運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

2020年02月09日

限られたスペースで安全に筋肉に刺激を与えるならばダンベルが最適

昨日は『自宅で筋肉を強化する為に必要な器具/安全面と
汎用性で選ぶなら
』と言うタイトルで まずは何から

取り揃えるか?どういう器具が必要か?と言う事に ついて
綴りました。


昨日のブログ→自宅で筋肉を強化する為に
必要な器具/安全面と汎用性で選ぶなら



自宅でトレーニングを行う時と言うのは 基本的に補助して
くれる人が居ない場合が多いでしょうから、ある程度の

重さを扱うトレーニングを行う時には危険性を伴いますから
安全面を高めてトレーニングを行う事が必要に なります。


そうした時に昨日も書いた様にパワーラックやセーフティバーが
とても重要な役割を担ってくれる訳です。


しかし、部屋のスペース上の問題でパワーラックを取り入れるのが
難しいと言う事も あるかも知れません。


そうした時にはセーフティバーが大活躍と なる訳ですが、セーフティ
バーでは心許ないと言う場合には、ハーフラックと言うパワーラック程

場所を取らずに、且つ 充分な安定感で重量を支えてくれるので自宅
トレーニングを行う際に充分なスペースが取れない、と言う人の場合

大変重宝するアイテムに なると思います。

部屋のスペースが無くてもハーフラックで安全に
高強度トレーニング



ハーフラックもスペース上の問題で ちょっと厳しい、と言う場合には
バーベルで無く、ほとんどの種目をダンベルで行う事を考えた方が

良いですね。


【固定式ラバーダンベルが あれば自宅でも1人で安全に
上半身から下半身まで筋肉をガンガン鍛えられる↓↓】




固定式ラバーダンベルがあれば自宅で鍛えられる

ダンベルの場合は 左右単体で別々の構造な為、ショルダープレスでも
ダンベルベンチプレスを行った時でも潰れて押し潰されたりする心配が

無いので、自宅で一人でトレーニングを行う際にも安全に筋肉を
鍛える事が可能です。


勿論、ショルダ―プレスやダンベルベンチプレスの腕を上げ切った
トップポジションの時に手からダンベルを放してしまうと、そのまま

頭部や身体に激突して怪我や大きな事故に繋がる可能性が あるので
変な位置で手から放すのさえ気を付ければダンベル種目中に怪我をする

危険性は基本的には低いと思います。


ダンベルでトレーニングを行い、左右の筋力を
同じように伸ばす



身体が潰れたり直接的にダメージを受けずとも、怪我をする可能性が
あるとすれば、重い重量をチートを使って無理やり挙げる時や


ワンハンド・ダンベルローイングを行って居る時に支えている方の腕が
元々疲弊して居る時に、更に支える事による負担が加わり三頭筋に


キャパ以上の負荷が掛かって痛めてしまう、と言う場合でしょうか。


あとは、トレーニングにキチンと整頓して置かないで足元に転がしっ
ぱなしにしてしまうと、脚を引っ掛けて転んでしまう。

と言う恐れが ある位ですね。


ダンベルラックが あれば、そうしたダンベルが脚元に転がっている
状況と言う事 自体を避けられるので、コンパクトなサイズでも良いので

ダンベルラックは用意しておいた方が良いかも知れません。



【コンパクトなサイズでもダンベルラックが自宅に
あればダンベルを整理して纏められる↓↓】




ダンベルラックが あればダンベルを整理出来る
ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング