運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2020年05月16日

家に『パワーラック』があったら安全に限界まで追い込める

パワーラックが もし家にあれば、ウエイトトレーニングに
おけるビッグ3と呼ばれる種目が安全に行えます。


スクワットも行えるし、ベンチ台を用意するだけでバーベル
ベンチプレスも行える上、ラック内で行う事でセーフティバーを

別で購入して 設置する必要も無く、パワーラック内の高さ調節
可能なセーフティバーが備え付けられているので、安全に筋肉の

限界に達するまでハードな内容で行えます。


バーベルスクワットが辛い理由


大胸筋を刺激するベンチプレスのグリップ位置

そして、ビッグ3の もう1つの種目であるデッドリフトも行えます。


デッドリフトはバーベル、もしくはダンベルが あればラック内で
無くとも何処でも行えますが、もし腰に痛みを抱えていて


深く下ろすのが不安な方の場合は高さ調節可能なセーフティバー
部分を少し高めに設置する事で、ネガティブ動作時に腰に過度な

負担を掛けずに、狭い可動範囲でデッドリフトの動作を行えます。


背中トレーニングの最後はデッドリフトで仕上げる

パワーラック内を使い、狭い可動範囲で行う事で腰に大きな負担を掛けずにデッドリフトを行う事が可能になる

デッドリフトや似た姿勢のベントオーバーローイングは どうしても、
腰への負担が避けられないので、こうしてセーフティバーの高さを

ほんの少し高めに設定する事で割りと安心してトレーニング動作が
行える様になるので痛みを避けるあまり、トレーニング自体を


敬遠してしまうよりは可動範囲は狭くなってしまうけれど、行わない
よりは少しでも筋肉を動かして、活性化させた方が良いので、

ほんのちょっと可動域を犠牲にする事でトレーニング意欲が削がれずに
筋肉を活性化させる事が可能に なるのならば、可動域に変化を付けたり

工夫してトレーニングを行ってみましょう。


更に、中段から下段に位置するサイドのセーフティバーとは別に 上部に
位置するスクワット用のラック部分を下げる事でバーベルショルダー

プレスにも応用出来るので、この時点でスクワット・ベンチプレス・
デッドリフト・ベントオーバーローイング、そしてバーベルショルダー


プレスと 5種類のバーベルトレーニングが行える訳ですが、パワーラックの
優れているところは 幾つもの種目に応用出来る点だけで無く、

その頑丈性ですね。


なので、その頑丈な作りのラック上部を上手く利用すれば、ラットプル
ダウンの代わりにチンアップも行えるので、大きな筋肉部位に対しての

トレーニングが この時点で6種類も可能に なります。


チンアップ(懸垂)で広背筋/大円筋を鍛える/リスト
ストラップ


パワーラック上部のグリップや枠を活用してチンアップを行い、広背筋・大円筋を鍛える

そしてフラットベンチ台だけで無く、インクラインベンチ台を用いれば
インクラインベンチプレスも行えるし、ベンチ台の角度を変えれば

刺激も様々で、更には背もたれ部分のシートを立てればバーベルショルダー
プレス時の腰に掛かる負担も軽減できるので、パワーラックを用いて


トレーニングを行う際にもインクラインベンチ台は汎用背性が高い為、
重宝しています。

インクラインベンチ台とデクラインベンチ台を
使い胸を鍛える



この様に 工夫次第で上半身から下半身まで全身の運動が行えて、筋肉を
満遍なく活性化できるのがパワーラックなのですが、これほど便利な

トレーニング器具なのにも関わらず、家で行う上で導入を躊躇う大きな
問題が1点だけあります。


それは『置くスペースが無い。』と言う家の構造上、あるいはラックの
構造上の中々どうする事も出来ない大きな問題です。


家は限られた幅しか無いですし、使用しない間は折りたたんだり しまったり
出来ないので、巨大な鉄の枠が部屋の 一角をずっと支配してしまうのです。


大きな器具の場合、どうしても『場所をどうするか?』と言う問題が出て来て
しまうので、どんなに『これを取り入れる事が出来れば安全性が遥かに

高まるのに』と思っても自宅に取り入れるのは なかなか難しいのです。


先ほども書いたように、スペースさえあれば全身満遍なく安全に刺激出来る
ので家に置く事が可能な方はトレーニングの幅を広げられますし、尚且つ、

安全に集中して効率的に行える様に なるので導入を してみるのも良いかも
知れません。


【パワーラックが あれば高重量トレーニングも自宅で
安全に行える/安全に筋肉を追い込む為に↓↓】




パワーラックで安全に全身を鍛える
ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。