運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

2019年07月09日

自宅でトレーニングに集中出来る環境を作る

前回は、自宅でナロウグリップ・ベンチプレスを
行う時に選ぶベンチ台は?
と言う内容で



ベンチプレス台を選ぶ時のポイントについて
綴りました。




ナロウグリップ・ベンチプレスを行う前提で選ぶ場合には
ワイドベンチ台を選んだ方が良い、と言う事を書いたのですが、




ナロウベンチだろうと、ワイドベンチ台であろうと、
自宅で行う場合には、必ず安全対策を行う事が必要になります。




安全対策とは、自身の身を守る準備を万全にしつつ、
出来れば、床なども衝撃・ダメージから守る、と言う事です。




自身の身は ともかく、床を守る事が安全対策と言うのは
どういう事か?と言うと、




床は地下室で頑丈なコンクリートで行うなら ともかく、
普通のフローリングなどの上でトレーニングを行い続けると




フローリングの床は少しづつ傷んで行きます。




今日のトレーニングでは、無事に乗り切れても、明日、
明後日と行っていく中で、床面は徐々に傷んでしまうのです。



床に下す時に、余程そ~っと下すように気を付けて居ても、
体重にプラスして、重量が乗っかり続けてしまう以上、




床面の傷みは進行してしまいます。




なので、長い期間、安全にウエイトトレ−ニングを
行う為にも、床面には基本的にフロアマットを敷いて、


衝撃や傷みから床を守りましょう。



フロアマットを敷いて床をダメージから守る



重い重量を扱えば扱う程に、(デッドリフトやスクワットなどの
高重量で筋力を絞り出す事が出来る種目は特に)



床面の軋みなどが気になる様になってしまい、トレーニング時の
集中力にも関わってくるので、




フロアマットをしっかりと敷いて、トレーニングにしっかりと
集中で居る環境を整えましょう。




安全対策と言う面で言えば、ベンチプレスを行う場合には
セーフティバーか、もしくはラックと言う頑強な支えが

必要に なります。




セーフティバーは、ベンチプレス用の支えとして、動作中、
自身の邪魔にならない高さに調節できるので 非常に便利ですし、




ラックも同様に、高さ調節が可能な上に、ラックの場合は
ベンチプレスだけに用途を限らず、




スクワットからショルダープレス、デッドリフトなど、
高重量を扱える種目を行う上で、非常に大きな支えに なります。




先程も書いた様に、床の心配をせずに、且つ、支え部分も頑強で
あるならば、トレーニングに完全に集中できますので、




自宅トレーニングを充実させる為にも取り入れてみて下さいね。



怪我の心配なく、安全にトレーニングを行う。と言うのが
まず一番最初に重視する点で、



それらを万全にした上での自宅トレーニングにより、
筋肉を活性化させると言う事が可能になるので、



最初にトレーニングに集中出来る環境作りをしてみて下さいね。



ラックで安全対策を行う
ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング