運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

2019年10月31日

頭だけで身体を支えるブリッジで首の筋肉を鍛える/アイソメトリック

前回は『ヘッドハーネスをケーブルに繋ぎ、首の筋肉を
前後左右強化する
』と言う事に ついて綴りましたが、


ケーブルアタッチメントとしてヘッドハーネスを使用して
首のトレーニングを行う事で前後左右に対して


軌道上で邪魔に なる事無く、割りとスムーズに首の
運動が行える様になるので、首のトレーニングを

行う時はケーブルを使用した やり方で行うと今日
首のトレーニングを始めたばかりだとしても

行い易くて良い方法だと思います。

前回のブログ→ヘッドハーネスをケーブルに繋ぎ、
首の筋肉を前後左右強化する




首のトレーニングには他にも頭だけでブリッジをして
体重を支える、と言う方法も あります。


この場合、ネックハーネスも要らなければ、ダンベルや
バーベルプレートやベンチ台も必要が無いので

今直ぐにでも 首の運動が行えます。


ただ、硬い地面では行えないので、バスタオルなどを
折り畳んだ物を敷いて その上で行ったり、

あるいは敷布団や毛布の上などで行う事で頭頂部辺りに
痛みを感じないで行う事が出来る様に なります。


頭だけで支えてブリッジを行い、首の筋力を鍛える時には
ブリッジ姿勢を そのまま保持して首に負荷を掛け続ける

アイソメトリック的な負荷の掛け方もあれば、頭だけで
支えて身体を保持するに留まらず、


頭を支点にして、首を前後にゴロゴロ動かしながら負荷を
与える やり方も あります。


どちらがツラいか?と言うのは、人によって体重も違えば
運動を行う時間も異なるでしょうから、


一概には比較できませんが、頭皮が擦れる分、頭を支点に
して ゴロゴロ動かす方がツラさを感じるかと思います。


頭で体重を支えて保持する場合ならば、髪の毛の長さは
そんなに影響しませんが、頭を支点にゴロゴロ前後に


動かす方法の場合、髪の毛が長いとトレーニング後に
毛布やバスタオルなど下に敷いている物に

抜け毛が落ちて居たりして、ちょっと気に
なってしまうと思います。(^_^;)


なので頭を支点にゴロゴロする場合は、ある程度 短髪か、
坊主で無いと、トレーニングによる そういった影響が


生じてしまうので、ゴロゴロする場合には髪型によって
やり易さも大きく異なってしまうと思います。


なので、ダンベルやヘッドハーネスなどの器具やアイテムが
無い場合に首を鍛えようと思うならば、


無難にアイソメトリック的手法でブリッジを行い、時間を
掛けて首に負荷を与え続ける方法が良いかも知れません。


ブリッジ状態で首を保持する場合には 首の後部の筋肉が
メインで刺激を受けますが、その真反対の姿勢で

身体が地面に対して正面を向いている姿勢で同じく
頭(と脚)だけで身体を支える様に すると、

首の前面がメインで刺激を受ける様に なるので、
自重でも様々な やり方で首に負荷を与える事が

可能なので色々な方法で試してみて下さいね。

ネックフレクションで、ほんの少しだけ加重して
首の筋肉に刺激を与える


普段意識して使う事の無い首の筋肉を頭の重さだけで鍛える

ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング