運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

2019年12月24日

ハックスクワットで脚や臀部を引き締める/スミスマシン

昨日は『スミスマシンを活用してハックスクワットで脚を
安全に鍛える
』と言うタイトルで、スミスマシンを

活用するからこその通常とは大きく異なる角度でバーベルを
上げ下出来る脚のトレーニング種目であるハックスクワットに

ついて綴りました。

昨日のブログ→スミスマシンを活用してハック
スクワットで脚を安全に鍛える


スクワットは昨日も書いた様に、パワーラックで行おうとすると
危険な状況が起こり得ますが、スミスマシンと言う軌道が完全に

定まっていて、尚且つ 頑強な枠に覆われている器具だからこそ
通常は真っ直ぐに重心が崩れない様に上げ下げするだけしか

しようが無いバーベルスクワットの軌道を大幅に変えて行う事が
出来るのです。

バーベルスクワットで引き締まった足を
作り上げる



スミスマシンで安全に身体を鍛える

両肩に担いだバーベルの重量は勿論、真下にガッツリと負荷が
掛かりますが、上半身〜臀部までは そのまま真っ直ぐ下に

深く沈めて行くのですが、通常のスクワットと異なるのは負荷が
真下に掛かって居るのにも関わらず、脚を負荷が乗る位置で


固定して身体を支えるのでは無く、バーベルを担いだ上半身よりも
大きく前に踏み出した状態で身体を沈めて行くので、


通常とは脊柱起立筋・臀部〜脚に掛かる負荷が大きく異なるのです。

バーベルスクワットで脚を追い込む

普通は真下にガッツリとした大きな負荷が掛かるので、その負荷が
掛かる真下に両足を位置し、身体を支えようとしなければ なりませんが、

軌道が定まって行って、且つ フックがバーベルの両側に付いて居る
構造だからこそ、こうした脚を前に踏み出した状態での


ハックスクワットが安全に行える様に なるのです。


昨日書いた様に こうした軌道で行う種目な為、大腿四頭筋・
ハムストリングス、大殿筋への刺激を強く与えられる様に

なります。

スミスマシンを使ったハックスクワットで
脚を鍛える

なので、普段のスクワットとは ちょっと収縮させた時の意識を
変えて身体を沈めて行き、そこから身体を持ち上げた時に


臀部を強く収縮させる様に意識しながら反復運動を繰り返すと、
1セット終わる頃には臀部の筋力が完全に無くなる位の

強い刺激を与える事が出来ます。


筋力トレーニングを行う際に大切な筋肉の収縮・伸展に ついては
これまでにも何度も書いて来ましたが、筋肉が収縮する時に


ググっと絞り込む意識を持つか、持たないか?で筋肉に与えられる
刺激も かなり変わって来るので出来るだけ意識して絞り込みましょう。


まして、鍛えたいメインの筋肉部位で あるならば、より その意識を
強く持ちながらトレーニングを反復すると、満足の行くトレーニングを

行う事が出来ます。


スクワットは両腕が塞がれてしまうし、両肩に重量を担ぐ姿勢を保つ事で
呼吸も苦しく、尚且つ その姿勢を保つだけで脊柱起立筋が


どんどん疲弊して行くので、普段は臀部にまで意識が行き難いですが、
折角 普段とは角度を変えて行うので、普段とは異なる筋肉部位に対して

絞り込む意識を強く持ってトレーニングを行いましょうね。

バーベルスクワットが辛い理由

スミスマシンを使い、自宅で安全にスクワットを行う→
ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング