運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

2019年08月06日

暑い夏場は小まめに水分摂取をして体調を保つ

前回は、体調が優れない暑い夏場は無理せず
トレーニングを休む
、と言う内容で、



何かと体調を崩し易く、万全のコンデションで
臨めない日が多い為、



酢した時には無理をせずに、体調が回復するまで
休むか、もしくは夏場の間だけトレーニング自体を




避けて、飽きに備えてトレーニング意欲を高めて、
秋頃まで我慢した方が良い、と言う事を綴りましたが、




その日ごとのコンディションを見極めて、今日は軽い
重量なら運動出来そうだな、とか




今日は無理しないで 大人しく休もう、と直ぐに
判断して、コンディションが悪いならば



運動を行おうと言う事は、もう考えずに その日は
ひたすら体力の回復に努めた方が良いです。



クレアチンパウダーで筋肉の疲労回復を促す


私の場合は、暑い夏が苦手なので、夏場は体調を
整える事自体が上手く行かないので、



1か月〜2か月の間 まるごとトレーニングを
休んだりします。





前回辺りにも書きましたが、炎天下で1時間ほど
歩いた場合、その発汗量は500mⅼにも及ぶそうです。



人間の体内の水分量は60パーセントと言われていますが、
やはり 一定以上の健康な状態を保ちたいならば、




水分摂取と言うのは大切ですし、同時に夏場で熱波に
常に さらされている中で発汗して



体表の温度を下げ、体温が上昇しすぎない様に抑える、
という機能も とても大切なので、外を出歩く時には




小まめな水分補給という物が欠かせません。




もし、炎天下を歩いたりして、大量に発汗しているのにも
関わらず、適切な水分補給が行われ無い場合、




血液が濃くなってしまい、心臓への負担が大きくなって
しまい、脱水症状や熱障害を引き起こしてしまう

恐れが あります。




水分補給を する時に心掛けたいのは、少しでも早く
体内に回る様に適切な量を口にする事です。





一度の水分補給で適切な量と言うのは、150mⅼ~250mⅼが
適切な量と されています。




あんまり1度にゴクゴク飲んでしまうと、胃から小腸に
送り出す速度が遅くなってしまう様で、



暑くて身体が バテている時には、ゴクゴク飲んで
しまいたいのを抑えて、150mⅼ~250mⅼづつ細かく体内に



吸収する事が望ましい様です。




とにかく、異常な暑さが連日続く灼熱の夏場は、自身が
感じて居る以上に体力の消耗や、水分の体外排出、




そして、それに伴う血液濃度への影響などがあるので、
一番 日常で暑さ対策をしやすい食事や水分補給を



しっかりと考えて、暑さでダウンしない様に対策を
施しながら、暑い夏が過ぎ去るのを待ちましょう。




疲労回復系のクレアチンなどを摂取して、少しづつ
コンディションを整えながら、



秋頃に備えて体力を温存して置きましょうね。


クレアチンパウダーで筋肉をリフレッシュさせる→
ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング