プロフィール

さんらいず
リンク集
<< 2013年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
2013年01月26日
公立校の駆け込み退職は4県で合計で172人 埼玉県では2か月だけの臨時採用へ
{a8.net http://books.livedoor.com/item/1917782}

 自治体職員の退職手当の引き下げ関する改正条例施行を前に早期退職を希望している公立校の教員の数は、既に退職しているか、退職希望者両方を合わせて、埼玉県、佐賀県、徳島県、熊本県の4県で172人に上ることが、文部科学省の調査により判明したとか。

 ちなみに埼玉県では2か月間の雇用の臨時教員を採用する動きに出ているが、そんな中途半端な雇用期間でどれだけ人材が集まるのやら・・・

 というか、学期末で退職できるように施行時期を調整すれば、後任集めの苦労も少しは減るだろうに、なんでそうしないんだか・・・

 駆け込み退職の教職員、4県で172人に
 <駆け込み退職>100人規模の臨時職員採用 埼玉県

2013年01月20日
あなどれない100円缶詰
 最近は100円とは思えないハイクオリティの缶詰が続々登場し、ちょっとしたブームになっているとか。
 世界中の缶詰を集めているという黒川勇人氏によれば、今絶賛ブレイク中のいなば食品の「タイカレー」の缶詰だけでなく、同食品のピリッとした辛さの「トムヤムチキン」もクオリティが高く、ほどよくニンニクが効いている「とりそぼろとバジル」はごはんが進むそうで。

 対抗するライバルメーカーの商品としては、マルハニチロの「にしん昆布巻き」や「さんま昆布巻き」、ローソンの「ふろふき大根」などのほかに、ホリカフーズの「肉すきやき」、一部の輸入食品専門店で扱っているというポルトガル製「ムール貝のトマトソース漬」の名前が挙がるほど、多種多様になっているらしい。

 
 



 贅沢「100円缶詰」プチブーム

2013年01月19日
京都地裁が持ち帰りずしの「春陽堂」と「茶月」に保全命令
 {a8.net http://books.livedoor.com/item/3347701}

 持ち帰りずしチェーンの「春陽堂」と系列の「茶月」の従業員らによる京都地裁への破産手続き開始の申請により、京都地裁では17日までに保全命令を認めたと東京商工リサーチ京都支店が発表した。

 両チェーンでは給与の遅配などが発生していたという。

 生活の全てはセブンネットで


 <持ち帰りずし>春陽堂と茶月に保全命令 京都地裁

>> 次へ