運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

2020年03月05日

フロアマットを敷き安心・安全に自宅トレーニングを行う

昨日は『自宅トレーニングを行う上で不可欠なフロアマット/床の傷・
軋み
』と言うタイトルで自宅でトレーニングを行う際に生じてしまう

床へのダメージを防ぎ、長い期間に渡り安全にトレーニングを行って
いく上でフロアマットは必要不可欠なアイテムである。と言う事に

ついて綴りました。


昨日のブログ→自宅トレーニングを行う上で
不可欠なフロアマット/床の傷・軋み



フロアマットが不可欠である、と言うのは自重トレーニングの腕立て
伏せや腹筋・背筋・スクワットなど自分の身体1つで その場で

パッと行える種目を行う時以外はチンアップ台・ディップススタンドを
取り入れた時にも床面が どうしても傷ついてしまうので敷いて置いた方が

良いと言う事で あります。


【フロアマットを敷く事で床面を軋みや傷から守り、
安心して自宅トレーニングを行う↓↓】




フロアマットを敷き、床を守る

フロアマットを敷き、床面を傷や軋み・ダメージから守る→→

バーベルでもダンベルでもマシンでも何でも、重い器具を取り揃える
前段階でマットを敷いて置いた方が後々『マット敷いて置いて

良かった』と思う瞬間が必ずあるので、トレーニングスペースに適した
サイズのマットを敷いて床面へのダメージを最小限に留めましょう。


マシンやパワーラックなど、一旦設置したら その後その場から動かす事が
少ない大きな器具の場合は特に、予め下に敷いて置いた方が良いです。


床面への安心感はトレーニングの やり易さ・力の振り絞り易さに直結
しますから、まずは床面を保護し、補強する様な意味合いでマットを

敷いて置いた方が良いと思います。


自宅でトレーニング中に気になる床の軋みを
軽減するには?



そうして環境を整えてからベンチ台やバーベル・ダンベル等の筋肉に
負荷を与える為の必要最低限の器具を揃えつつ、セーフティバー・

パワーラック等の安全性を強化する為のアイテムを設置してフリー
ウエイトでガンガン鍛えたり、筋肉を『これから鍛えようかな。』


と考えて居る人の場合、いきなりフリーウエイト器具を 一式揃えるのは
ちょっと・・・・と、躊躇してしまうかも知れないので、

そうした場合にはフリーウエイトよりも もっと気軽にトレーニングを
継続するキッカケを掴みやすいホームジムマシンを入手するのが

良いと思います。


ホームジムマシンの安全性と気軽さ


ホームジムマシンを入手する時にも先程書いたのと同様にマシンを
設置する前にフロアマットを敷いて置く事で、床面を軋みや傷から

守り、長い期間に渡って安心してトレーニングを継続して行ける様に
なるので、そうした床面への安全・安心対策も予め施しておきましょう。


それをするか しないかで、トレーニングを行っている時の安心感と
言う物が まるで異なるので、無駄な不安感を払しょくする意味でも

フロアマットを予め敷いておくと言うのは効果的です。


【自宅でトレーニングを気軽に行う/ホームジムマシンが
あると身体を動かすキッカケを掴みやすい↓↓】




自宅でマシンを使ってトレーニングする

自宅でトレーニングを気軽に行うならホームジムマシンがあると便利→→
ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング