2016年11月05日

100分de名著 歎異抄 親鸞 (2) 『悪人こそが救われる!』 を見てみた

今回は、歎異抄(たんにしょう)の最も有名なフレーズ「悪人こそが救われる」(悪人正機説)がテーマ。

善人だって救われるくらいだから、まして悪人が救われるに決まっているというのだ。

常識に反することを言ってそうだが、親鸞の真意は何なのか。


100分de名著 番組ホームページ > 歎異抄


親鸞(しんらん)の弟子・唯円 役の人
「善人でさえ往生を遂げることができるのです。

まして悪人はいうまでもなく、間違いなく往生を遂げることができます。

ところが世間の人は、

悪人でさえ往生するのだから、まして善人はいうまでもないと言います。

なるほど、これは一応もっともな道理のようですが、

実は、本願他力の救いの心に反しております。

なぜなら、自力で修めた善によって往生しようとする人は、

一筋にに本願のはたらきを信じる心が欠けているから、

阿弥陀仏の願いに沿ってはいないのです。

しかし、そのような善人でも自力に囚われた心を転換して、本願のはたらきにお任せするなら、

真実の浄土に往生することができるのです。

あらゆる煩悩を具えている私たちは、どのような修行を実践しても、迷いの世界から逃れることはできません。

阿弥陀仏(あみだぶつ)はそのような苦悩を深く悲しまれて本願を起こされたのであり、

そのような願いは、私たちのような悪人を救い取って仏にするためなのです。

ですから、その本願のはたらきにおまかせする悪人こそが、

まさに浄土に往生させていただく因を持つものなのです。

だからこそ、善人でさえも往生するのだから、まして悪人は言うまでもないというわけなのです。

上人はそう仰せになりました」


礒野佑子
「ここで出てくる善人と悪人は、私たちが思い浮かべる善人と悪人とはちょっと違いますね」


釈 徹宗
「仏教でいうところの善人と悪人ということになります。

善人は自分で修行して煩悩を消し去り悟りを開ける人のこと。

悪人はそういうことができない人のこと。

仏は自力で悟りを開けない悪人のための存在だが、善人も(ついでに)救いとりますよ。

これは、仏教の言葉で正機(しょうき)と傍機(ぼうき)といいます。

正機: 仏の救いを受ける本当の対象。

傍機: 傍らの対象。

泳げる人と泳げない人がいたら、まず泳げない人から救う。

泳げる人向けの救助船もあるかもしれませんが、自分でやっていけると考えている危うさも考えなくてはいけません。

よくよく、自分の内面を掘り起こしてみると、本当に煩悩を滅することができるのかいう話になると、ほとんどの人が煩悩を滅して悟りを開くことができないということになると、私たちはみんな悪人。悪人として自覚を持つという問題も出てくると思います」


伊集院 光
「確かに、他人に頼れる人の方が救いやすい。自分は善人だと思っている人の方が厄介っていっちゃあ厄介。面白いな〜。自分が善人だと思っている人は、本当に善人なのか。正義側の人間が、批判を強めて『お前死ねよ』と言ったら、言葉だけみても正義側のコメントとして成り立っていない。正しい言動をとっているつもりが、余計な暴力性が出ちゃったりしますよね」


釈 徹宗
「自分が正しいと思ったら、リミッターが利かなくなるみたいなことがあります。暴走が始まっている。

仏教が面白いところは、これがいい行為、これが悪い行為というように分けてしまわずに、どんな行為にも偏ってはダメなんですよ。どんなに正しいと言われている思想も偏ったら具合が悪いというんですよ。これ現代人が考えなければならないところだと思うんですよ。自分の偏りを自己点検する必要があるんじゃないかと思います」


歎異抄 第9条はこんな話。

ある日、唯円が覚悟を決めて親鸞に尋ねた。


唯円
「念仏をしていても、躍り上がるような喜びの気持ちは湧いてきません。また、少しでも早く浄土に往生したいという気持ちが湧いて来ないのは、どのように考えたらいいのでしょうか」


親鸞
「この自分もなぜなのかと思っていたのですが、唯円坊よ、あなたも同じ心持ちだったのですね。浄土に早く往生したいという気持ちが起こらず、少しでも病になると死ぬのではないかと心細くなるのは、煩悩の仕業です。

果てしなく遠い昔から、生まれ変わり死に変わりし続けてきた苦悩に満ちたこの世界は捨てがたく、まだ生まれたことのない安らかな悟りの世界に心惹かれないのも、まことに煩悩が盛んだからなのです」

このように、親鸞は、唯円と同じく煩悩から逃れられていないと答えた。

しかし、だからこそ往生は間違いないと続ける。


釈 徹宗
「親鸞が80代、唯円が30代の頃だった。たまたま2人だけになった時があったんだと想像します。親鸞は80なのに、煩悩は消えないんだと答えたんですよ。これは、よくぞ聞いたし、よくぞ書き残してくれたと思います。この歎異抄第9条が無かったら、親鸞の人物像が分からなかった。

いくら救われると言われても喜べない気持ちを親鸞は吐露するわけですね。

喜べない人を救う人のために仏はおられるのだから、喜べない自分に対する救いは間違いないというんですよ。

随分、グルグル回った話でしょ。

仏教は、私が悟りを開いて仏の道に進む教えだったが、(私 → 仏)

親鸞の師にあたる法然は、仏が救いに来てくれる (仏 → 私)

とひっくり返しちゃうんですね。

それを、親鸞は仏から逃げ続けているというんですね。

俗世と浄土の間で宙づりな状態でいるんです。ヨーロッパの哲学者・キルケゴールが似たようなことを書いています。

底の空いた舟に乗っているようだ。いくらかきだしても、水はコンコンと湧き続ける。そして、舟から水をかき出すのを止めるわけにはいかないと書いているんですが、これね、親鸞の光と影にピッタリな気がしますね」


伊集院光
「心配な時は救われるが、どこかで安心したら逆説的に救われない」


釈 徹宗
「なかなか安心させてもらえない。どこかでスッキリさせてくれと思う」


100分de名著 歎異抄 親鸞.jpg


悪人のもう一つの意味について


83歳の頃の親鸞を描いた肖像には、鹿の骨で作った杖、猫の皮でできた草履、狸の皮でできた敷物が描かれている。このような、動物の体の一部を使った日用品と一緒に描かれる僧侶は類を見ないという。これは、親鸞の生涯と深い関わりがあるという。

流罪先などで、親鸞は普通の庶民と一緒に暮らした。その中には、動物を狩って生計を立てる漁師や物を売り買いする商人もいた。当時の社会では、漁師や商人は身分が低いものとされ、悪人としてさげずまれていた。

しかし、親鸞はそんな彼らこそが救われる存在だと言った。

商人や漁師は、石や瓦、つぶてのような我らである。

その人が何をしているかは、その人の過去の縁によるもの。自分も何ら変わりない。阿弥陀仏の願いは、つぶて、瓦である私たちを間違いなく黄金に変えてくれるのだ。そんな親鸞の教えに多くに人が救われていった。


釈 徹宗
「当時の百科事典・塵袋に、悪人の項目がある。殺生を禁じる仏教が、庶民を悪人呼ばわりする状況を助長した面がある。

当時の価値観、倫理観、宗教観に縛られていた人たちのために、法然と親鸞は道を拓いた」


伊集院 光
「敢えて、肖像画に鹿の骨で作った杖を描いてもらったんでしょうね。実際使って便利だし、殺生を否定しないという覚悟があったんでしょう」


釈 徹宗
「仏の目から見たら、これが汚くてこれが綺麗ということはないんじゃないかという思いが(親鸞に)あったでしょうね。だから、ことさら取り繕わない。


身分が低い石、瓦、つぶてのような人にこそ仏は救いの手を差し伸べる。親鸞の目線は常に普通の庶民と同じ高さにあった。

親鸞の教えは悪人(自力で覚れない人、身分が低い人)こそ救われるという逆説だ。だけど、この逆説こそ宗教という気がします。宗教は社会とは別の価値を持つんですよ。社会と同じ価値しかもてないなら、宗教の存在意義はほとんどない。社会サービスの方がよっぽど優秀なんですよ。

例えば、イエスは『今、泣いている人、貧しい人、苦しんでいる人、あなた達こそが幸せである。なぜなら、神の国はあなた達のために開いている』と言ってるわけでしょ。

普通の社会なら、今笑っている人、今富んでいる人が幸せって考えるんですけど、いや違うんだ。今苦しんでいるあなた達のために神はいるんですと言うんですよ。価値観が逆転しているんですが、だからこそ救われるんですよ。

悪人こそは救われるというのは、宗教ならでは領域を表現しているからこそ注目されてきたというところがあると思います」


100分de名著 番組ホームページ > 歎異抄


関連記事

100分de名著 歎異抄 親鸞 (1) 『人間の影を見つめて』 をみてみた

100分de名著 歎異抄 親鸞 (3) 『迷いと救いの間で』 を見てみた

100分de名著 歎異抄 親鸞 (4) 『人間にとって宗教とは何か』

NHKの番組関連の記事はコチラからどうぞ



スポンサーリンク






ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村


この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5593597
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
まるいのさんの画像
まるいの
    来てくれて、ありがとう。
プロフィール
スポンサーリンク
検索
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
スポンサーリンク
最新記事
(07/07)最終回
(04/28)CFを成功させた富士葵が、新モデルを使った動画を公開
(02/05)バーチャルYouTuber 富士葵 クラウドファンディングで1000万円集める
(12/29)【こいつぁすげぇや!】バーチャルYouTuber・シロ チャンネル登録者数10万人突破!!
(12/21)祝 シロが+10,000FANS!! 今日は初の VR LIVE 配信も
(12/20)【輝夜 月 Kaguya Luna】首絞めハム太郎 たった2本の動画で+10,000FANS!!
(12/17)【キズナアイ】祝 A.I. Channel のチャンネル登録者数100万人突破!!
(12/17)【Microsoft Office と高い互換性】Polaris Office(ポラリス オフィス)を使ってみた
(12/15)【輝夜 月 Kaguya Luna】期待のバーチャルYouTuber! 首絞めハム太郎 が面白い!! (12月21日加筆)
(12/14)電脳少女YouTuberシロsiro の初生配信が大盛り上がり
(12/13)祝 バーチャルおっさん チャンネル登録者数1万人突破!!
(12/10)電脳少女YouTuber シロ Siro の動画10選!!
(12/08)【バーチャルおっさん人気急上昇】けもみみVRちゃんねるの面白さについて
(12/04)キズナアイ 一周年を迎えチャンネル登録者急増! 年内に100万人超えか?
(12/01)祝 A.I.Channel 一周年
(11/23)ボジョレー飲んでみた
(10/08)【立憲民主党の公約を読んでみた】現実的でバランス感覚に優れた印象
(10/04)今度の解散総選挙についてNHKからアンケートを受けた
(09/12)【第19回MMD杯で特別賞受賞!】なんで受賞できたんだろう(^^;
(08/29)北朝鮮のミサイル発射事件を受けて、「王立宇宙軍 オネアミスの翼」のラストシーンを思い出した。
記事ランキング
  1. 1. no img 新春BS1スペシャル「欲望の資本主義 2017 ルールが変わる時」 第1章を見てみた
  2. 2. 電脳少女YouTuberシロsiro の初生配信が大盛り上がり
  3. 3. 【輝夜 月 Kaguya Luna】期待のバーチャルYouTuber! 首絞めハム太郎 が面白い!! (12月21日加筆)
  4. 4. 【輝夜 月 Kaguya Luna】首絞めハム太郎 たった2本の動画で+10,000FANS!!
  5. 5. 米国債のゼロクーポンについて(2016年5月30日 加筆修正)
  6. 6. SBI証券・確定拠出年金口座の運用商品が増えた。さて、いいものがあるか。
  7. 7. 凄いぞ NASDAQ-100! でも買わない。
  8. 8. いろいろ作れて楽しい。マグフォーマ―の類似品・マグウィズダムで遊んでみた。
  9. 9. 電脳少女YouTuber シロ Siro の動画10選!!
  10. 10. 100分de名著 ルソー 『エミール』 第1回 「自然は教育の原点である」ダイジェスト
カテゴリアーカイブ
新着コメント
リンク集