運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2020年05月17日

モチベーションを高める為にワークアウト動画を観てみる

モチベーションを高める為にボディービルダーのトレーニング動画を
観て、自身に活かせる方法が無いか?と探していたら、面白い発見が

ありました。


トレーニングに息づまる度に 現れる『壁』について



幾つか観て行く中で、ドイツのマーカス・ルールの動画も久しぶりに
観てみましたけど、スミスマシンの中で ほぼ垂直に立てたインクライン

ベンチ台に胸を張った姿勢でショルダープレスと同じ軌道でシャフト
(バー)を上下し始めたから、肩を鍛えているんだな。


と、多少 下す位置に違和感を感じながらもマーカス・ルールは、こういう
やり方なんだな。と当然の様に思って観ていたら、続いてのマシンを

使ったフライも位置が高くて、先ほどのスミスマシンのトレーニングを
思い返してみて、点と点が繋がって線に なりました。


次の種目の高い位置での マシンフライで解けたのですが、答えは簡単で
大胸筋上部のトレーニングの為に行っていたのですね。


肩・様々なプレス種目/肩を痛めない可動範囲

鼻の位置に下ろす高めのインクライン・バーベルベンチプレスで大胸筋上部を鍛える


スミスマシンで感じた違和感とは ほぼ垂直に立てたインクラインベンチ台に
やや後傾気味で身体を配置させ、下す位置は鼻の高さ・おでこに触れる位の

位置に下したりと、身体の前の位置でスレスレに上下運動を行っていれば
普通の光景なのですが、背もたれに頭を預けて通常では見かけない様な

高い位置で上下運動を行っている訳ですから、違和感を感じるのも当然
ですね。


ケーブルクロスオーバーとマシンフライで胸を
鍛える



胸の上部を鍛える為の通常のインクラインベンチプレスとは明らかに違い、
おでこや鼻の位置で上下運動を行うと、恐らく殆どの人が あっさりと

肩関節を痛めて悪くしてしまうでしょうから、よっぽど肩が強い人以外は
あんまり真似しない方が良いかも知れませんね。(^_^;)


通常は傾斜の角度を高めに調整して、胸の位置にシャフトを下ろして上下
運動する種目なので、よっぽど新しい刺激が欲しい人以外は 特に行う

必要性が無い気がします。


ですが、バルクの大きさが尋常では無いマーカス・ルールが行っている
トレーニング法なのですから、1回位は真似して やってみたくなって

しまいますね。


とは言え、大前提としてスミスマシンの中で やらないと、万が一の事が
あったら大変なので、安全面を重視して この方法で行う場合は

スミスマシン内で行ってみて下さい。


スミスマシンを活用する事の効果/軌道の安定と
行いやすさ



そして次に観たのはジェイ・カトラーの動画ですが、ジェイ・カトラーも
凄まじいバルクの持ち主ですので、どんなワークアウトを行っているのか?


と観てみたら特徴的なのは、ラットプルダウンとベントオーバーローイング
でした。


背中の厚みを作る為のベントオーバーローイングの
角度と軌道



いわゆるプル系の背中の広がりと厚みを作るトレーニングですが、どちらも
リバースグリップで行っていたのです。


この時が たまたまリバースグリップの週だっただけかも知れませんが、
こんなに何セットもリバースグリップで追い込んでいて、結構ビックリ

しました。


ビハインドネックとリバースグリップ・プルダウンを
効かせるには?



ジムでリバースグリップでラットプルダウンは ともかくとして、ベント
オーバーローイングを行っている人を見掛ける事は無いですし、ましてや

ラットプルダウンからの流れで 更にベントオーバーローイングまで!?と
非常に興味深かったです。

リバースグリップ・ラットプルダウンで普段とは異なる刺激を与える


私は変化をつける時にはリバースグリップを行いますが、ここまで徹底的に
追い込む事は無かったので、トレーニング動画を観始めた目的通り、

モチベーションが急激に高まりました。


先日も書きましたが、これからの季節は気温が どんどん上昇して精神的にも
落ち着かなくなるので、今の時点で筋肉にガンガン負荷を与えておいて

暑さでグッタリして気力が湧かない時には 何もせずに身体の回復に努められる
ように備えておきましょう。



【スミスマシンを使って安全な状態で筋肉を
思いっきり追い込む/安全だから力を振り絞り易い↓↓】




ハーフラックのスミスマシンで自宅で安全に鍛える



【ラットマシンで広背筋に強い収縮感を与える/
自宅で背中を鍛えるなら↓↓】




ラットマシンで広背筋を鍛える
ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。