運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

2019年09月23日

インクラインベンチ台を活用して上腕三頭筋を鍛える

前回は『フラットベンチ台を使い、上腕三頭筋を
鍛える
』と言う内容でフラットベンチ台の上に



寝て、ダンベル もしくはバーベルを握って肘を
支点に腕を上げ下げするダンベル(バーベル)



トライセプス・エクステンションにより上腕三頭筋を
鍛える、と言う事に ついて綴りましたが、




今回はフラットベンチ台では無く、インクライン
ベンチ台を使用した場合のやり方について


書いて行きたいと思います。




インクラインベンチ台を使用して身体を鍛える

フラットベンチ台とインクラインベンチ台の違いは
単純に角度を自在に変える事が出来るか否か?




と言う点ですが、やはり背もたれの角度や座面の
シート部分の角度を自在に変えられるのは、



トレーニングを続けて行くと どうしても生じてしまう
マンネリ感を防ぐのに非常に役立ちます。


インクラインベンチ台でトライセプス・エクステンションを行い、上腕三頭筋を鍛える


フラットベンチ台でも 勿論、それはそれで非常に多くの
トレーニング種目で負荷を継続的に与え続けて行く事は



可能なのですが、トレーニング前に今日何をするべきか?
と言うのをシミュレーションして集中力を高めてから



いざ、トレーニングに臨んでも イマイチ三頭筋への負荷が
上手く乗らない、と言う状況が時々あります。




そうした時に経験やトレーニング知識が豊富な人ならば
パッ、と 違う三頭筋のトレーニング種目に切り替えて



反応がイマイチだった種目から急遽予定変更が可能ですが
イマイチ トレーニング歴が長くない人の場合、



トレーニング中に迷いが生じてしまうかも知れません。

自分の身体に合った角度にインクラインベンチ台を設定して上腕三頭筋を鍛える


うした時にフラットベンチ台だけで無くて、インクライン
ベンチ台が自宅に在れば、万が一 予定の運動では筋肉の



反応がイマイチでも直ぐに その日のコンデションに最適な
ベンチ台の角度を探し出して、三頭筋に負荷が しっかりと




乗る角度を探す事が出来るので、トレーニング中に迷って
時間を無駄にしてしまう、と言う事も防ぐ事が出来ます。




インクラインベンチ台の角度に関しては、人によって身長も
違えば、腕の長さや脚の長さ、胴の長さなど異なるので




自分の体型に しっかりと合う角度を自身で試して知っておく
事が大切ですが、難しいのは 体調によっても しっかりと



フィットする感覚の ある角度が多少変化してしまうので、
ある程度の角度を覚えておいて、その都度 微調整する感じが


望ましいと思います。



特に、三頭筋の場合は これまでに何度も書いて来て居る様に
肘関節に かなりの負担が掛かってしまうので、



その日のコンディションや肘の具合によって適切な角度を
探すのが大切だと思います。




上手く丁度良い角度を見つける事が出来れば、フラット
ベンチ台の上で行うよりも肘関節への負担少なく行える上、




しっかりと三頭筋に強い収縮感を感じたまま動作が
行える様に なります。


インクラインベンチ台を使用して上腕三頭筋を鍛える→
ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング