詰将棋を解く

まずは1手詰めから

3手詰めを解く

5手詰めを解く

7手詰めを解く

9手詰めを解く

さまざまな詰め将棋を解く


詰将棋について

詰将棋のルール

詰将棋の用語


プロフィール

profile画像.png

みなさん初めまして、将棋歴数十年のゆうすけと申します。

普段は主にネットで対局しています。棋力は四段で、横歩取りや角換わりをよく指している居飛車党です。

このブログを通じて、みなさんといっしょに楽しみながら棋力向上をしていけたらと思っています。


書籍など

名人への軌跡



平成30年版 将棋年鑑 2018



将棋世界2019年8月号



藤井聡太全局集 平成30年度版



盤上のフロンティア: 若島正詰将棋新作品集



7手詰将棋:実戦の勝率が上がる202問 (将棋パワーアップシリーズ)



1冊で詰みの基本が身につく 3・5・7手詰 (将棋連盟文庫)

カテゴリーアーカイブ
最新記事
リンク集
当ブログについて

当ブログはリンクフリーです。転載についてはご遠慮ください。

このブログについて

ランキングサイトに参加しています。応援していただけると嬉しいです。





タグ / 藤井聡太

記事
いよいよ明日、歴史的対局 [2018/02/16 18:00]
いよいよ明日17日に歴史的対局を迎えますね。公式戦で初となる羽生善治竜王と藤井聡太五段の対局が朝日杯将棋オープン戦の準決勝で実現します。タイトル戦でないにも関わらず、ここまで大きな関心を集める対局というのも滅多にありませんよね。 これから何度も対戦するであろう二人のスーパースターの歴史的な初対局です。結果ももちろん注目ですが、それ以上に二人の天才棋士がどのような棋譜を残してくれるのかに注目したいですね。 また藤井五段は準決勝と決勝に勝てば中学生で棋戦優勝という史上..
藤井聡太四段、記録3部門制覇なるか [2017/08/23 18:00]
藤井聡太四段が連勝ストップ後も勝ちまくっていますね。プロ入り後の公式戦通算成績は41戦して38勝3敗で、勝率は0.927と驚異的な数字となっています。(記録は全て2017/8/22の時点) 3部門でトップを快走中の藤井四段 今年度分として数えられる今年4月以降の成績は31戦28勝3敗で、勝率.903となっており、対局数・勝ち数・勝率の3部門すべてでトップに立っております。 対局数ランキング 順位 棋士名 対局数 1  藤井聡..
NHK杯の歴史を変えた!?藤井聡太四段ブーム [2017/08/18 18:00]
9月3日に放映予定のNHK杯2回戦、森内俊之九段対藤井聡太四段がなんと生放送になるそうですね。 NHK杯における生放送は過去にもほとんど例がないですね。しかも決勝戦ならともかくとして、まだ2回戦ですからね。これも藤井効果の1つなのでしょうね。 ネタばれ防止のためにもありがたい 生放送という英断に至った理由は間違いなく1回戦の千田翔太六段戦でしょうね。当時は藤井四段のデビュー以来の連勝記録が続いていたため、連勝記録の更新がメディアに報じられてしまい、NHK杯の結果..
藤井聡太四段が創作した21手詰めを解いてみた [2017/08/03 19:00]
ちょっと前に話題になっていましたが、藤井聡太四段が地元である愛知県の大村秀章知事に贈った色紙に書かれた詰将棋が、なかなか手ごわい21手詰めだったということでした。 せっかく話題になったので自力で解いてみたいと思い、チャレンジしてみることにしました。 藤井四段の21手詰めを解いてみた結果 まず結果から言いますと・・・30分位掛かりましたがなんとか正解を導き出すことができました。 初手は▲3一飛の一手だと思い込んでしまいましたが、これが巧妙な罠でした。..
藤井四段ついに敗れるも・・・デビュー29連勝は歴史的偉業!! [2017/07/03 20:00]
藤井聡太四段の連勝記録がついにストップしましたね。竜王戦の佐々木勇気五段戦で敗れ、29連勝でストップとなってしまいました。 連勝記録は29でストップするも・・・ これまでの連勝記録を30年ぶりに更新、それもデビューしたての14歳の新人棋士が達成したわけですから、この記録は将棋界の歴史に残る大記録といってよいでしょう。 敗れた相手が佐々木五段というのもよかったですね。まだ22歳で、近い将来のタイトル獲得が期待される逸材です。 この先タイトル戦のような大舞台で..
藤井四段、ついに29連勝の金字塔 [2017/06/27 19:00]
藤井聡太四段が昨日の増田康宏四段戦に勝ち、ついに29連勝の新記録更新となりました! それにしても昨日の将棋は内容的にも魅せるものがありましたね。 驚愕の指し回しで増田四段を圧倒 中盤で飛車が取られる形となり、実際は互角ながらも素人目線からしたら大ピンチを思わせる展開となりました。 しかしそこから華麗に攻めをつないでいっての見事な勝利!!これまでの29戦の中でも最も驚愕させられた一局となりました。 神谷広志八段が28連勝したのは1987年のこと。30年..