運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

2019年12月19日

長く運動を継続する為に無茶なトレーニングは避ける

昨日は『スミスマシンの構造を活用し、筋肉に強烈な
刺激を与える
』と言うタイトルで、パワーラックや


セーフティバーとも異なる、スミスマシンだからこその
構造を活用した安全性を保ちながら行う

フォーストレップ法について綴りました。

昨日のブログ→スミスマシンの構造を活用し、
筋肉に強烈な刺激を与える


ウエイトトレーニングを行う時に重視したいのは、安全面と
如何に短い時間で筋肉に強い負荷を与えるか?と言う事ですが、



前回までに書いた様に、パワーラックやセーフティバー、そして
スミスマシンを活用する事で 余程無茶な重量や動作を行わなければ

かなりの確率で怪我を防ぐ事が出来る様に なります。


(無茶な重量と言うのは、自身が全身全霊を振り絞っても1回も
持ち上げられ無い様な重量や、筋肉に負荷を乗せながらキチンと

コントロールが出来ない様な高重量を指しています。)

パワーラックを使用してトレーニング時の
安全性を高める


セーフティバーを始めとする安全対策を施していたとしても、
ベンチプレスを行おうとして、バーベルシャフトをラックから


外した途端にガクンッ!と 一気に潰れてしまう様な高重量を
扱ってしまうと、肘関節が少しも負荷を受け止められずに


セーフティバーの枠の範囲外にガシャ~ン!と落ちてしまう
危険性が ありますし、まだ真っ直ぐバーベルシャフトが

落ちて来るならば、パワーラックやセーフティバーの枠で
身体に直撃するのは避けられますが、そうで無い場合、


つまり、あまりにも無茶な高重量を扱ったが為に 肘関節が
支えきれずに、真っ直ぐでは無く、斜めにバーベルが

落ちてしまう、と言う事も あり得ます。

安全に自宅でトレーニングする際に欠かせない
パワーラック


そうした場合には、パワーラックにしてもセーフティバーに
しても、両サイドに真っ直ぐ 支えが伸びているだけなので、


斜めに落ちてきた場合には 支えをすり抜けて身体にバーベルが
ぶつかってしまう恐れが あります。


なので、幾らセーフティバーやパワーラック、スミスマシンが
あるからと言って、1回も持ち上げられ無いような高重量を

扱おうとするのは自ら大怪我を招いている様な物なので、
自宅で 一人で高重量を扱おうとする時には、少なくとも


3レップス(回数)はギリギリ持ち上げられるような重量で
少しづつ積み上げて行った方が安全です。

スミスマシンを取り入れて、家で安全に
運動を行う


ドロップセット法やレストポーズ法、フォーストレップ法 等で
筋力の限界を超えた激しい運動を行っていくと、


どうしても、更なる筋力アップを試みて無茶な事をしたく
なりますが、怪我をしては元も子も ありませんし、

何よりも怪我の具合が取り返しの つかない物だった場合、
振出しに戻るどころか、今までトレーニングで

積み重ねて来た物も 無駄になってしまうかも知れないので、
無茶は避けましょう。

自宅で1人でもフォーストレップ法を行う方法

GOLD'S GYM公式通販





ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング