2017年04月23日

NHKスペシャル「シリーズ 激震 “トランプ時代” 第1集  トランプ 混迷のアメリカ」を見てみた


NHKスペシャル トランプ 混迷のアメリカ.jpg




NHKスペシャル「シリーズ 激震 “トランプ時代” 第1集  トランプ 混迷のアメリカ」を見てみた。

再放送予定: 2017年4月26日(水)午前0時10分〜0時59分(25日深夜)


トランプ大統領が就任してから100日が過ぎた。大統領就任から100日は、野党や各種メディアが政権の船出を優しく見守るハネムーン期間と言われる。その間のトランプ政権を振り返る内容。ニュースや新聞に書かれている内容ばかりで新情報がある訳でもないが、現地取材によりアメリカ人のいろんな立場に人がトランプのことをどう思っているのかが分かる。


大統領選の時、トランプが当選するためロシアがサイバー攻撃などの干渉をしたのではないか疑惑が持たれた。この件に関してフリン大統領補佐官が辞任している。トランプは追求を強めるCNNの記者を記者会見の会場から締め出した。CNNのブライアン・スペルターによると、「トランプは衝突を厭わない異例の大統領。追求を逃れるためにメディアを攻撃するのは社会を混乱させる危険がある」


トランプは事実を違う主張をしたり論理のすり替えをしたりして、国民の目をそらそうとしている。オバマが大統領選の際、トランプ・タワーに盗聴器を仕掛けたというが、FBIがその根拠を否定している。


オバマケアの代替案が国会を通過する見込みがなくなり、撤回を余儀なくされた。議会の協力が得られなかったのだ。オバマケアの代替案成立は、共和党の重要な課題だっただけにトランプ政権の手腕に疑問が持たれた。

政権に太いパイプを持つロビイストのアド・マチダがオバマケアの代替案を撤回せざるを得なくなった理由を語った。それによると、(政府高官の9割以上が空席のままで、)政権の陣容が固まっていない。また、スタッフが経験不足だ。政権中枢にいるメンバーは、政府で働いたこともホワイトハウスで働いたこともない。これから学んでいくのだ。



いままで、”アメリカは世界の警察ではない”といい続け、自国の内政に集中すると思わせていたが、一転してシリアに59発のミサイルを発射し、武力行使も辞さない姿勢をしめした。

また、核実験を行う危険のある北朝鮮に対して空母を派遣して牽制した。

報道関係者は、トランプ大統領の真意を測りかねている。支持率が35%に落ち込んでいたこともあって、軍事行動で国民の目をそらそうとしたのかもしれない。「一瞬で主張が変わり、行動に一貫性がない。感情に任せて言動が動く。世界はかつねないほど不透明になった」



トランプはグローバル化に置いて行かれた”忘れられた人々”の不満をかぎとり、不法移民の取締りを強化し、国内の雇用を守る政策を掲げて当選に結びつけた。

公約通り不法移民対策を強化し、2万人を摘発した。移民が多い街では、摘発を恐れて外出を控え、商店では閑古鳥が鳴いている。

現在、アメリカには1100万人の不法移民が生活している。彼らは税金さえ納めればアメリカ国内で働くことを許されてきた。移民のコミュニティに対して干渉することも無かった。しかし、トランプが大統領になってから移民を巡る状況が変わり、差別やいじめが増えている。



トランプが大統領になってからダウ平均株価が史上初の2万ドルの大台を突破し、依然として堅調に推移している。投資会社CEOのスコットボックによると、「(トランプ大統領就任によって)投資家心理が一変した」そうだ。

大統領選の頃はウォール街を既得権益の象徴として攻撃してきたが、大統領就任後は、政権の中枢メンバーを多くをウォール街出身者から選んだ。そして、銀行業務などの規制緩和を進め、”賭け”をしやすくするなど、ウォール街にとっての利益をつながる法律を作らせようとしている。

株の運用やM&Aを専門にしているジェームズ・ラステーによると、「マーケットは山もあれば谷もある。ずっと同じ相場が続くわけではない。一寸先は闇だからチャンスがある。トランプの政策が成功しても失敗しても自分達にはチャンスだ」



トランプは国内雇用を守る政策を掲げている。人件費がアメリカの8分の1であるメキシコに工場を移転しようとする会社に直談判して、工場移転計画を撤回させたこともある。

しかし、レックスノードはトランプからの要請に答えず、工場をメキシコに移転させ、ベテランの労働者を解雇した。ある解雇された労働者は、雇用を守るというトランプの公約と異なる結果が自分の身に降り掛かったが、トランプを支持するという。彼が言うには、オバマは労働者に歩み寄ることはなかった。トランプは労働者のことを気にかけてくれるし雇用を守った。大統領になるのが遅かった。



NHKスペシャル「シリーズ 激震 “トランプ時代” 第1集  トランプ 混迷のアメリカ」

再放送予定: 2017年4月26日(水)午前0時10分〜0時59分(25日深夜)


スポンサーリンク







ブログランキング・にほんブログ村へ


この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6196058
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
まるいのさんの画像
まるいの
    来てくれて、ありがとう。
プロフィール
スポンサーリンク
検索
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
スポンサーリンク
最新記事
(05/29)NHKスペシャル「変貌するPKO 現場からの報告」を見てみた
(05/28)Facebook でキズナアイになりすましている方が「友達」1700人集めていた。マメな人なんだなぁ(感心)
(05/28)期待していたSMT 米国株配当貴族インデックス・オープンが振るわない
(05/28)【 Future of Go Summit 】AlphaGoが人類最強の囲碁棋士に3戦全勝。人間が囲碁をやる意味があるのか考えてみました
(05/27)MMDで遊んでみたら結構面白い
(05/26)「英文標準問題精講」が面白いんだよ。
(05/25)【号外】A.I.Channel +500,000 FANS 達成 おめでとう!
(05/25)ボランティアの翻訳は気楽な気分でやるもんじゃないなぁと思い知った (2017年5月25日加筆)
(05/22)NHKスペシャル「発達障害 〜解明される未知の世界〜」を見てみた
(05/20)共謀罪の違憲性について
(05/20)"共謀罪"の実効性を下げる恐ろしい陰謀を巡らせてみた
(05/19)“共謀罪”法案 衆院法務委で可決 いまさらながら、“共謀罪”の原案を読んでみた
(05/18)トランプ大統領が辞めさせられる? 事件を簡単に整理してみた。
(05/18)【モーニングスター】 SBI証券、iDeCo取扱い金融機関で初めて運営管理機関手数料を完全無料化
(05/18)バーチャルYouTuber キズナアイが面白い (2017年5月23日加筆)
(05/17)アキネイターを困らせてみた
(05/17)焙煎ごぼう茶を飲んでみた
(05/01)NHKスペシャル「憲法70年  “平和国家”はこうして生まれた」を見てみた
(04/30)NHKスペシャル「私たちと「象徴天皇」 〜政府の有識者会議「最終報告」を受けて〜」を見てみた
(04/29)『たんぽぽ娘』を訳してみた(序盤だけ)
オススメの確定拠出年金口座
記事ランキング
  1. 1. NHKスペシャル「憲法70年  “平和国家”はこうして生まれた」を見てみた
  2. 2. SBI証券・確定拠出年金口座の運用商品が増えた。さて、いいものがあるか。
  3. 3. SMT 米国株配当貴族インデックス・オープンが米ドルにすらアンダーパフォームしている
  4. 4. NHKスペシャル「発達障害 〜解明される未知の世界〜」を見てみた
  5. 5. 凄いぞ NASDAQ-100! でも買わない。
  6. 6. 米国債のゼロクーポンについて(2016年5月30日 加筆修正)
  7. 7. no img 新春BS1スペシャル「欲望の資本主義 2017 ルールが変わる時」 第1章を見てみた
  8. 8. 100分de名著 ルソー 『エミール』 第1回 「自然は教育の原点である」ダイジェスト
  9. 9. SMT 米国株配当貴族インデックス・オープン について調べてみた
  10. 10. バーチャルYouTuber キズナアイが面白い (2017年5月23日加筆)
カテゴリアーカイブ
新着コメント
リンク集