2017年10月08日

【立憲民主党の公約を読んでみた】現実的でバランス感覚に優れた印象

20171008090944.jpg


立憲民主党の公約が発表された。

立憲民主党 公約 2017年10月7日発表

そのうち、国民生活と経済政策に関わる項目を一つ一つ取り上げ、感想を書いてみた。



まず、『1.生活の現場から暮らしを立て直します』の部分。

 アベノミクスの成果は上がらず、国民の所得を削り、中間層を激減させたままでは、本当の意味で活力のある経済は再生しません。誰もが安心して暮らせる社会のビジョンを示さなくてはいけません。保育・教育、医療・介護の各分野の賃金を底上げします。女性に対する雇用・賃金差別をなくします。社会全体ですべての子どもの育ちを支援します。将来的な国民負担を議論することは必要ですが、直ちに、消費税率10%へ引き上げることはできません。実質賃金の上昇によって中間層を再生します。
 また、地方の基幹産業である第一次産業を支え、食と地域の安心を守ります。


冒頭の政権批判は、野党らしいところ。中身はともかく、あって当然(^^

財政が硬直化してる中で保育・教育、医療・介護に重点を置くのは、現実的でバランス感覚に優れている印象。

女性の賃金格差をなくすのは、少子化対策も兼ねていると思われる。

消費税率を10%の引き上げると一気に消費が落ち込む。加熱した景気を冷やしてインフレを予防するのに有効な手段だけど、今やるべき政策ではない。延期は正しい判断だと思う。

地方の基幹産業を支えると、地方にも一定の配慮を示している。



細目が5つ挙げれているので、1個1個見ていくと…


@長時間労働の規制、最低賃金の引き上げ、同一労働同一価値の実現

長時間労働は、過労自殺の原因になったり子育てに支障をきたす危険性があるので是正する必要がある。
同一労働同一価値の実現は、同じ業務をしているアルバイトと正社員の賃金格差を無くそうというもの。アルバイトの賃金は上がって、正社員の賃金は下がることになりかねないから、賛否が分かれる。どこまで本気で推し進めるつもりか分からないが、大改革だ。



A保育士・幼稚園教諭、介護職員等の待遇改善・給与引き上げ、診療報酬・介護報酬の引き上げ、医療・介護の自己負担の軽減

少子高齢化に対応しようというものだろう。待遇を改善することで保育士や介護職員の人手不足を解消しようというもの。
『医療・介護の自己負担の軽減』の部分、……財源が気になるが、後の方に書いてある。



B正社員の雇用を増やす企業への支援、赤字中小企業・小規模零細事業者に対する社会保険料負担の減免

最低賃金を引き上げる替わりに、中小企業の負担を軽減する策を講じるらしい。このあたりにも優れたバランス感覚を感じる。



C児童手当・高校等授業料無償化ともに所得制限の廃止、大学授業料の減免、奨学金の拡充

子育てと教育のための公的支出を増やすつもり。
大学授業料の無償化にまで踏み込まないで、『大学授業料の減免や奨学金の拡充』に留めているところに現実的な政策を打ち出す態度が読み取れる。


D所得税・相続税、金融課税をはじめ、再分配機能の拡充

具体的な額を示さないあたりに、したたかさを感じる(^^

個人的に『金融課税』のフレーズに注目しているのだが、ピケティの『21世紀の資本論』の影響を受けたのだろうか。格差是正と中間層の再生に本腰を入れるつもりなら、踏み込ないといけない分野。このあたりは、大企業から多額の政治献金を受けている自民党には触れたくないところだと思う。

『再分配機能の拡充』は、大企業や金持ちに不利な一方、そうでない人には有利な政策。
仮に立憲民主党が議席を伸ばすなら、それにつれて政治献金(※)や支持団体の層が変化して、だんだん骨抜きになりそうだが、立憲民主党の公約には、『企業団体献金の禁止と、個人献金の促進』も掲げられている。一つ一つの政策が互いに関連していて、かなり練り込んである。


立憲民主党は、第一次公認が60人程度なので、どんなに選挙で得票しても政権とれないし、野党第一党になる見込みも薄い。

でも、この公約を見る限り、ちゃんとした野党として与党に言うべきことを言ってくれる気がする。


取り敢えず、今回はここまで。
立憲民主党の公約の他の部分や、他党の公約については時間があったらブログに書きたい。


スポンサーリンク




タグ:政治
この記事へのコメント
これで希望の党と同程度の議席ってのが残念でなりません。同レベルじゃないと思うんだけどなぁ...
Posted by at 2017年10月28日 00:06
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6787294
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
まるいのさんの画像
まるいの
    来てくれて、ありがとう。
プロフィール
スポンサーリンク
検索
<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
スポンサーリンク
最新記事
(12/17)【キズナアイ】祝 A.I. Channel のチャンネル登録者数100万人突破!!
(12/17)【Microsoft Office と高い互換性】Polaris Office(ポラリス オフィス)を使ってみた
(12/15)【輝夜 月 Kaguya Luna】期待のバーチャルYouTuber! 首絞めハム太郎 が面白い!!
(12/14)電脳少女YouTuberシロsiro の初生配信が大盛り上がり
(12/13)祝 バーチャルおっさん チャンネル登録者数1万人突破!!
(12/10)電脳少女YouTuber シロ Siro の動画10選!!
(12/08)【バーチャルおっさん人気急上昇】けもみみVRちゃんねるの面白さについて
(12/04)キズナアイ 一周年を迎えチャンネル登録者急増! 年内に100万人超えか?
(12/01)祝 A.I.Channel 一周年
(11/23)ボジョレー飲んでみた
(10/08)【立憲民主党の公約を読んでみた】現実的でバランス感覚に優れた印象
(10/04)今度の解散総選挙についてNHKからアンケートを受けた
(09/12)【第19回MMD杯で特別賞受賞!】なんで受賞できたんだろう(^^;
(08/29)北朝鮮のミサイル発射事件を受けて、「王立宇宙軍 オネアミスの翼」のラストシーンを思い出した。
(08/29)北朝鮮がミサイル発射。スマフォが鳴るし、外が騒がしい【加筆版】
(08/24)pixiv のフォロワーが100人超えてた
(08/22)なんちゅ〜 ど直球な辞世の句! マジで涙出そう(。>ω<。)
(08/01)1月ぶりに投信をみてみた
(08/01)政治家個人に期待するのはやめることにした
(07/30)暑中お見舞い申し上げます
オススメの確定拠出年金口座
記事ランキング
  1. 1. 米国債のゼロクーポンについて(2016年5月30日 加筆修正)
  2. 2. SBI証券・確定拠出年金口座の運用商品が増えた。さて、いいものがあるか。
  3. 3. 凄いぞ NASDAQ-100! でも買わない。
  4. 4. 100分de名著 ルソー 『エミール』 第1回 「自然は教育の原点である」ダイジェスト
  5. 5. いろいろ作れて楽しい。マグフォーマ―の類似品・マグウィズダムで遊んでみた。
  6. 6. 「米に含まれるヒ素を心配すべきか?」を読んでみた
  7. 7. 「ジェイリバイブ」を見てみた
  8. 8. 長期投資に使える? 米国株ETF、超長期米国債ETF、金ETFを比較してみた。
  9. 9. 2種類の強み診断テスト『ストレングスファインダー』と『VIA-IS』を受けてみた
  10. 10. i シェアーズ 米国債 7‐10 年 ETF(為替ヘッジあり)(1482)の評価 (加筆修正版)
カテゴリアーカイブ
新着コメント
リンク集