2016年11月06日

NHKスペシャル 「揺らぐアメリカはどこへ 混迷の大統領選」 を見てみた(2/3)

NHKスペシャル 「揺らぐアメリカはどこへ 混迷の大統領選」 .jpg


NHKスペシャル「揺らぐアメリカはどこへ 混迷の大統領選挙」 公式ページへ

再放送:2016年11月9日(水) 午前0時10分(50分)

前の記事(アメリカの中間層の消失):NHKスペシャル 「揺らぐアメリカはどこへ 混迷の大統領選」 を見てみた(1/3)


金融の中心・ニューヨークのウォール街では、早朝からビジネスマンが行き交う。

株価などの指標を見る限り、アメリカ経済は好調を維持している。しかし、多くの労働者にとってその実感は全くといってないという。

「蓄えられた富は一部のエリートたちが独占し、社会のすそ野に降りてくることはない。

富裕層と政治との癒着はむしろ強まるばかりだ」

そう思う労働者たちにとって、アメリカの資本主義は特権階級の資本主義に他ならない。

大統領選の本命と目されてきた民主党候補・ヒラリー=クリントンは、特権階級の資本主義の象徴と捉えられ、苦戦を強いられてきた。

上院議員や国務大臣を歴任した豊富な政治経験を持つ。

選挙戦では、世界的に有名な投資家・バフェット氏が応援に駆け付けた。


ヒラリー
「大統領になったらすぐに ここに戻ってきて。バフェット氏と街に出てダンスをします」


ウォール街から多額の寄付を受けるヒラリーは既得権益側だと捉えられている。

さらに、私用のEメールアドレスを公務に使用していた問題が発覚した。FBI(連邦捜査局)の捜査を受け、信用できないというイメージも広がっている。


大越健介キャスター
「資本主義は特権階級による支配のシステムと化している。そうした不信が引き起こす、もう一つの大きなうねりを私は今年の春、目の当たりにしていました。


(閑静な公園で)


5月に来た時は、ここは本当に人で埋め尽くされていたんですよ。

『バーニー! バーニー!』という叫び声が上がって…」


民主党の予備選挙に立候補したバーニー・サンダース上院議員は、ドナルド・トランプと指名権争いをした。

選挙から撤退した後も、サンダースの演説会には二万人の若者が詰めかけた。


バーニー・サンダース上院議員
「お金を持っていなくても良い教育を受けられるべきだ」


特権階級の資本主義によって若者が格差から抜け出せなくなっていると訴え、若者たちの熱烈な支持を集めた。

サンダース氏を支持した若者たちはクリントン氏をどう見ているのか。

サンダース氏の人気が高かったシカゴのイリノイ大学では、学生が学費高騰に抗議する集会を開いていた。


学生
「富裕層はもっと公平に負担すべきです。教育はすべての人の権利なんだから」


アメリカの公立大学の授業料は、ここ15年で2倍に高騰している。

クリントン氏は学費の軽減策を打ち出したが、どこまで本気か信用できないという。


学生
「クリントンはサンダースと違い、若者の思いを代弁していません」


学生
「クリントンには将来を大胆に変える気はないと思います」


この集会に参加したトロイ・アリーム(25)は、特権階級の側にいるクリントン氏が大統領になっても、自分たちの境遇は変わらないという。


トロイ・アリーム
「“資本主義のシステム”によって自分たちは成功できないよう運命づけられているんだ。ヒラリーもこれまでの大統領候補と同じ特権階級の既得権益を守る側なんだ」


若者たちが特権階級の資本主義に直面したのが、2008年のリーマンショックだった。ウォール街のマネーゲームが若者を追い込んだのだ。

大卒の若者の求人は高収入のものが減少し、低賃金の職種ばかりが増えた。その結果、のしかかっているのが借金だ。

学生ローン残高は総額130兆円、一人あたり360万円に急増した。一流大学を出ても生きていくのがやっとという若者が少なくない。


アリームさんは、全米有数の大学に進学したが、親が職を失い、年間300万円の学費が払えなくなった。卒業しても、多額の借金を返済できるような職には到底つけないと思い、大学を中退した。今は、音楽イベントのスタッフなどの仕事を掛け持ちしているが、収入は月に15万円。生活費を切り詰めるため、親戚の家を転々としている。


アリーム
「借金をすれば卒業はできるけれど、残りの人生は借金まみれだ。勉強したことと関係ない仕事で無理することになる。そんなんじゃ社会の階段を這い上がって行けない。“特権階級”のシステムはこうして巧妙に俺たちを押さえつけるんだ」

一握りの人だけが成功し、自分たちにはチャンスすら回ってこない。今、若者の半数はアメリカン・ドリームを信じないと答えている (「信じている人」と「どちらともいえないない人」を合わせて半数か)。


アリーム
「アメリカン・ドリームなんて、愛国者に仕立て上げるためのでっち上げのプロパガンダなんだよ。何年もの間、何も変わらない。むしろ悪くなっているんだ」


ストリートミュージシャンの歌
「政治家は同じページにいるというが

俺たちは同じ章にすらいない

メインストリームの奴らを信じるな

若い世代にいい環境を
ジャングルに住む俺たちのメッセージだ」


大統領選のテレビ討論会が開かれた夜、アリームさんはパーティーを企画した。司会は若手の芸人が務めた。どうせ変化が期待できないなら大統領選の討論会を笑い飛ばそうという狙いだった。

討論会では、経済、外交、安全保障など多岐に渡ったが、若者の未来については一言触れられただけだった。


アリーム
「結局、2人は俺たちの現状について真剣じゃないと分かった。だから若者の心は離れていくんだ。いい余興だったよ」

(候補者が多方面に目配りした結果、そういう印象になったと思われる)

若者と政治との溝はかつてないほど広がっていた(そうだ)。


既存の政治への絶望の背景には、何があったのか。

かつて、ビル・クリントン(ヒラリー・クリントンの旦那)の下で、労働長官を務めたロバート・ライシュ氏は、若者の不満はトランプ氏の支持者とも通じるものがあるという。


ロバート・ライシュ
「表面上は、トランプ支持者とサンダース支持者はまったく違いますが共通する危機感があります。それは“ビッグマネー”による民主主義の崩壊です。トランプ支持者がよく口にする“特権階級の資本主義”という言葉は、資本主義がエリートのためだけに機能しているという意味でサンダース支持者の主張と同じなのです」


大越健介
「これまでの政治の対立軸は『保守 vs リベラル』でした。今は新たなる軸が現れているのでしょうか」


ロバート・ライシュ
「かつては政治の対立軸は『保守 vs リベラル』であり、『小さな政府 vs 大きな政府』でした。

これから軸になるのは、『反特権階級』でしょう。既存の政治はもはや信じられていないのです。

富裕層が政治の力まで独占し、民主主義が病んでいます。変革が必要です」


(保守、リベラル、大きな政府、小さな政府の用語解説については→「左翼」 「右翼」 「保守」 「リベラル」 の違いが分かりますか? - Naverまとめ


富や権力を手にした一部のエリートたちが、あるべき政治や経済の姿を大きく歪めてしまったという不信感。

置き去りにされたと感じる人々の怒りのマグマは、様々な形をとってアメリカ社会に大きなひずみを生んでいる。

その顕著な例は、移民国家アメリカの自己矛盾と言える、”反移民感情”の高まりだ。

新しい移民に手を差し伸べるなら、自分たちをこそ助けてほしいという切羽詰まった声が挙がっている。

彼らにたまったフラストレーションが一つのパンドラの箱をこじ開けつつある。


つづき:NHKスペシャル 「揺らぐアメリカはどこへ 混迷の大統領選」 を見てみた(3/3)


関連記事

NHKスペシャル 「揺らぐアメリカはどこへ 混迷の大統領選」 を見てみた(1/3)

NHKの番組関連の記事はコチラからどうぞ


スポンサーリンク






ブログランキング
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5596199
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
まるいのさんの画像
まるいの
    来てくれて、ありがとう。
プロフィール
スポンサーリンク
検索
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
スポンサーリンク
最新記事
(07/07)最終回
(04/28)CFを成功させた富士葵が、新モデルを使った動画を公開
(02/05)バーチャルYouTuber 富士葵 クラウドファンディングで1000万円集める
(12/29)【こいつぁすげぇや!】バーチャルYouTuber・シロ チャンネル登録者数10万人突破!!
(12/21)祝 シロが+10,000FANS!! 今日は初の VR LIVE 配信も
(12/20)【輝夜 月 Kaguya Luna】首絞めハム太郎 たった2本の動画で+10,000FANS!!
(12/17)【キズナアイ】祝 A.I. Channel のチャンネル登録者数100万人突破!!
(12/17)【Microsoft Office と高い互換性】Polaris Office(ポラリス オフィス)を使ってみた
(12/15)【輝夜 月 Kaguya Luna】期待のバーチャルYouTuber! 首絞めハム太郎 が面白い!! (12月21日加筆)
(12/14)電脳少女YouTuberシロsiro の初生配信が大盛り上がり
(12/13)祝 バーチャルおっさん チャンネル登録者数1万人突破!!
(12/10)電脳少女YouTuber シロ Siro の動画10選!!
(12/08)【バーチャルおっさん人気急上昇】けもみみVRちゃんねるの面白さについて
(12/04)キズナアイ 一周年を迎えチャンネル登録者急増! 年内に100万人超えか?
(12/01)祝 A.I.Channel 一周年
(11/23)ボジョレー飲んでみた
(10/08)【立憲民主党の公約を読んでみた】現実的でバランス感覚に優れた印象
(10/04)今度の解散総選挙についてNHKからアンケートを受けた
(09/12)【第19回MMD杯で特別賞受賞!】なんで受賞できたんだろう(^^;
(08/29)北朝鮮のミサイル発射事件を受けて、「王立宇宙軍 オネアミスの翼」のラストシーンを思い出した。
記事ランキング
  1. 1. no img 新春BS1スペシャル「欲望の資本主義 2017 ルールが変わる時」 第1章を見てみた
  2. 2. 電脳少女YouTuberシロsiro の初生配信が大盛り上がり
  3. 3. 【輝夜 月 Kaguya Luna】期待のバーチャルYouTuber! 首絞めハム太郎 が面白い!! (12月21日加筆)
  4. 4. 【輝夜 月 Kaguya Luna】首絞めハム太郎 たった2本の動画で+10,000FANS!!
  5. 5. 米国債のゼロクーポンについて(2016年5月30日 加筆修正)
  6. 6. SBI証券・確定拠出年金口座の運用商品が増えた。さて、いいものがあるか。
  7. 7. 凄いぞ NASDAQ-100! でも買わない。
  8. 8. いろいろ作れて楽しい。マグフォーマ―の類似品・マグウィズダムで遊んでみた。
  9. 9. 電脳少女YouTuber シロ Siro の動画10選!!
  10. 10. 100分de名著 ルソー 『エミール』 第1回 「自然は教育の原点である」ダイジェスト
カテゴリアーカイブ
新着コメント
リンク集