セブンATMで顔認証で口座開設!本人確認数秒も悪用されないの?の声も・・・

セブン銀行は2019年秋をめどに、コンビニエンスストアなどに設置している現金自動預け払い機(ATM)で銀行口座開設の手続きをできるようにする。顔認証による本人確認機能などを新たに搭載し、自行だけでなく他のインターネット銀行や地方銀行などの口座開設手続きを代行する。本人確認機能を生かした新たなサービスも展開する方針だ。

現在、銀行口座を開設する場合、店頭に出向かずに、ネットで手続きを進めても、本人確認作業として身分証のコピーなどを銀行に郵送する必要がある。不正な金融取引を防ぐために、厳格な手続きを求められている。

セブン銀が導入する新型ATMは、高性能カメラや精度の高いスキャナーを備える。免許証など顔写真の入った身分証をスキャナーで読み取り、ATMの前に立って顔を撮影することで、本人確認作業が数秒で完了する。19年秋から新型ATMへの切り替えを順次進め、20年夏までに大都市圏を中心に数千台の配置を終える予定だ。

このニュースを受けてネットでは、

「一つ一つのプロセスは数秒で済んでも全体では時間かかるでしょ。急いで現金が必要でATMに並んでいる時に目の前の人が口座開設してたらイライラするんだろうなぁ…」

「不具合とか起こさずちゃんと認証してくれるならいいと思う。」

「いずれセブン銀行のひとり勝ちになるのでは?最近は大手銀行も駅の券売機横のATMを設置していますが、セブンイレブンの店舗数には勝てないでしょう。一昔前では想像すら出来なかった。大手銀行も安泰ではありませんね。」

「窓口じゃないとできない業務をコンビニが代行できちゃうのはかなりの影響あるね。銀行は15時で閉まる上に、土日祝日はやってない、銀行法を変えない限り銀行が土日祝日窓口を開けることはできないから、銀行はどうするんだろうね。」

「セブンの猛攻で、先々は大手が潰れるんだろうな。大手の銀行はATMの数でも勝てないし、個人相手からは撤退しないと採算が合わなくなるのでは?企業への融資と住宅ローンを中心にしてかないと生き残れないと思う。」

「悪用されなきゃ良いけどね」

など、多くのコメントが書き込まれている。
posted by sun12 at 09:13 | ビジネス

トヨタ プリウスを一部改良へ! 打倒ノートへてこ入れ・・・

トヨタ自動車が主力のハイブリッド車(HV)「プリウス」を年内に一部改良して発売することが24日、分かった。デザインなどを大幅に変える。平成30年度上期(4〜9月)の国内の登録車(軽自動車を除く)販売では、日産自動車の小型車「ノート」の強さが際立っており、トヨタはプリウスのてこ入れで巻き返しをはかる。30年度末にかけて、日産との販売競争が激しさを増しそうだ。

関係者によると、プリウスは12月に一部改良して発売する。27年に投入された現行の4代目プリウスは鋭くとがったヘッドライトや縦長のテールランプなど、「個性的すぎる」(業界関係者)デザインで好き嫌いが分かれていた。それでも28、29年度は登録車で販売首位だったが、30年度上期は前年同期比30.9%減と勢いが衰えている。発売から3年を経て、3代目までのプリウスに近い落ち着いたデザインに変更する。また、自動ブレーキなどの安全装備も充実させる。

プリウスは世界初の量産HVとして初代モデルが投入された9年以降、トヨタの国内販売を背負ってきた。登録車の車名別販売台数でトヨタ車は、プリウスと小型HV「アクア」により、29年度まで9年連続首位を続けている。
このニュースを受けてネットでは、

「トヨタ屈指の失敗デザイン。この車のデザインが未来永劫、評価される事は無いと思います。見てるだけで変。フロントマスクも変ならリヤのテールランプのデザインも変。もっと早くマイナーチェンジすれば良かったのに。」

「あのデザインは、酷過ぎる。但し、あくまでもビックマイナーチェンジなのでフロント・リアのデザイン一新のみです。現行プリウスは、360度何処から見てもデザインが変なので早期フルモデルをしないとダメ。」

「打倒ノートと言うが、そもそも車格が違う。しかもヴィッツ、アクア始め殆どの車がHVを設定しているトヨタでわざわざ格好悪いプリウスを指名買いする人も居ない。代わりは沢山ある訳で、コンパクトカーではノートしか選べない日産とは全然違う。」

「性能は間違いない!でもあのデザインでGOサイン出したトヨタ経営陣のセンスを疑う。」

「とりあえずVWの落ち着いたデザインを見習った方がいいレクサスもそうなんだけど、トヨタはいい年したおっさんがカッコつけてる様なダサさがあるんだよね。もっと自信持って落ち着いた渋いデザインで攻めてほしい」

など、多くのコメントが書き込まれている。
posted by sun12 at 08:45 | ビジネス

ダイキン 欧州の冷凍機器メーカーを1千億円で買収へ!!

空調大手のダイキン工業が、欧州の冷凍機器メーカー大手を近く約1千億円で買収する方針を固めたことが分かった。スーパーやコンビニ向けの冷凍ショーケースを製造している会社で、ダイキンはこの分野をエアコンの次の主力事業に据えていく計画だ。

買収するのは、オーストリアの「AHT クーリングシステムズ」。アイスクリームや冷凍食品を並べるケースを販売し、大手小売店の顧客を多く持つなど欧州でも有数の規模を誇る企業だ。ダイキンは欧州での販路をいかし、本格的に冷凍機器事業に参入する構えだ。

同社は2012年に米空調大手グッドマン・グローバルを3千億円弱で買うなど、積極的な企業買収を進めてきた。今回の買収は、空調以外の事業では同社で過去最大の規模となる。

調査会社、富士経済によると、新興国を中心にスーパーやコンビニの出店が増えるため、冷凍・冷蔵ショーケースの世界の市場規模は16年の8380億円から、25年には1兆3065億円に伸びる見通し。

参照URL:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181125-00000048-asahi-bus_all

このニュースを受けてネットでは、

「ここは身障者の雇用にも積極的だしまた自衛隊の装備品も手掛けているので頑張ってほしい。」

「友達が勤めているので色々と聞いてるけど、待遇はしっかりとしているよ。社内でも製品開発の研究もかなりやっている。本社は関西なので、本社勤務は関西になりますよと。頑張ってもらいたいね。」

「今年、ダイキンのエアコンを購入したが、品質は他社と比べて圧倒的にいい。こういう企業には、頑張ってほしいと思う。」

「ダイキンは事業主には有名な会社至るところのビルや商業施設、工業などの空調設備を手掛けている。エアコン売り場の一角にも小売り向けの商品があるから知ってる人は案外多いかもしれない。日本企業もまだまだ頑張っている会社があるってことだよね」

「日本での売り込みは市場が成熟しすぎてて難しそうだけど、グローバルの第一線で活躍してるダイキンなら海外事業としてうまく活用できそう。頑張っていただきたいです。」

「凄い勢いある企業だと思います。製品も良いと思うが、故障した時に対応するサービスマンが礼儀正しいく気持ちが良い。少々高いがまたダイキンをうちは買おうと思います。」

「お付き合いしていた人がダイキンの開発の方でした。とにかく、頭が良くて、アグレッシブ。フロンティア精神の高い方で、人間として魅力的でした。いろいろ良い影響を受けましたが、海外勤務になり疎遠になりました。ダイキンが大きくなるのは分かると頷きます。」

「B to Bの専業系大手メーカーは勢いがありますね。好業績で波に乗っている企業が多いように思えます。特定の分野のプロになるからこそ、高シェアを得て高い利益も得られるのでしょう。何でも幅広くやればいいわけでもないようです。」

など、多くのコメントが書き込まれている。
posted by sun12 at 08:45 | ビジネス
最新記事
どうしても審査を通したい時に
銀行カードローンはどこが良い? 最新!保険ランキング!!
人気の保険1位〜5位を発表!!