運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

2019年08月09日

その日ごとの体調を鑑みて、筋持久力重視の運動を行う

前回は、夏は無理せず、筋力トレーニングを
休む事も大事
、と言う内容で その日ごとの


体力や疲弊具合を冷静に判断しながら、少し
運動を行えそうなら 軽く動かすのも良いですし、




身体が重苦しい時や、どうにも身体が グッタリ
したまま、いつまでも回復しない、




と言う状況が続く様ならば、運動を行おうとは
思わずに、完全に休息して体利欲を回復させる事を



最優先した方が良い、と言う事を綴りましたが、私の
様に、暑い夏場が苦手で1か月~2か月もの間


平気でトレーニングをサボってしまう、と言う人で
無い限り、せっかく筋肉を上手く成長させられているのに、





1か月も2か月もトレーニングを休む、と言う判断は中々
難しい物です。



クレアチンパウダーで筋肉の疲労をリフレッシュさせる


私は、夏の間は どうやっても身体の重苦しさ、怠さが
抜けない為、思い切って『夏の間はトレーニングを休む。』




と言う決断が出来るのですが、そこまで著しく体力が落ちたり、
頭が夏の間中、ボーッと し続ける事は無い。



と言う人の場合、その日ごとの身体の状態を見て、今日は
暑いけど 疲労感は そこまで強く無いな、




と言う場合には、短時間で集中的に筋肉の運動を
行うのも 良いかも知れません。





私の場合は、昔から暑さに弱いので、夏の間は本当に
軽い運動しか した事が無いのですが、




そこまで夏に弱くないのならば、室温と外の気温の差を
あまり差を付けすぎない温度設定にして、





10分か20分くらいの短時間で筋肉の反復運動を行い、
トレーニングが終わり次第、後は ひたすら回復に努める、




と言う やり方が良いと思います。



ここ数回で何度も書いていますが、一番大切なのは、
トレーニングそのものより、身体を回復させると言う事を



重視しながら日々を過ごす事ですから、まず、パッと運動を
始めてしまう前に、必ず自身の その日の体調を



冷静に鑑みる事が大切です。



そうして身体のチェックが終わったら、夏場は筋力を高めようと
する運動では無く、少し軽めの重量(もしくは自重)にして、




筋持久力を高めるような運動を行う期間に充てたら
良いと思います。





と、言うのも 夏が そんなに苦手では無い人であっても、
連日 異常な暑さで ある程度は体力が消耗していると




思うのですが、そんな時は 力を振り絞ろうと思っても、
秋や冬場程は筋力を発揮出来ないと思います。





なので、そうした中で無理やり重い重量を扱ってしまうと、
怪我の危険性が増し、腱や関節を痛める事に繋がってしまいます。




それ以外にも、本人が気づいていないだけで、実は頭がボ―ッと
している状態で、力を込めてしまったが為にトレーニング中に




倒れてしまう、と言う事も あり得るかも知れません。



なので、基本的に運動を行うにしても、まずは冷静に
その日の体調をチェックした上で、




10分~20分の間、軽い負荷を筋肉に与え続けましょう。




クレアチンパウダーで筋肉の疲労をリフレッシュさせる→

ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング