プロフィール

さんらいず
リンク集
<< 2015年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
2015年12月31日
ボクシング世界戦で田中恒成選手、田口良一選手は勝利、高山勝成選手は敗れる
2015年12月31日に行われたボクシングの世界戦で、田中恒成選手と田口良一選手、そして高山勝成選手がそれぞれ明暗を分けました。

世界ボクシング機構(WBO)ミニマム級タイトルマッチに望んだ田中選手は、第6ラウンドで対戦相手のビック・サルダール選手をKOで初防衛に成功。さらに、世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級タイトルマッチに望んだ田口選手は、第9ラウンド終了後TKOでルイス・デラローサ選手を下して2度目の防衛に成功しました。

一方、国際ボクシング連盟(IBF)ミニマム級タイトルマッチに望んだ高山選手は、ホセ・アルグメド選手相手に第2ラウンドで左まぶたの古傷が開いて流血。さらに第9ラウンドでは右まぶたもカットで試合はストップ。ここまでのポイントによる判定で負けとなり、3度目の防衛失敗という結末になりました。

2015年12月29日
ボクシングの世界戦は井上尚弥選手が圧勝! 八重樫東選手は三階級制覇達成!
2015年12月29日に行われた世界ボクシング機構(WBO)のタイトルマッチと国際ボクシング連盟(IBF)のタイトルマッチにおいて、WBOのタイトルマッチは世界スーパーフライ級王者の井上尚弥選手が2回1分20秒TKOで、挑戦者のワルリト・パレナス選手に圧勝しました。この勝利で井上尚弥選手は初防衛に成功となっています。

またIBFのタイトルマッチは、挑戦者として挑んだ八重樫東選手が世界ライトフライ級王者のハビエル・メンドサ選手を大差の判定で下し、新王者となっています。この勝利で八重樫東選手は三階級制覇となりました。

2015年12月27日
年末のダブルボクシング世界戦調印式に井上尚弥選手と八重樫東選手が出席
2015年12月29日に行われるWBO(世界ボクシング機構)世界スーパーフライ級タイトルマッチとIBF(国際ボクシング連盟)世界ライトフライ級タイトルマッチのダブル世界戦の調印式が12月27日に行われ、世界ボクシング機構タイトルマッチを行う井上尚弥選手と、国際ボクシング連盟タイトルマッチに挑む八重樫東選手がそれぞれ出席しました。

井上尚弥選手は差を見せつけて勝ちたいと自信を見せ、八重樫東選手は臨機応変にやりたいとコメントしたそうです。

>> 次へ