運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

2019年07月11日

自宅で安全にトレーニングを行う為に、スミスマシンを取り入れる

前回は、自宅で安全にトレーニングを行える
環境を作る
、と言う事について綴りましたが、



自宅で行う際のウエイトトレ−ニングの環境作りを
考えた時に、大事なのは 自身の身を守る対策と、



常に体重分に加えて、重量分の負荷も受け止め続ける
床のダメージも考慮する事が大事だと言う事について




書いて来たのですが、床に対してはフロアマットという
便利な衝撃緩和・防音マットがあるので、




自宅のトレーニングスペースに それを敷いて、その上に
ベンチ台や、バーベル・ダンベル、ラックなどを設置して




行う事が床を守りつつ、自身の身の安全を確保する事に
繋がります。




勿論、重りを上げ下げする上で、自身の身を守るアイテムは
ラックやセーフティバーだけでは ありません。


スミスマシンで安全に自宅トレーニングを行う


スミスマシンと言う 非常に安全面の観点から見れば、
非常に優れたマシンがあるのですが、




ラックと同じく、ある程度のスペースを取るので、少し
広めのトレーニングスペースを確保できないと、




自宅に取り入れるのは、難しいとは思いますが、スミス
マシン
のスペースが確保出来る場合には、




これほど安心してトレーニングを行える器具も
無いかと思います。





ラックの場合は、枠で覆われて居る為に、余程
変なバランスでトレーニングしない限りは




危険な状況に 陥る事は無いと思います。



しかし、ラックの場合、あくまでフリーウエイトで
行うので、動作中に 何処かのタイミングで



バランスを崩す可能性が あります。




その点に関しては、スミスマシンも頑強な枠に
覆われている様な 見た目なのですが、




スミスマシンの場合はマシンと名が付くように、
滑車で軌道が完全に定められて、バーベルシャフトの



両サイドにフックが付いている為、ショルダープレスや
ベンチプレス等のプレス種目の動作中に筋力の限界を迎え、




筋肉がブルブルと震え、バランスを保つのが難しくなった
としても、身体の上にも下にも 横にもブレる心配は ありません。





滑車などが上げ下げの動作を安定させてくれるので、
1レップ目から最後のレップスまで、安全に行うことが

出来るのです。



そうして、筋力の限界に達した時にも 先ほど書いた様に、
バーベルシャフトの両サイドにフックが付いて居るので、




手首を半回転までは行かない、3分の1ほど捻ると、
ガコン、とフックが はまる様に なって居るので、



動作の軌道上で 筋力が限界を迎え、どんなに身体の
スレスレで あろうが、



フックを引っ掛けらる位置ならば、手首を捻るだけで
安全を確保できます。



なので、ラックか、スミスマシンを自宅に取り揃えておくと
自宅トレーニングに おいての安全面は


かなり盤石になると思います。

スミスマシンで安全に自宅トレーニングを行う→

ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング