運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

2020年01月26日

身体全体の回復具合を観察しながら合間に腹筋を強烈に追い込む

昨日は『高重量を扱う時に弊害と ならない様に腹筋・背筋を
回復させる
』と言うタイトルで大きな筋肉から小さな筋肉まで

踏ん張り為に力を込めた時には必ずグッ!と強く収縮してしまう
腹筋・背筋を しっかりと休めたり、あるいは合間合間に

強化して行く事でトレーニングの最後の最後に力を振り絞り易く
なる。と言う事に ついて綴りました。


昨日のブログ→高重量を扱う時に弊害と ならない様に
腹筋・背筋を回復させる



腹筋・背筋は胴部に位置する非常に大きな筋肉なので、休めて
完全に回復させる為には、やはりキチンとした

トレーニング計画を立てる事と、疲弊具合・回復具合を冷静に
観察する事が大事です。


腹筋は大きな筋肉だからこそタイミングを窺いながらトレーニングを
行い、1回のトレーニングでガッツリと強烈な収縮感を感じて


強い負荷を与えた後は出来るだけ回復に努めるようにした方が
良いと思います。


腹筋に強烈な刺激を与える為には、腹筋上部に対してはクランチや
アブベンチを使って重量による負荷を掛ける方法などが あります。

アブベンチを使用して重さを加え強度を
高める腹筋運動


腹筋下部に対しては、ディップス台やパワーラック上部の枠や
チンアップ用のグリップを握って行うハンギングレッグレイズ、

床に寝た状態でのレッグレイズなどが あります。



大きな筋肉部位だけに出来rだけ大きく動かして強い負荷を掛けて
行いたいですが、ところが大きな動きだけを意識して行うと、

動作の軌道中に筋肉の緊張状態が抜けてしまうポイントが ある事を
忘れてしまいます。


つまり、上体を起こし過ぎてしまったり、足を伸ばし過ぎてしまったり
などです。


収縮させたら伸展させるのは どの筋肉部位でも同じですし、その動きの
中で『如何に弛緩させない様に意識して行うか?』で筋肉に与えられる

刺激は大きく異なります。


腹筋はクランチの場合は非常に可動範囲が狭いですが、下部をメインに
鍛える運動で あるレッグレイズは大きな動作で行います。


これが疲弊してくると、ごっちゃに なってしまったりしますが、笑
その問題を簡単に解決してくれるのが、腹筋専用マシンです。



【効率的に腹筋に強烈な刺激を与えるなら このマシン↓↓】



腹筋全体に強烈な刺激を与える専用マシン


腹筋全体に強烈な絞り込みを与えるなら この専用マシン→→

先程書いた様に腹筋は大きな筋肉部位であるので、上部と下部とに
分けて刺激を与える運動を行います。


(筋力が強ければドラゴンフラッグの様な全体をガッツリ刺激する
運動も ありますが)


しかし、筋力が強く無くても腹筋全体を短い時間で効率的に刺激
出来るのがマシンを使う最大のメリットです。

腹筋運動で特に辛い3つの種目

動作は非常に簡単で、ハンドルを握り、マシンの台の上に膝立ちで
乗り、その状態から膝を上に持ち上げる動作を反復するだけです。


このマシンの構造通りに反復すれば、動作中に筋肉から刺激が逃げない
ですし、膝を上に引き上げて 収縮させている時に静止させてググッ!と

腹筋を絞り込めば 更に強烈な絞り込みを感じられます。


シンプルな運動で週に1回くらいの頻度で腹筋を強烈に刺激するなら
非常に効率的なマシンです。


勿論、このマシンで筋肉に強い刺激を与えた後は 腹筋全体が強烈な
筋肉痛に襲われるので、しっかりと休ませて回復を促しましょう。


【短時間で腹筋を強烈に追い込む為に専用マシンで
効率的な運動を行いたい場合にピッタリなアイテム↓↓】




腹筋を効率的に刺激する専用マシン


腹筋を強烈に絞り込みたい時に役立つ専用マシンは こちら→→
ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング