運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

2019年10月18日

アップライトローイングで怪我をしやすいパターン/手首・二頭筋

前回は『僧帽筋を鍛える/アップライトローイングの
姿勢と可動範囲
』と言う事に ついて綴りましたが、


どの部位に ついても同様の事が言えますが、筋肉から
負荷が逃げない可動範囲を しっかりと意識しながら


反復運動を行う事が大事です。


その上で、出来るだけ大きく動かして同じ運動を
するにしても少しでも大きい負荷を筋肉に与える様に

意識したいものです。



これまでにも何度も書いていますが、僧帽筋の
トレーニング種目としてはアップライトローイングは


かなり可動範囲が広めの種目と なります。

アップライトローイングで僧帽筋を鍛える/
姿勢を意識



可動範囲が広いという事は単純に筋肉に負荷が掛かって居る
1レップ(回数)毎の時間が長いと言う事であり、


それだけツラい時間が持続する、と言う事で あります。



可動域が短い種目が楽だと言う訳では無いですが、
筋肉に緊張状態が長く生じる運動は それだけで


かなりハードだと言う事です。



以前書いた事が ありますが、身長が高い人と低い人では
腕の長さなどが異なる為、同じ運動でも背が高い人の方が


恐らくは、ツラい時間が長いのでは?と言う事と同じですね。


(この中盤以降に記述)→ドロップセット法は限界を超えた
その先の心と身体の強化を生み出す




僧帽筋トレーニングの場合、アップライトローイングの他に
代表的な種目と言えば『シュラッグ』ですから

ダンベルシュラッグで僧帽筋を集中的に鍛える

可動範囲が広い種目と極端に狭い種目とで、その落差に
びっくりしちゃいますね(^_^;)笑


(とは言え、シュラッグが別に楽な訳では無いですが、
アップライトローイングと比べると扱いやすい上に、


難易度も そんなに高く無いと思います。)



上記の様に、アップライトローイングは可動範囲が
広い為、感覚を掴むまでに何回も筋肉痛を経験し、


軽い重量で何度も反復してからで無いと、上手く僧帽筋に
負荷を乗せ続けながら運動を行う事が難しいのですが、



動きをしっかりイメージ出来る様に なれば、収縮感も
強まるので、まずは軽い重量で何度も反復して僧帽筋の

筋肉痛を何度も経験してみて下さい。



この様に、感覚を掴むまでが中々大変なアップライト
ローイングですが、当然ながら僧帽筋の収縮・伸展の


感覚を掴む前から やたらめったら重い重量を扱ってしまうと、
それだけ怪我の危険性も増してしまいます。



自分の力でコントロールしながら行える重量で無いと、
反動を使って上げ下ろしをしてしまう様になり、



その負担をガッツリと受けてしまう二頭筋の筋が
傷んだり、無理に引き上げてしまうと手首に痛みを

抱えてしまう様に なります。



なので、そう言った余計な怪我を防ぐ為にバーベルや
ダンベルなどのフリーウエイトよりも、



ケーブルを使い、丁寧な動作を心掛ける様に した方が
良いのですが、ケーブルアタッチメントの中には


短いストレートバーもあれば、EZバーシャフトの様に
角度が付いて手首の負担を軽くしてくれる形状の物も


あるので、その時々で行いやすいアタッチメントに
付け変えて、マンネリ感を打破しながら行ってみて下さいね。

アップライトローイングを行う時に
便利なEZバーシャフト




ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング