広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2019年08月11日

カリフローレの食べ方や栄養素の効能とは?

 カリフローレとはカリフラワーの仲間で花蕾がバラバラになったようなものです。トキタ種苗が開発したものです。2012年から種の販売も始まっています。カリフラワーは花蕾を食べますが、カリフローレは花の下の軸部分である花梗を食べます。生でも食べれますが、軽くボイルしたほうが食感も甘味もアップします(*^^*)
スポンサードリンク



カリフローレの美味しい食べ方
 軽く茹でてサラダやバーニャカウダーに。オリーブオイルやバターで炒めて、パスタの具などにしてもおしゃれ。ピクルスもおいしいよ(*´ω`*)生で食べてもクセなど気になりません。

カリフローレの栄養素の効能
・カリウム
 体内の塩分濃度を調節する効能がある栄養素です。高血圧を予防する効果があります。

・ビタミンC
 美容ビタミンとして有名ですが、それだけではありません。発癌物質「ニトロソアミン」生成の抑制、ストレスへの抵抗を強くする、鉄の吸収を高める、コラーゲン形成により筋肉や骨や血管を強くするなどの効能があります。


美味しいカリフローレの選び方
 軸が綺麗な緑色で、太くなりすぎていないものを選びます。花の部分が茶色くなっているものは避けましょう。

カリフローレの保存方法
・冷蔵保存
 なるべく早く食べたほうが良いのですが、冷蔵庫で保存する時は乾燥から守るため袋に入れてから、野菜庫で花を上にして保存します。

・冷凍保存
軽くボイルしてからよく水気を切ってからバットなどで凍らせます。その後タッパなどに入れます。
スポンサードリンク



2019年06月30日

白いナスの食べ方や栄養素の効能とは?皮は食べれるのか?

 白ナスとはヨーロッパ地方の品種です。種類はいろいろありますが日本には「ホワイトベル」という品種が出回っています。病気に強く、栽培もしやすいそうです。

 白ナスの特徴は皮が一般的なナスと違って白い!!ということ。そしてその白い皮は少し固めだということです。ですが、加熱してしまえば皮も美味しく食べることができます(^O^)

白ナスの食べ方
 通常のナスと同じように料理してももちろん美味しく食べることができます(*^^*)色を活かしてクリーム煮やホワイトシチュー、パスタの具にも良いです。素揚げしてソースをかけるのも良いです。和でも洋のソースでも合います。

白いナスが変色させないための方法
@切るとアクで茶色く変色してしまいます。切ったらすぐに塩水につけることで変色を抑えることができます。
A炒めたり、焼いたりすると白い皮が変色してしまいます。180℃程度の油で素揚げをしておくことで変色を抑えることができます。

白ナスの栄養素の効能
・食物繊維
 腸内環境の正常化、有害な物質の排泄、生活習慣病予防、改善などの効能があります。腸内環境を整えることは大腸癌予防やダイエットなどの効果に期待できます。

*紫色のナスには活性酸素を除去してくれるポリフェノールが含まれていますが、白ナスには含まれていません。栄養価は同じようなものですが。

スポンサードリンク



2019年04月09日

ホンビノス貝の食べ方と下ごしらえと砂抜きは必要?

 ホンビノス貝とはアメリカの東海岸で多く食べらrている二枚貝です。2000年頃から日本でも増えてきたそうです。外来種ですが日本の生態を狂わせる生物とはされていないみたい。手に入りやすいため安価ですが、貝殻が分厚いので歩留まりが悪いのが欠点(^_^;)

ホンビノス貝の特徴と食べ方
・特徴
 肉厚で食べごたえがあります。風味と塩味が濃く、少し苦味もあります。あさりなどと違って下ごしらえの砂抜きは必要ありませんが、塩抜きは必要かもしれません。料理する際は塩分量に注意して下さい。加熱しすぎると身が硬くなってしまう点にも注意です。

・食べ方
 網焼き、酒蒸し、潮汁、味噌汁、クラムチャウダー、パスタの具

ホンビノス貝の下ごしらえ
@いたんでいるもの、空いてしまっているものを取り除いてから、お米を研ぐスタイルで洗います。(死んでしまっているものからはイヤな臭いが強くします)

Aバットやボウルでヒタヒタになるくらい水を張って二時間放置して塩抜きします。

ホンビノス貝の旬の時期
 一年中流通していますが、産卵前の春と秋が一番美味しい旬の時期とされています。

ホンビノス貝の保存方法と日持ち
冷蔵保存なら三日くらい、冷凍保存なら一ヶ月くらいが日持ちの目安となります。
スポンサードリンク



プロフィール
胡桃割り人形さんの画像
胡桃割り人形
これまでの経歴は、食に関する業務歴16年余り。居酒屋、焼肉屋、デザート工場、野菜工場、スーパーの青果部門、栄養士の学校にもいました。そこでの卒業論文では雑草などの調理方法や効能などを論述しました。これまでの知識や経験、今も勉強していることをブログ上で執筆していきます(^_^)
プロフィール
スポンサーリンク
最新記事
(08/11)カリフローレの食べ方や栄養素の効能とは?
(06/30)白いナスの食べ方や栄養素の効能とは?皮は食べれるのか?
(04/09)ホンビノス貝の食べ方と下ごしらえと砂抜きは必要?
(04/06)バカ貝の食べ方と栄養素の効能とは?
(04/03)うるいの栄養の効能や食べ方、見分け方や保存方法とは?
(02/28)ロマネスコの栄養素の効能や食べ方や保存方法とは?
(01/03)メカジキの栄養素の効能効果とは?
(11/20)柿の栄養の効能や食べ過ぎの悪影響とは?皮にも成分いっぱいだよ
(09/08)食用菊の栄養素の効能と食べ方について
(07/13)チャイブの栄養素の効果効能と食べ方とは?
(06/05)もずくの栄養素の効能と食べ過ぎのデメリット
(03/25)ピーカン(ペカン)ナッツの栄養素の効能とくるみの違いとは?
(12/05)ゴルゴの食べ方や栄養素の効能とは?葉っぱも食べれるよ!
(12/24)エンダイブの栄養の効能や食べ方とは?
(11/30)ラフランスの栄養の効能や食べ頃とカロリーと保存方法について
(11/06)こんにゃく(しらたき)の栄養の効能や効果とは?食べ過ぎは注意?
(08/15)カット野菜は栄養も効能も少ないし危険?
(12/18)デーツの栄養素の効能や食べ方、食べ過ぎの危険性とは?
(11/27)クプアス(白カカオ)の栄養の効能や食べ方とは?
(11/18)マカダミアナッツオイルの効能や効果とは?
検索
カテゴリアーカイブ
絶対オススメ記事
ファン
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。