運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

2019年09月06日

ホームジムマシンで刺激を与えられる様々な筋肉部位

前回は『ホームジムマシンの安全性と気軽さ
と言う内容で、夏バテして居て体調が充分で



無い時でも、ある意味で『軽く取り組やすい』
トレーニングの例としてマシンを使用した




トレーニングについて綴りましたが、前回書いた様に
マシンは筋肉の動きに合わせて設計されているので、




例え、マシンを初めて使うから どうやってトレーニングを
したら良いのか分からない、と言う人でも




冷静にマシンを見てみると、基本的に前に押し出すか、
上から引き下ろすか、内側に巻き込むか、位の





動きのパターンしか無いので、無いも重量を付けない
状態でマシンを動かしてみて軌道を確認すると、





それが腕に負荷を掛ける為の動きなのか、胸をメインに
した物なのか、背中に効かせる為の物なのか?と言うのが



直ぐに理解出来るかと思います。




マルチホームマシンで安全に身体を鍛える

マシンを使った事が無い人は、足元のパッドが何の為に
あるのか?と言うのが一瞬分からないかも知れませんが、





足元のパッドは脚の筋肉を鍛える用の物だと覚えて
置けば大丈夫です。





筋肉は、鍛えて行く内に様々なトレーニングテクニックを
駆使する様に なりますが、基本的には押し出すか、






巻き上げるか、引き寄せるか、持ち上げるか、と言う
単純な動きで充分に刺激を与える事が出来るのですが、





ホームジムマシンは1台で その内の動きを ほとんど
行う事が出来ます。





押し出す動きをする事で胸をメインに上腕三頭筋に
負荷を与える事が出来ますし、






上からバーを胸元に引き寄せれば背中をメインに
上腕二頭筋にも同時に刺激を与える事が出来ます。





先程も書いた足元のパッドに足首を掛けて、膝を支点に
脚を前に突き上げる様にすると、他の筋肉部位に




負荷が逃げる事無く、大腿四頭筋をダイレクトに
刺激できます。





更に その下に位置する爪先を引っ掛けてしまい
そうになる位置にゴロン、と転がっているのが






背中を鍛える もう一つの種目であるロープーリー用の
短いシャフトなのですが、これを少し引っ張り上げて




カール種目の動作など、上手く使う事で上腕二頭筋に
刺激を与える事が可能に なります。





マシンによって異なりますが、胸のトレーニング種目として
マシンフライを行う際にハンドル部分に触れている腕が



痛くならない様に、縦長のパッドが付属されている物も
ありますし、背もたれ部分に対面する形で向き合って





フライ種目の反対の動きをする事で座りながらにして、
後部三角筋にピンポイントで刺激を与えられる設計の



マシンも あります。



こうした様々な運動が1台で行えるので、物凄く便利です。




マシン1台分の幅しか取らないので、さほど部屋を
圧迫しませんし、目に付く位置に設置すれば



マシンを見る度にトレーニング意欲が湧いて来ると
思います。




勿論、良い面ばかりで無く、マシン1台だけでは行えない
トレーニングも幾つも ありますし、その点の自由度は




ダンベル、バーベルなどのフリーウエイトトレーニングの
方が遥かに高いと思います。




しかし、前回書いた様に、体調が本調子で無い時に、無理して
フリーウエイト種目で行おうとしてしまうと、




急に気分が悪くなって倒れてしまう恐れがあったり、
そうした時にバーベルやダンベルを握っていると



危険を伴う可能性が あります。





その点に関しての安全性はマシンの方が優れていますし、
設計上、動作中に重量に耐えきれなくなっても



潰れる事は ありませんので、安心して運動を継続出来ます。





ホームジムマシンで安全に身体を鍛える→
ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング