運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

2019年08月15日

疲れを取る為に足腰を伸ばして解す/簡単ストレッチ

前回は、『疲弊を軽減する為に、ストレッチやマッサージで
筋肉を解す事が大切
』と言う内容で人体の疲弊感を



日々の生活の中で和らげる事が大事、という事に ついて
綴りましたが、ストレッチ器具を使用する事で






仕事帰りなどでグッタリ疲れていても、割りと気軽に
筋肉を伸ばして解す事が出来ます。





日々の生活の中で、腰・胴部は 常に細かく収縮・弛緩を
繰り返して居て、上体を倒したり、反らしたり、捻ったりすると




只でさえ疲弊し易い脊柱起立筋、胴部に尚更 負担が大きく
掛かるので、ちょっとした動作でダメージが大きくなりますし、




反対に姿勢や動作に気を付ければ、小さく済ませる事も出来ますが、
いずれにしろ、日常に おいて最も負担の掛かり易い腰部を




ストレッチやマッサージによって伸ばしたり解す事が
明日に疲弊を残さない為に大切です。





昔ながら『ぶら下がり健康器』で頭上のバーを握り、
下半身をリラックスさせてブラーッと伸ばすのも




程良いストレッチ感を得られて快適ですし、もし『頭上の
バーを握って身体を支えるのが大変』と言う人の場合、





今の時代はネット通販で上腕三頭筋を鍛えるディップス
専用のスタンドという物が簡単に探せますので、




探してみて下さいね。



ディップススタンドでストレッチをする

ディップススタンドの場合、腹筋を『二―レイズ』で鍛える
為の肘置きパッドが備え付けられて居て、





まるで肘掛椅子に優雅に座って居るかのように上半身に
さほど力を掛けずに、下半身をブラリ、と させた姿勢を


作る事が簡単に出来ます。





ぶら下がり健康器では、握力や肩が辛いからと幾らも
下半身を引き伸ばすストレッチが行えなかった人も




ディップススタンドを使用すれば容易に下半身ブラリ
姿勢を保てますし、筋力トレーニングとは別な用途でも




こうした専用マシンは使えるのです。




腰を痛めた時に整形外科で台に寝そべり、膝を曲げて
固定し 腰を牽引する、と言う治療が ありますが、






そうした治療は腰の状態によりますし、何しろ普段は
牽引したくても、通院しないと出来ません。





健康器やディップススタンドに ぶら下がる、と言うのは
自身の脚の重さのみで簡易的に行える牽引ですね。




腰が伸びると非常にリラックス効果を得る事が出来ますし、
疲れも一気に取れる様な気分に なります。






前回書いたストレッチ器具も腰を自宅で簡単に牽引出来ますし、
腰を中心に脚先を伸ばすと言うのは、程よい解放感を得るには、


最も簡単で効果的だと思います。




暑い夏場で体力を過度に消耗しない為にも、日々のケアを
しっかりと施し、疲労感を拭い去りましょうね。



ディップススタンドを使用して気軽にストレッチをする→
ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング