの関心の高さが伺えます。

外的な影響の大きい1位なので別に私が偉いわけでも、やらかしたわけでもありません。
そして1位や10位だからといって、やることも変わりません。
コンスタントに活動していれば、こんな面白いことにも出会えるという好例だと思います。

残念なのは、Twitterではいまだにドメイン「https://fanblogs.jp」がブロック対象で投稿できないこと。
なのでこのことはTweetせず、ブログだけにとどめておき、平常運転に戻ります。

や、しかし……面白いこともあるものです。
posted by tabirpglab at 06:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 進捗

2016年08月29日

ツクールMV 入門者向け講座一覧

ツクールMV 入門者向け講座の一覧です。

■基本操作
初めての操作プロジェクトの開き方
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/131/0

初めてのデータベース作成
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/136/0

覚えておくと便利な機能/ショートカットキー
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/138/0

ツクールMVで一番よく使う操作
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/308/0

15分で30階のダンジョンを作る方法
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/169/0

10分で30階分の宝箱を作る方法
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/172/0

10分で4人分のキャラクター素材を作る方法
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/177/0

5分で4人分のキャラクターを設定する方法
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/188/0

データベース 装備タイプについて(同じ装備タイプの枠を増やす方法)
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/248/0

簡単にすり抜けられる壁/隠し通路を作る方法
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/273/0

ラベルとラベルジャンプ機能で選択肢を便利に作る
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/321/0

ツクールMV エンカウント率を調整
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/343/0

タイトル画面の作成
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/366/0

■マップ
マップの作り方
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/476/0

ショップ系の内装を省略するテクニック
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/492/0

マップのタイルセット設定方法/流れるシーンの作り方
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/519/0

■テストプレイ
ゲーム制作に王道なし テストプレイの重要さについて
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/191/0

バグを作らない為の注意ポイント
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/452/0

ゲームバランスのとり方
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/423/0

■プラグイン
プラグインのjsファイルの保存方法と適用手順
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/139/0

プラグイン/プラグインコマンドの使い方
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/241/0

ツクールMV PHQuestBookを使ってクエスト一覧を作成
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/259/0

バトルコマンドをカスタマイズ「Actor Battle Commands」プラグイン
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/365/0

発想次第で色々表現!ステートについて
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/470/0

戦闘不能から回復時でも継続するステートの実装(魔法使用禁止フロアなど)
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/410/0

■変数
会話の回数で接し方が変わる人々
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/225/0

■変数+コモンイベント
コモンイベントと変数を使って閃きシステムを再現
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/192/0

■ピクチャ
ツクールMV ピクチャを使ったゲーム内マニュアルを作ってみる
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/238/0

ピクチャを使ったフィールドマップ
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/500/0

ファンタジーな世界地図の作り方
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/503/0

■テキスト
文章(テキスト)作成のポイント
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/290/0

文章(テキスト)のポイント〜村人の会話編〜
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/580/0

■イベント
倒れキャラを使うときの注意点
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/291/0

倒れた状態のキャラクターをイベントで使う方法
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/560/0

スイッチを使ったパズル/選択肢を使ったパズル
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/463/0

釣りイベントの組み方(週刊ツクール)
http://tkool.degica.com/weekly-tkool/20160506
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/453/0

イベントシーンの作り方/管理方法
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/493/0

表現力のあるイベント(移動ルートの設定、ジャンプ、オブジェクトの表示/非表示)
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/520/0

遠景を活用したエレベーター風の演出
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/537/0

■親切なイベント設定例
イベント/ボス戦の前にプレイヤーへ警告
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/592/0

■フォント
フォントについて/フォントを変更する方法
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/250/0

■データベース
データベース用資料 目次
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/285/0

発想次第で色々表現!ステートについて
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/470/0

■計算式
可能性が広がる計算式(攻撃スキル使用時に使用者にステート付与)
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/557/0

■素材
VXAce規格のタイル素材をMV規格に変換する方法
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/299/0

旧ツクールシリーズの敵キャラ素材を活用する方法
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/569/0

タイルセットの色を夜風に変更
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/369/0

スマートフォンアプリ+GIMP2でピクチャで使うロゴを作成
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/538/0

Steam版RPGツクール ユーザー別オススメポイント DLCの調べ方/見極め方
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/510/0

RPGツクールMV DLC情報まとめ
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/528/0

■モバイル向け
仮想コントローラーの実装
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/589/0

■その他:お役立ち
これで早く解決!問題解決の考え方
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/254/0

迷わせない作品づくり
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/374/0

作品のレーティングを意識する
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/360/0

PC2台を使った制作環境の作り方
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/590/0

ツクールで応募可能な賞一覧
http://fanblogs.jp/tabirpglab/category_37/

テキストエディタ Terapad の使い方
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/274/0

自作ゲームが完成した後の投稿先
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/344/0

参考:
RPGツクールVX Ace 初心者向け講座
http://tkool.jp/products/rpgvxace/lecture/index

RPGツクールMV 初心者講座
https://tkool.jp/mv/guide/index.html

RPGツクールMV 新機能活用講座
https://tkool.jp/mv/course/

RPGツクールMVで感動ものを作る。
http://ktnhmv.jugem.jp/

イベント/ボス戦の前にプレイヤーへ警告

◆イベント/ボス戦の前にプレイヤーへ警告

・ダンジョン最深部でいきなりボスイベントが開始
・街中で準備しないまま突然のイベントバトル

その結果、全滅して古いセーブまで巻き戻る……なんてことありませんか?
今回はちょっとした一工夫で、警告する仕組みをご紹介します。

■実装イメージ
1.特定の位置を踏むと「この先に何かありそうな気がする……」と警告を発します。
PicsArt_08-29-09.27.07.jpg

警告メッセージを発する足場に次のイベントを設定して、文章を表示させています。
・プライオリティ「通常キャラの下」
・トリガー「プレイヤーから接触」
・文章の表示「この先に何かありそうな気がする……」

20160826-17.jpg

2.次に選択肢「よし行こう!(進む)」「ちょっと準備!(キャンセル)」が表示されます。
このように表示されることで、前置きのようなアクシデントを防ぎます。
PicsArt_08-29-09.27.26.jpg

イベントの処理としては1のイベントに続けて「選択肢の表示」を設定しています。
20160826-18.jpg

・「よし行こう!(進む)」の場合はボス戦用のイベントを設定したマップに向けて「場所の移動」を設定しています
詳細は次の記事をご覧ください

参考:イベントシーンの作り方/管理方法
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/493/0

・「ちょっと準備!(キャンセル)」の場合、キャンセルするだけでなく、「移動ルートの設定-一歩後退」を設定しています

[ポイント]
・「移動ルートの設定-一歩後退」を設定しないと、キャンセル→奥へ進むことができてしまい、イベントをすり抜けてしまいます
・ボスを倒した後は「ボスを倒したスイッチ」を設定し、イベントの2ページ目に何も起こらないイベントを設定しましょう
(これでボスを倒した後に警告が表示されることを防ぎます)
・ボタンの押し間違いを防ぐため、選択肢の「ちょっと準備!(キャンセル)」をデフォルト(選択肢の初期位置)にするのも良いですね
20160826-16.jpg

2016年08月28日

2016/8/28 進捗状況/土日の過ごし方/魔女の道など

2016/8/16 進捗状況です。

◆新作「バンドワゴン(仮)」について
■開発時間:191時間
進行状況や量の目安にと思い、プロジェクト\dataフォルダの中にあるMap数字.jsonファイルの数を調べてみました。

[私の過去作品]
ブックモービル:56
重力ルーペ:240
探求リバーブ:119
バンドワゴン(制作中):173

結構マップを作っていたようです。
20160826-13.jpg

小さい規模のマップも数ありますから、一概にこのデータ数がボリュームに比例するとは限りません。
けど数値として見えると、気持ちとして安心します。
ああ、ちゃんと進んでいるって実感が持てます。
20160826-14.jpg

もう1つの「地図職人(仮)」の方は良い画像がないため、また今度。

◆土日の過ごし方

土曜日はこんな風に過ごしました。

PCの環境構築

ブログ作成

ゲーム制作

Eric Claptonの2004年版クロスロードを視聴

ゲーム制作

3000キロのクルーズ旅の番組を視聴中

ゲーム制作

そして日曜日はこんな感じでした。

ゲーム制作

「ギャラクシー街道」を1時間視聴(残りは今度視聴)

ゲーム制作

散歩

ゲーム制作

紀行モノ番組を視聴

ゲーム制作

ブログ(Now)

ゲーム制作は1枠あたり3〜4時間、それ以外は30分〜1時間程度です。
あまり時計を見ないようにしていたのと、海外の映像を多く観ていたので、変な時差ボケ感があります。
面白い現象です。
せっかくなので、印象に残った番組をご紹介します。

■旅のアルバム 世界の工芸品「カヤック〜アメリカ」
(NHK,BSプレミアム)
https://hh.pid.nhk.or.jp/pidh07/ProgramIntro/Show.do?pkey=001-20160710-10-07728

「アメリカ〜カヤック」という見出しに惹かれて観ました。
アメリカの景色を期待して観ると……カヤックの作り方をストイックに10分映し出すという、硬派な番組でした。

ちなみにカヤックとはカヌーのようなもので、木材とキャンバス地の布で作られた小回りのきく一人用の狩猟道具。
カヤックのGoogle画像検索結果

カヤック同士で傷つけないように釘を一切使わない製法も独特。
理由がわかると記憶に定着しますね。
発見にあふれた10分間でした。

■NHKドキュメンタリー - 一本の道「“魔女の道”をゆく〜ドイツ・ハルツ山地〜」
(NHK,BSプレミアム)
http://www.nhk.or.jp/docudocu/program/3581/2651003/

ドイツにある「魔女の道(ヘクセンシュティーク)」という山道を、20代の女性2人が6日間かけて歩くという番組。
ここから下の記事は、テキストの練習を兼ねて、映像を観ながら書き起こしました。

魔女の道とはドイツブロッケン山脈周辺を東西に進む約90kmのトレッキングコース。


まずは気になる用語が出てきたのでメモ。
「ワルプルギスの夜」
魔女の儀式にちなんで4/30に行われる魔女の祭り、とのこと。

・トルフハウス〜ブロッケン山脈
いきなり雪山登山の様相で旅がスタート。
雪に覆われた山道、東西ドイツ時代の名残で「自然は国境を知らない」という看板があったり、山頂まで観光鉄道が走っていたり、山頂にホテルがあったり。
大自然も技術の手が入れば、観光地の表情を持つのですね。

・ブロッケン山脈〜シールケ村
山道を降りながら村を目指すコース。
途中シールケ村からブロッケン山脈を7868回も登っている老人とすれ違う一幕あり。山が冷戦期間中の監視体制から開放された日より、毎日登っているそう。生き様なのか、習慣なのか、分からないけれど、自然体に語るその様は誇りと自信に満ち溢れていました。

・シールケ村
シールケ村は、ゲーテが魔女の祭りを描いたことで有名な村とのこと。
魔女のモニュメントが飾られていたり、薬草の入ったお酒を扱うショップがあったり、この村独特の表情があります。
さらにショップの薬草酒の配合は秘伝で代々伝えられてきたという話も聞くことができ、村の何気ない一角にも伝統とドラマがあって面白 さを見つけました。

・エーレンド村
元東ドイツの軍人のおじさんが飲食店を経営しているというエピソードあり。
冷戦終了後、軍の払い下げ品で店を立ち上げたというから、逞しい。
人間って強い。

・ハルツクラブ
100年以上続く、魔女の道を整備するボランティア活動団体。

・リューべランド村
かつて鉄やマンガンが採れた鉱山の村。
村の中には「バウマンの洞窟」という観光用の鍾乳洞もあり、鉱山村の神秘的な一面も。

・アルデンブルク村
ここもかつて鉱山で賑わいをみせた村。かつて魔女の道を通り、行き来したと言われている。

・アルデンブルク村〜ボーデ川
ブロッケン山脈から流れるボーデ川。
まるでロードオブザリング1作目の終盤の川のよう。
そして道中にある手作りの水車を見学。
水車は元鉱山技師の方が、個人で制作したもの。この地方では、他に水車を回している方はいないため、貴重な存在になっているそう。

「ワルプルギスの夜」祭りの当日に到着。

夜といえど、祭りは昼間から広場で、開催される。
祭りには魔女の三角帽子を被るのがドレスコードになっている。
本格的な方は魔女の鼻をつけたり、仮装したり。

ハルツの魔女の酒は
皆を酔わせるよ

そんな歌を皆で火を囲みながら、陽気に歌う光景もあり。
こうして毎年、悪霊払いと春を迎える準備をするという。
フィナーレには花火も打ち上げられ、夜が明けると本当に春が訪れたように緑に彩られていた。

・トレセブルク村
ハルツクラブのメンバーと歩く道中。冷戦中に禁止された活動を再開させたきっかけは、魔女の道で看板を見落として迷った旅人の言葉だったという。

・ターレの街
「魔女の踊り場」と呼ばれる山の高台がある、魔女の道の最終地点。
魔女が酒に酔いながら踊るという伝説が残るという。

魔女の道というと陰気な響きを感じてしまうかもしれませんが、実際は歴史と伝統が積み重ねられた人の足跡そのものでした。
本テーマで作品の骨格ができそうです。
このように良質なドキュメンタリーの影響をどんどん受けていきたいものです。

参考:
ドイツ観光局「ハルツ魔女の山道:魔女と共にブロッケン山へ」
http://www.germany.travel/jp/leisure-and-recreation/walking/harz-witches-trail.html

ハルツの魔女の道(英語)
http://www.harz-hexenstieg.de/
posted by tabirpglab at 21:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 進捗