プロフィール

さんらいず
リンク集
<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
2017年03月26日
開業1周年の道南いさりび鉄道で夏バージョン塗装車がデビュー
順次、車両塗装を道南の四季をテーマにしたものに

かつてのJR北海道・江差線を引き継ぐ形で開業した道南いさりび鉄道にて、道南の夏をイメージしたものに車体の塗装を変更した車両が登場しています。

道南いさりび鉄道によると、車体の塗装を道南の四季をイメージしたものに定期検査を終えた車両から順次変更されるとのこと。

開業1周年の特別列車で営業運転開始

夏バージョン塗装車は、2017年3月26日に開業1周年となる道南いさりび鉄道を記念して同日運行される特別列車から運行を開始。特別列車は函館駅を13時36分に木古内に向かって出発するダイヤとなっているそうです。

道南いさりび鉄道 木古内〜函館 往復 [DVD]

新品価格
¥3,687から
(2017/3/25 20:36時点)



「夏」の新塗色車両、開業1周年列車で登場 「四季」テーマに全5色 道南いさりび鉄道
https://trafficnews.jp/post/66985/

<よかったらクリックお願いします>
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

2017年03月18日
JR旅客4社が保有する在来線車両の約3割が日本国有鉄道時代の車両
JR旅客6社のうち、東日本と東海を除く北海道、西日本、四国、九州の4社で保有している在来線の車両のうち、約3割が1987年より前の日本国有鉄道(国鉄)時代に製造された車両であることが判明したそうです。

国土交通省によると、適切な整備して安全基準を満たしていれば運行できるとして鉄道車両の耐用年数は未規定。ただし、検査頻度などは省令で決まっており、鉄道会社は整備マニュアルを提出するようになっていますが、経営難となっているJR北海道では老朽化した日本国有鉄道時代からの車両の更新が追い付かず、運行本数を減らすなどの事態になっています。

<よかったらクリックお願いします>
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

2017年03月17日
糸井重里氏設立の株式会社ほぼ日、公開初日は初値が付かず
コピーライターの糸井重里氏が代表を務め、ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」などを運営している株式会社ほぼ日が2017年3月16日にJASDAQ(ジャスダック)に新規上場となりました。

株式会社ほぼ日は1979年に糸井重里氏の個人事務所として設立された会社を前身としており、現在の収益の大半は「ほぼ日手帳」の販売。公開初日は買い気配のままで、公開価格である2350円の倍以上である5410円まで気配値を上げたものの、結局この日は初値が付かないままで終わったそうです。

<よかったらクリックお願いします>
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

>> 次へ