運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

2020年03月03日

自宅でトレーニングを行う/ジムとの違いは安全性と床のダメージ

昨日は『スミスマシンを使い、省スペースで安全に筋肉に運動効果を
与える
』と言うタイトルでスミスマシンを使う事で自宅の中でも

充分に全身を鍛えるトレーニングが行える様になる。と言う事に
ついて綴りました。


昨日のブログ→スミスマシンを使い、省スペースで
安全に筋肉に運動効果を与える


ジムで行うトレーニングと自宅で行うトレーニングとで大きく異なる
点と言えば、『周りに人が居ない』と言う点ですね。


人が居ないからこそ人目が気にならないし、時間帯によっては混雑して
いる事を想定してトレーニングを行うタイミングをズラしたりする

必要も無く、器具やマシンが埋まっていて順番待ちをする。と言う事も
無く、『行いたい種目を好きなタイミングで静かな環境で行える』


と言うのは、集中して黙々と行いたいと思って居る人に とっては
良い事づくめの条件が揃っているのですが、

しかし、その環境を選ぶ時にはデメリットと なり得る要素も同時に
抱え込まなければ ならなくなります。


【ハーフサイズのスミスマシンだから家でも場所を取らずに
安全性を高めて筋肉に充分な刺激を与えられる様になる↓↓】




スミスマシンを使い、安全に筋肉を鍛える

ハーフサイズのスミスマシンを取り入れ、省スペースで安全に運動を行う→→


自宅トレーニングに おけるデメリットと言うのは、周りに人が居ない
からこそ、いざと言う時に助けてくれる人が居ないと言う点と、


あとは筋力が向上して行くに連れて、床へのダメージが どうしても
大きくなって行ってしまう、と言う点ですね。


自宅トレーニングをする時に どうしても気になる
床の傷を回避する手段


補助してくれる人が居ないと言う環境を自ら選んだ時には、自らで
その状況に対して解決策を考えるしか ありませんが、ここ数回に

渡って書いて来ている様に、安全面に関してはスミスマシンを自宅に
取り入れる事で大体は解決し、不安は失くなります。


床面へのダメージは重い物を扱う様に なればなる程、どうしても床の
軋みが気になってしまう様に なるので、最初にスミスマシンを

始めとするウエイトトレーニング用の器具を取り入れた段階でフロア
マットを敷いて衝撃や防音効果を高めつつ、ダンベルやバーベルを


床面に置いた時の直接的なダメージも防げるように対策をして
おきましょう。


自宅で安全にベンチプレスを行う/安全だからこそ
力を振り絞れる



自宅で独りで行う、と言う環境だからこそトレーニング用の服や時間帯、
トレーニングの行い方など人目を気にする事無く自由に行える分、

安全面に関しては、月額会員制のジムで行うよりも どうしても緩く
なってしまうので、スミスマシンやセーフティバー、そして床面への


ダメージ緩和としてフロアマットを敷く事で長い期間トレーニングを
行っても床が脆くなったり、安全性を損なう事が無いように対策をして

怪我をする事無く、自身が行いやすい環境で筋力を発揮し、トレーニングを
継続して行きましょう。


【自宅の床を守るならフロアマットは取り入れたい/
厚さ9.5mmのフロアマットで床をダメージから守る↓↓】




フロアマットを床面に敷き、床をダメージから守る

フロアマットを敷く事でバーベルやダンベルによる衝撃や派手な音を防ぎ、床を守る→→
ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング