運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

2019年07月17日

パワーラックでディップスを行い、大胸筋下部を刺激する/其の2

前回は、パワーラックでディップスを行い、
大胸筋下部を刺激する
、と言う事について



綴りました。




ディップスは前回も書いた様に、腕立て伏せと ほぼ同じ
部位を刺激するトレーニング種目であるのですが、




両腕と、両足で身体を支えながら行う 腕立て伏せと比べて、
ディップスは両腕のみで 身体を支えて上下に大きく動かす




種目であるので、腕立て伏せよりも 更に 強い負荷が上腕三頭筋と
大胸筋下部に掛かるので、ディップスを行おうと思ったら、




例え自重トレーニングで あっても、ある程度の筋力の強さが
必要に なります。



パワーラックでディップスを行う


そして、ただ上下に身体を動かすだけで無く、筋肉の収縮、
伸展を強く意識しながら行えば、トレーニングは





更に大変に なりますが、その分、しっかりと上腕三頭筋と
大胸筋下部に対して、強く刺激を与える事が可能に なります。





筋行の可動範囲内で 出来るだけ大きく筋肉を動かし、そして
収縮時には キッチリと大胸筋を下部から中部辺りに掛けて




ギュッ、と絞り込む様に すると、強烈な収縮感を得られると
思います。





ディップスの場合は、上体を立てながら垂直に下ろして行く、
と言うだけで無く、上半身を倒す角度を変えるだけで、




大胸筋に掛かる負荷を変える事が出来るのですが、ほんの5p〜
10p程度 前方に倒しながら身体を上下に上げ下げすると、






上腕三頭筋よりは大胸筋への刺激を感じやすいと思います。



更に、下す時には5p~10p程度 身体を倒しながら下して行き、
そして 大胸筋を充分に伸展させたら、



ググッ、と力を込めて身体を上げて行くのですが、挙げた時に
5p~10p程度、やや前方に倒し気味だった上体を




垂直に立てる事で大胸筋下部を絞り込み易くなると思います。




これは あんまり極端に上体を起こしたり、倒したりする事を
意識しすぎると、反動(チート)に繋がり易くなってしまうので、




自然な流れで、身体を倒したり、上体を起こしたりしましょう。




当然、この様に上体を倒したり、起こしたりする際に、
要となるのは 身体全体を支えて居る上腕三頭筋なので、




上腕三頭筋の強さ と言うのは大切です。




これも、自重トレーニングで行い続けて居ると、いずれ
慣れて来てしまうので、筋持久力が向上したら



回数ばかり増えて行ってしまいます。




回数が どんどん行える様になって来ると、その分
トレーニング時間も 長くなってしまうので、




筋持久力よりも筋力の向上を求めたり、時間短縮させたい、
と言う 目的がある場合には、加重ベルトで10s〜20s程度



重量を足して筋肉に対して、強い刺激を与えてみましょう。

パワーラックでディップスを行い大胸筋下部を鍛える→
ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング