運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

2019年07月06日

マシンとフリーウエイトを上手く使い、自宅で上腕三頭筋を鍛える

前回は、自宅で安全に上半身を鍛えるマシン
と言う内容で、マシンでウエイトトレ−ニング



行う事で、自宅でも潰れる危険無く、ネガティブ重視の
方法で筋肉に強い刺激を与える事が出来る、




と言う事について 綴りましたが、今回は再びフリーウエイト
種目に ついて書いて行きたいと思います。




これまで書いて来たように、自宅にマシンが有れば、安全に
トレーニングを行う事は 可能なのですが、




しかし、『違う角度から刺激を与えたいな〜。』と思った時などに
『構造上、軌道が定まっているマシンだからこそ安全に行える。』




と言う、マシンの長所が 『軌道が定まって居るが故に、応用が
効きにくい』という短所に なり得てしまうのです。





チェストプレスの場合、同じ軌道で、同じグリップの向き、
そこに変化を加えようと思うと、




スーパーセット法ドロップセット法ネガティブレップ
などのテクニックを駆使し続ければ、




筋肉に強い刺激を与える事は可能なのですが、同じ軌道で
同じグリップの向き(手幅)で延々やり続けるのは、



流石に何処かのタイミングでマンネリ感が生じて飽きが
来てしまいます。



そうした点から見ると、フリーウエイトの場合、軌道は
少しづつ自由に変化を加えることが出来ますし、





手幅なんかも、1セットごとに変え続ける事が可能です。




ダンベルの場合は、更に 軌道や手幅、手の向きなどの
自由度が高いです。




マシンの短所があるとすれば、ある程度 馴れてしまうと、
応用が利きにくいと感じてしまう様になる。



という点と、筋力が強くなると、マシンに設置されている
重量では物足りなさを感じる様になってしまう、



と言う点が あります。






なので、以前書いた様に、マシンやバーベル・ダンベル
それぞれを単体で使用するのでは無く、





フリーウエイトで筋力を振り絞ったら、安全面を重視して
更なる追い込みはマシンで行う、



と言った組み合わせに する等の応用をしていく事で、
それぞれの良さを引き出しながら、




自身の身体を成長させ続ける事が出来るのです。




マシンで上半身を鍛える

上腕三頭筋をライイング・トライセプス・エクステンションや
ナロウグリップ・ベンチプレスだけで強化しようとすると、





自宅で一人で行う場合、筋力の限界に達した時に、どうしても
危険が付きまといます。




基本的に、頭の上で行う種目や、寝ている状態の身体の正面で
上げ下げを繰り返す種目は、補助をしてくれる人が




居た方が良いのですが、自宅でウエイトトレ−ニングを
行う場合、補助役の人が居ないと言う場合も多いでしょうから、




三頭筋の筋力を完全に振り絞ろうと思った時は、三頭筋種目の
最後の方にケーブルで行う種目を混ぜたいものです。




マシンを駆使すれば、潰れて危険、と言う事は避けられるので、
フリーウエイトとマシンを上手く組み合わせてみて下さいね。

ホームジムマシンで上半身を上手に鍛える→
ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング